SoftBank Air Wi-Fi WiMAX 無線インターネット

新型コロナでテレワークに!?在宅勤務に強い自宅 Wi-Fi 環境を整える方法

投稿日:

まえがき

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務・テレワーク(リモートワークとも呼ばれる、以下リモートワークと記載)をしないといけなくなった、いけなくなる人は少なくないでしょう。

でも、自宅に Wi-Fi (ネット環境) がない。そんなときにどうすれば良いか?を専門家 (企業ネットワークのエンジニア) の視点でやさしく解説します。

自宅にどんなネット環境が必要とされるのか?

  1. そもそも論ですが、多くのサラリーマンが自宅から仕事をするということは、それはイコール「自宅から会社のシステム (社内システム) に接続する」必要があることになります。
  2. そのために、自宅にネット環境 (Wi-Fi) がないのであれば用意しないといけない。
  3. リモートワークしないといけなくなった方は VPN (ブイピーエヌ) という言葉も耳にすることが増えているのではないでしょうか。

在宅勤務用のネット環境を考えるにあたり、以上の3点がポイントとなってくるでしょう。

結論としては、

  • VPN が使えて、
  • 社内システムにアクセスできる
  • ネット環境 (Wi-Fi)

が使えれば良いということです。

もし VPN が必要ないのだとしたら、それは自宅ネット環境に求められる要件が少なくなるので、どんな Wi-Fi (ネット回線) を選べばよいのかが簡単になります。

しかし、普通に考えて、会社の規模が一定以上であれば「社内システムを外部 (自宅やカフェ等のオフィス外の環境) から接続して使う」ということは、「VPN が必要になることとイコール」と言って良いくらいです。

では、次に VPN について簡単にまとめてみます。

VPN ってなんなんだ?

まず簡単なことからご説明します。

  • VPN と Wi-Fi は別物です
  • VPN とネット回線は別物です
  • VPN と社内システムは別物です

この3つを頭に入れておきましょう。ややこしい言葉を理解するときには単純なことから抑えるのがおすすめです。

VPN はいくつかの定義や使い方がありますが、在宅勤務やリモートワークする人に関わってくるところでは1つの意味しかありません。それが「リモートアクセス」と呼ばれるものです。

リモートアクセスを文字通りにとらえると「離れたところからの接続」の意味になりますが、実際的には、自宅やカフェ等のオフィス以外の場所から「安全に社内システムへ接続する」ための手続きや手順のことをさします。

そういう意味で VPN とは、

  • 自宅等のオフィスの外から、
  • インターネット回線 (Wi-Fi) を使って、
  • 安全に社内システムに接続するための技術や仕組み

のことと言え、普段会社で使っているノートパソコンを自宅に持ち帰って在宅勤務するのであれば VPN はほとんど必須になろうかと思います。

もっと言えば、VPN の仕組みを使わないと自宅から会社のシステムにはアクセスができない = 自宅でパソコン仕事ができない = 在宅勤務がなりたたない、になるケースが多いと予測できます。

リモートワークではビデオ会議 (ウェブ会議) が増える

オフィスでは顔を合わせて仕事ができる。込み入った話であれば会議室を使えば良い。となりますが、リモートワークでは直接顔を合わせられません。それに変わって行われるのがウェブ会議です。

WebEx や Google Hangout、Zoom といったソフト (アプリ) が使われることが多いでしょう。

自宅でのネット環境 (Wi-Fi) では、ウェブ会議の使用にも耐えうるものが求められます。

急を要するから無線インターネット回線。その中でも WiMAX が最有力候補

新型コロナで在宅ワークする必要になり、そこで自宅に Wi-Fi (ネット環境) を準備しないといけなくなった場合、とにかく早く Wi-Fi が使えるようにならないといけないでしょう。

そうであれば、インターネット回線としては無線しかを選ぶ必要があります。フレッツ光に代表される有線インターネット回線は申込みから開通 (サービス開始) まで 1 - 2 ヶ月はかかるでしょう。

この記事を書いているのが 2020 年 3 月ですが、この時期は引っ越しシーズンです。引っ越しシーズンの有線インターネット回線の開通は通常よりも更に時間がかかります。だから、無線のインターネット回線でないとすぐに Wi-Fi が準備できません。

では、無線のインターネット回線で、ここまで書いてきた要件を満たせるものと考えたときに選択肢として上がってくるのが WiMAX (ワイマックス) です。


ワイマックスは僕もかれこれ 10 年使っていますが、昔よりもだいぶ品質が上がってきました。外出先で使うことが多いですが、自宅で動画を見たりも当たり前のようにできます。

自宅での仕事、リモートワークで使用するのであれば、以下の写真のような据え置き型のルーターを選んでワイマックスを契約するのがおススメです。

据え置き型以外にも胸ポケットにすっぽりと入ってしまうほど小さい持ち運び型のモバイルルーターもありますが、据え置き型のほうが通信品質が高いと考えられています。

単純に考えても据え置き型のほうが寸法が大きいので、ハードウェア設計に余裕があり、電波を検知するアンテナ等を持ち運び型ほどに小型化する必要がありません。

だから、据え置き型ルータの方が、電波状況が優れない場所でも電波を検知する能力に優れていると考えるのが妥当になるわけです。

持ち運び型ルータの新型が登場したタイミング等では、スペック的に負けてしまうこともあるでしょうが、原則的な考え方としては据え置き型は安定していると考えて良いでしょう。

次点で SoftBank Air (ソフトバンクエアー)

ワイマックスの次点はソフトバンクエアーです。


置くだけで簡単ってキャッチコピーで宣伝しまくっていますね。ワイマックスの据え置き型もコンセプトとしては同じです。

ワイマックスと何が違うと言われれば、実はそんなに変わらないのですが、スマホをソフトバンクで契約しているならソフトバンクエアーのほうが割引の関係でいいかなと思います。

ワイマックスは au ユーザーの割引がありますので、スマホが au ならワイマックスが良いと思いますね。

-SoftBank Air, Wi-Fi, WiMAX, 無線インターネット
-, , , ,

Copyright© トクダチ - 通信エンジニアによるインターネット回線の情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.