スマートフォン フレッツ光 光コラボレーション 有線インターネット

ドコモのスマホ代が安くなってない?そんな光回線を使ってる人への朗報!

投稿日:

この記事は、自宅で、

  • フレッツ光
  • au ひかり
  • ソフトバンク光
  • OCN 光
  • So-net 光
  • NURO 光
  • ケーブルテレビのインターネット回線

のどれかを使っていて、家族に 1 人でもドコモのスマホを使っている人がいる方専用です。

「転用」「再転用」という乗り換えでドコモのスマホが安くなる

光コラボレーションとは?

フレッツ光は NTT が開発したものですが、フレッツ光の通信設備を借り受けて他社が自社サービスのように販売することを光コラボレーションと言います。

略称は光コラボと言ったりしますが、光コラボを提供している企業のことを光コラボレーション事業者と呼びます。光コラボレーション事業者は日本全国に 700 社ほど (NTT によると 2017 年 12 月時点で 688 事業者) あります。

転用とは?

今現在、フレッツ光を使っている人が、この光コラボレーション事業者の光回線に契約替え、乗り換えをすることを「転用」と呼びます。

なぜ転用かと言うと、光コラボレーション事業者の通信インフラは実質的にはフレッツ光であり、今フレッツ光を使われているのであれば新たに光ファイバーを引き込んだりといった大掛かりな工事なくスムーズに乗り換えられるからです。

この転用は、すでに運用が開始されているのでフレッツ光から光コラボ事業者のサービスに変更することが可能です。

ドコモのスマホが安くなる光コラボ事業者というと、ドコモ光です。ドコモ光には販売店がいくつかあるのですが、オススメは GMO とくとく BB が販売しているものです。

ドコモのスマホ代が安くなるだけでなく、高速 Wi-Fi ルータを無料レンタルできたり、キャッシュバックがあったり、d ポイントがもらえたり、初期設定のための無料訪問サービスがあったりするからです。

ただし!この手の特典は申し込み時期によって、特典がある・ないが時々変わりますので、下記のページから確認してみてください。

再転用とは?

今現在、光コラボレーション事業者の光回線を使っている人が、他の光コラボレーション事業者の光回線に乗り換えることを「再転用」と呼びます。

これも、フレッツ光から光コラボ回線に乗り換えるのと同じくらいお手軽 (= 大掛かりな工事が不要) です。

この再転用は、この記事を書いている時点 (2019 年 2 月 15 日) では、まだ運用がスタートしておらずお申込みできない状況ですが、その時がくればスムーズに契約替え = 再転用ができるようになるでしょう。

-スマートフォン, フレッツ光, 光コラボレーション, 有線インターネット
-, ,

Copyright© トクダチ - 通信エンジニアによるインターネット回線の情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.