Wi-Fi

Wi-Fi が夜になると遅くなる・繋がらないときに多くの人が勘違いするポイントはたった1つ

更新日:

この記事では、

Wi-Fi が夜になると遅い、繋がらない、と感じている方への内容です。

当ブログには、「夜になると Wi-Fi が遅い」とか「Wi-Fi 夜中 繋がらない」といった検索ワードで多くの方に訪問していただいています。

こういった問題への答え・解決策を提供できればなーと思ってます。

Wi-Fi が遅いっていったって夜遅いと感じてしまう場所はどこなのか?

まずコレを決めさせてください。

・夜 ワイファイ 遅い

といったキーワードで検索される方は、どこで Wi-Fi を使っていて遅いと感じているのでしょうか?

この前提を間違えると、たぶんこの記事が役に立たない内容になりますので最初にココを決めさせてください。

おそらくほとんどの方が「自宅」の Wi-Fi が夜に遅くなっちゃうから、それで困って解決策を探しておられるんだと想像します。

だから場所は自宅だと想定します。

Wi-Fi が遅いって本当に Wi-Fi が遅いのか?

僕の予想では多くの人が勘違いをしてしまっている、もしくは問題点があやふやな気がします。

僕には Wi-Fi が遅いって本当か??という疑問があります。そして多くの場合、ノーだと思っています。

これを説明するために少し Wi-Fi の技術的話をさせてください。

そもそも Wi-Fi とは?

Wi-Fi は、無線通信の規格のことです。ワイファイ = 無線通信とシンプルに理解していただいてもいいでしょう。

ここでイメージしてみてください。具体的に何と何が無線通信をするのでしょうか?

電話をイメージするとわかりやすいですが、通信する以上は登場人物が最低でも2人必要です。1人では通信できません。1人だと独り言をしゃべっているだけですから。

答えを言いましょう。ほとんどの場合、スマホと Wi-Fi ルータが無線通信をしています。

Wi-Fi ルータは自宅にあるものです。だから、無線通信をしている区間は家の中だけで完結するものとなり、Wi-Fi は短距離型の無線通信だと言えます。

携帯電話のような長距離型の無線通信と Wi-Fi は違う。これを頭に入れてください。

Wi-Fi 区間以外が遅いにもかかわらず Wi-Fi が遅いって言っていませんか?

さてここで問題です。

昼であれ夜であれ「ワイファイが遅い」とか「ワイファイが繋がらない」と言っているとき、あなたはインターネットを楽しみたいわけです。

インターネットを楽しむために Wi-Fi を使っているわけですね。ごく当たり前のことを今僕は話しています。

しかし、さっき書いたように Wi-Fi の区間は家の中だけの話、でしたよね?

インターネットを楽しむためには、データが家の中から契約されているプロバイダーの通信設備 (当然自宅の外にあります) を通って行く必要があります。

つまり、Wi-Fi 区間の通信が素晴らしく速くてもプロバイダーの設備に問題が発生していたりすれば、それはスピードが遅くなることを意味します。

そういう場合も、「ワイファイが遅い」と言って ワイファイのせいにしていませんか?

ここを間違えないようにしましょう。僕の予想ではワイファイが遅くないのにワイファイが遅いと思ってる人は少なくないと思います。

でも遅いものは遅いんだ!インターネットが遅いと感じるんだ!という場合には、ワイファイ区間以外の通信回線、プロバイダーに原因があることが多いです。

その中でも、フレッツを中心に光回線が夜の間だけ遅くなることがあります。

もしあなたが自宅で光回線を使っているなら、以下を読み進めてください。

-Wi-Fi
-, ,

Copyright© トクダチ - 通信エンジニアによるインターネット回線の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.