auひかり So-net光

【au ユーザー専用】iPhone + Wi-Fi を家でさくっと始めるシンプルな方法!

投稿日:

今日は au の iPhone ユーザーの方専用の記事を書きます。テーマは、家で Wi-Fi を始めるシンプルな方法です。

オトクな方法であることは言わなくても当然な条件だと思いますので、これも含めた形でご紹介します。

基本となる考え方は、こちらのドコモ編の記事 と共通していますのでご一読いただければスムーズかと思います。

要は、

  • 有線インターネット回線
  • 無線インターネット回線

のどちらを選ぶのか?という選択になるわけなのですが、まずは有線インターネット回線から行きます。

au の場合、光回線の選択肢は 3 つある

au の iPhone ユーザーの方が、自宅インターネット回線とスマホ代のセット割を受けることができるのは2つあります。いきなり結論ですが、

  • NTT 系の光回線
  • KDDI 系の光回線
  • NURO 光

のどれにするか?になります。

ここは非常にややこしいので、ごゆっくりと読み進めてください。

(1) au ユーザーにオトクな NTT 系光回線

これは、So-net 光コラボレーションと呼ばれる光回線になります。NTT 東日本、もしくは NTT 西日本のフレッツ光の設備を借り受けてソニー系の会社 (ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、通称ソネット) であるソネットが販売する形態を取っています。

NTT と So-net がコラボっている光回線なので光コラボレーションなんて洒落た名前をつけていますが、要はそれだけの話です。

で、この So-net 光コラボレーションであれば、au ユーザーのスマホ代が安くなるセット割が受けられます。

(2) au ユーザーにオトクな KDDI 系の光回線

今度は KDDI 系の光回線です。So-net 光 (au ひかり) と呼ばれる光回線です。名前がややこしいですよね!だからゆっくりと読み進めてくださいとお願いをいたしました。1つ1つひもといていきましょう。

まず、au は KDDI 系の会社です。で、この KDDI が日本全国に張り巡らせた光回線のことを au ひかりと呼んでいるわけです。それで、この au ひかりをソネットが販売しているから So-net 光 (au ひかり) という名称になっています。

この So-net 光 (au ひかり) も au スマホとのセット割があります。

さっきの NTT 系の光回線と比較してみると、

  • NTT の光回線 + ソネット → So-net 光コラボレーション
  • KDDI の光回線 + ソネット → So-net 光 (auひかり)

というわけです。

(3) セット割はないものの見逃せない NURO 光

常識的に考えて、スマホ料金とのセット割料金がある光回線の方がトータルでオトクと考えられますよね。しかし、よくよく計算してみるとそうでもないことがわかりました。

それが NURO 光 (ニューロひかり) です。テレビ CM などでご覧になったことがあるかもしれません。

NURO 光もソニー系の会社 (ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社) が提供していますが、これはソニー完全オリジナルで NTT 系回線でも KDDI 系回線でもありません。

なんでスマホとのセット割じゃないのにオトクなにか?と言うと、もともとの月額が安いこと+回線工事費が割引されることの2つが合わさっているからです。

逆に言うと、NTT 系回線、KDDI 系回線は回線工事費が掛かってしまうので、スマホとのセット割が合ってもその割引が薄まってしまうという感じです。

あと NURO 光は料金プランがすごくシンプルで考えるのが楽です。以下のような感じです。

  • 1 ヶ月目: 4743 円
  • 2 - 31ヶ月目: 4742 円
  • 32 ヶ月目以降: 4743 円

これにプラスして、タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンがあります。これを書いている 2017 年 4 月 17 日時点だと、「ご利用後 4 ヶ月後に 30,000 円のキャッシュバックがゲットできる」キャンペーンをやっています。ただし 2 年以内に解約すると返金を請求される可能性があります、と謳われているのでこの点は頭に入れておいてください。

また、スマホ・タブレット・パソコンを問わず利用できるウイルス対策ソフトも付く(無理に使わなくても良いのでご安心を)のですが、それが最大で 5 台まで使用できます。これもかなり金銭的メリットが大きいと思います。

それでもって NURO 光から提供される端末 (ホームゲートウェイと呼ばれています) には最初っから Wi-Fi 機能が内蔵されていますのでいちいち Wi-Fi ルーターを電気屋さんに行ったりして買ってくる必要もありません。

ただし、NURO 光の弱点は提供エリアが関東のみで全国でない点です。

ですから、関東エリアの方で au + iPhone を使われている方はまず NURO 光に申し込めるかどうかを下記サイトからチェックする!で良いと思います。

NURO 光に申し込めない場合には、以下にご説明する NTT 系か KDDI 系の光回線を選ぶのがよいでしょう。


au ユーザーにとって NTT 系と KDDI 系の光回線のどっちが良いのか?

ぶっちゃけ僕の考えは似たり寄ったりだなあ、、、です。

So-net 光 (au ひかり) のホームずっとギガ得プランを選びます。このプランは、毎月 3,500 円という光回線の中でもかなりお値打ち料金という点が最大のおすすめポイントです。

契約期間が 3 年となってしまいますが、毎月の支払いが安いほうが良いというのが僕の考えなのでこちらをまず最初におすすめ敷いています。ただし、そもそも話になるんですが、So-net 光 (au ひかり) の提供エリアにご自宅が含まれていないと申し込めないときはあきらめないといけません。

契約期間が 2 年のものだと、ホームギガ得プランというのがありますが、こちらの月額は

-auひかり, So-net光
-

Copyright© トクダチ - 通信エンジニアによるインターネット回線の情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.