W03

今すぐ自宅にWi-Fiが欲しい人必見!ワイマックスはルーターが届いたら簡単に使えるのかやってみた!

photo-22-10-2016-11-24-06
ワイマックスで Wi-Fi が使えるよう設定した後のルーター

僕が Broad WiMAX に加入したことは先日書きましたが、本当にすぐに使えるようになるか検証してみました。

結論としては、YES です。スムーズにやれば3分もあれば自宅で Wi-Fi が使えるようになると思います。

すぐに使えるようになる方法(手順は3つだけ)と注意事項を今日は書いておきます。説明書を読むのが苦手な人にもすぐ始められるように書いてみました。

ワイマックスのルーター W03 の設定方法

用意するものは下記3つです。すべて Broad WiMAX から送られてきます。

photo-22-10-2016-11-10-10
W03 (ルーター)

photo-22-10-2016-11-15-08
SIM カード

photo-22-10-2016-11-21-44
SSID と Wi-Fi のパスワード

【手順1】SIM カードをルーターに差し込みます

photo-22-10-2016-11-14-59
ツメで引っ掛けるようにすれば簡単に開きます

photo-22-10-2016-11-15-46
SIM カードは指で簡単に外れました。説明書には手袋してから外すようなことを書いてましたがそんなの無視です。

photo-22-10-2016-11-16-13
SIM カードはこの向きで入れます。

photo-22-10-2016-11-16-47
SIM カードを半分くらい入れたところ

photo-22-10-2016-11-17-23
クチュっと押し込むように指先を使ってこのくらいまで入れます。このあと元通りに蓋をします。

【手順2】ルーターの電源を入れます

photo-22-10-2016-11-17-36
電源ボタンを長押しします。

photo-22-10-2016-11-18-19
こんな風にルーターが起動し始めます。

photo-22-10-2016-11-18-41
このルーター (W03) はタッチパネルなので、スマホみたいに画面を指で触って設定します。真ん中に右向き矢印がありますよね。これに触って、右の方にある鍵マークまでなぞります。

photo-22-10-2016-11-18-59
初期設定の画面が出てきました。「次へ」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-17
「手動設定」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-30
画面を下スクロールさせます。

photo-22-10-2016-11-19-42
ここまで下がってきたら「次へ」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-49
「OK」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-59
以上。これだけです。この画面(ホーム画面)になれば設定完了!画面の下の方に 0GB と表示されているのは通信量です。まだ使っていないので 0 ギガバイトというわけです。

【手順3】iPhone を Wi-Fi に接続してみる

iPhone に限らずスマホやパソコン、タブレットを Wi-Fi に接続するのに必要な情報は SSID とパスワードの2つです。SSID っていうのは簡単に言うと電波に紐付いている名前のことです。

iPhone の設定から Wi-Fi をタップすると W03_A47174697D3F という電波が見えます。これが僕のワイマックスのルーター (W03) から出ている Wi-Fi の電波です。

同じ W03 でもこの SSID は違う名前になっていると思いますが、Wi-Fi のパスワードが書いてある紙 ↓

photo-22-10-2016-11-21-44

これをみれば接続すべき Wi-Fi の電波 (SSID) が書いてありますので簡単にわかります。SSID1 と SSID2 とありますのでどっちを使うのかだけ把握しておきましょう。パスワード (写真では Key と書いてある) がそれぞれ違うからです。

photo-22-10-2016-11-20-52
W03_A47174697D3F がお目当ての Wi-Fi の電波です。これをタップします。

photo-22-10-2016-11-20-56
そうするとパスワードを聞いてきますので入力してあげましょう。パスワードも同梱物の中に入っていた紙に書いてあります。

photo-22-10-2016-11-21-36
パスワードが入力できたら Join をタップします。

photo-22-10-2016-11-22-19
iPhone がワイマックスのルーターから出ている Wi-Fi の電波につながりました!

photo-22-10-2016-13-31-11
あれこれ iPhone でネットを閲覧するとこの写真のように通信量が増えたこと (写真では 0.13 ギガになっている) がわかります。

ワイマックスの通信モードの注意事項

必要がない限りハイスピードプラスエリアモードを使わないようにしておきましょう。

手順を書いておきます。

photo-22-10-2016-11-19-59
ホーム画面(W03 の最初の画面)で「通信モード設定」をタップします。

photo-22-10-2016-11-20-25
「ハイスピードモード」が選択されていることを確認して ☓ をタップします。

Broad WiMAX が我が家にやってきた!中身&付属品はこんな感じです。

photo-15-10-2016-13-28-36
Broad WiMAX が送られてきた箱

ついに我が家に Broad WiMAX がやってきました!コンパクトな箱に入って佐川急便が持ってきてくれました。

幅 27 cm、奥行き 20 cm、高さ 12.5 cm 程度の箱ですから宅配ボックスにも入っちゃいそうです。

箱を開けると、

photo-15-10-2016-13-33-26
WiMAX のルーターと書類が入っていました

photo-15-10-2016-13-37-16
WiMAX ルーターの箱の中身はこんな感じ

W03 と USB ケーブル(充電に使えると思います)と SIM カードが入っていました。この SIM カードを W03 にいれて使います。

photo-15-10-2016-13-38-09
申込内容のお知らせ

photo-15-10-2016-14-21-14Broad メールお申込内容のお知らせ

Broad メールというのが自動的についてくるようです。@broad-isp.jp というドメイン名のメールアドレスも付与されています。でも僕は Gmail があるから Broad メールは使わないな。

photo-15-10-2016-13-38-30
お申込みオプションのお知らせ

これは重要です。初期費用 18857 円をゼロにするためだけに加入した「My Broad サポート」と「安心サポート」にチェックが入っています。これはいつでも解約できるものですが、電話をして解約する必要があります。

電話して解約する方法は こちら に書いておきました。

僕が目を通した書類はこれくらい。気になるものをざっとチェックしておきましょう。

ワイマックスのルーターが届いた後の設定方法は こちら に書いておきました。

Broad WiMAX 申し込み用キャンペーンサイトはこちら ↓ です。

オススメなワイマックス業社ランキング 2016年07月版

スクリーンショット 2016-07-19 07.35.30
オススメ度 No. 1!! Broad WiMAX 公式キャンペーンページ

【ご注意事項】この記事は 2016 年 07 月 17 日に書いておりますので時間の経過とともに、ワイマックス業社のキャンペーン内容や料金変更が発生する可能性があります。

2016 年 07 月版のワイマックス業社のランキングです。こちらの記事 でご説明しましたが、僕はいまは「非キャッシュバック業社のワイマックス」が良いと考えていますので、それを反映したランキングになっています。

※料金プランは「ギガ放題プラン」で比較しています。ほとんどの方がギガ放題プランに申し込んでいます。

※どこのワイマックス業社も二年契約が必要です。

※金額は全て税抜きで記載しています。

※各ワイマックス業社の2年間のコスト比較表を PDF 形式で作成しました。表が細かくて拡大表示しないと見づいらいと思いますが こちら からご確認いただけます。比較した業社は、Broad WiMAX、3WiMAX、So-net WiMAX、GMO WiMAX、@nifty WiMAX、BIGLOBE WiMAX、UQ WiMAX の7社です。

【1】Broad WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):日割り計算、最大でも2856円
  • 月額(2−3ヶ月目):2856円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3541円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 初期費用:18857円 → 0円
  • 2年契約のトータルコスト:89470円

【コメント】Broad WiMAX はキャッシュバック型業社ではありません。他ワイマックス業社には見られない「初期費用」というよくわからないものが事務手数料とは別にありますが、この初期費用がキャンペーンで0円になっています。これによりもともと月額料金が安いワイマックス業社なので他ワイマックス業社よりもコストメリットに優れています。いま一番強くおすすめしている業社です。

2年間のトータルコストを 89,470 円と記載していますが、最初の月は日割り計算になりますので、これよりも若干安くなるでしょう。

1点注意事項としては、WEB から申し込むこと&クレジットカード払いにする必要があります。支払いがクレジットカードじゃないと割引特典などが受けられなくなる、というのは他のワイマックス業社でも見られる普通のことです。業者側からすると、カード払いだと取りっぱぐれがないという安心感があるのかもしれません。

端末は最新のものから選んでおくのが正攻法です。だから今だと W03 が良いと思いますが WX02 でも問題はないでしょう。W03 の最大スピードが 370 Mbps で WX02 は 220Mbps と差はありますが、この差を体感しながら使うことができる人はいないと言い切って良いほどなので、デザイン的な好みで選べば良いでしょう。特に好みがなければ W03 にしておけば大丈夫です。

w03
W03

wx02
WX02

あと端末を差し込んで充電することができるクレードルというものがありますが、これを頼むと別途2500円が必要です。クレードルがなくてもスマホみたいにクチュッと付属ケーブルを端末に差し込めば充電は可能です。

cradle_img_wx02
上記白いパーツがクレードルです。LAN ポートが付いていますのでそこに LAN ケーブルを接続し有線 LAN を作ることもできますが、Wi-Fi がありますので多くの人にとって有線 LAN は必要ないものだと思われます。

ガチャン!と上から乗っけるだけで充電できるので、そのほうが楽で良いと考える場合は購入しても良いと思います。


Broad WiMAX 公式キャンペーンサイト

最後に Broad WiMAX のデメリットについても触れておきます。先程も書きましたが Broad WiMAX には契約時のコストとして、「事務手数料」に加えて「初期費用」というものがあります。

事務手数料はどの業社も 3000 円掛かりますが、初期費用というのは Broad WiMAX にしかない独自のものです。この初期費用がキャンペーンでゼロ円だから Broad WiMAX のメリットが際立つわけですので、ゼロ円でなくなった瞬間、Broad WiMAX はあまりおすすめできなくなる可能性があります。

この点が Broad WiMAX のデメリットというか、今後発生しうるリスクになるでしょう。

【2】3WiMAX


  • 月額(1ヶ月目):日割り計算、最大でも3495
  • 月額(2−3ヶ月目):3495円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):4130円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:104345円

【コメント】3WiMAX はキャッシュバック型業社ですが、その中でも月額料金が他社よりも安いという特徴を持っています。キャッシュバック額は時期により変わることもありますが、この記事を書いているタイミングでは 28,000 円とけっこう大きな額だと思います。

2年間のトータルコストを 104,345 円と記載していますが、Broad WiMAX と同様に最初の月は日割り計算になりますので、これよりも若干安くなるでしょう。

キャッシュバック条件には「開通月から13ヶ月後の・・・」と書かれていますので少なくとも1年は待たなければいけません。しかし、1年待ってでもきっちりとキャッシュバック請求できる!という自信がある方は、キャッシュバック額 28,000 円が無事手に入ったと想定すると、

2年間のトータルコストが 76,345 円

になりますので、おトク感が大きくなります。

最初から安い (= Broad WiMAX) のが良いか、1年以上の時間がかかってもトータルで安いほう (= 3WiMAX) が良いか、の選択になるといえるでしょう。

【3】So-net WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):0
  • 月額(2−3ヶ月目):3695円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):4180円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:102350円

【コメント】So-net WiMAX もキャッシュバック型業社で、3WiMAX と同じくらいトータルコストが良い業社です。

3WiMAX のトータルコスト(2年間)と So-net WiMAX を比較すると、

  • 3WiMAX : 104,345 円
  • So-net WiMAX :102,350 円

このように So-net WiMAX の方が安く思えますが、これは 3WiMAX の1ヶ月目の日割り計算を無視している為です。

たとえで説明します。加入した日(厳密には送られてきたワイマックスの端末を受け取った日)が 7 月 25 日だったと仮定します。25 日に受け取ったのでその月使用できるのは7日間です。これを日割額に直すと、

  • 3WiMAX の初月料金:3495円を
  • 31日で割って
  • 7を掛けると
  • 789円

になります。

この場合のトータルコストは、

  • 3WiMAX : 101,639 円
  • So-net WiMAX :102,350 円

になって今度は 3WiMAX の方が安くなります。

先ほど So-net WiMAX は 3WiMAX と同じくらいトータルコストが良い業者ですと書いたのは、実際にワイマックスを使いはじめる日が月のはじめの方か、終わりの方かでどっちがおトクかが変わってくるためです。

ただし、キャッシュバック額の違いがある点を考えると 3WiMAX のコストメリットが際立ってきます。

  • So-net WiMAX のキャッシュバック額:21000円
  • 3WiMAX のキャッシュバック額:28000円

です。

キャッシュバック額に7000円の差がありますので、ここまで考えると 3WiMAX に軍配があがります。だから、So-net WiMAX が3位という結果になりました。

ランキング外のワイマックス業社

有名ドコロのワイマックス業社の内、加入した時のメリットが Broad WiMAX, 3WiMAX, So-net WiMAX に劣るため、今回のランキングから外れた業社を箇条書きにしておきます。

  • GMO とくとく BB WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

以上。

キャンペーン内容や金額の大きな変更が発生したら、別途その時期に応じたランキング記事を書いていこうと思います。


ワイマックスのおすすめ業者は時期によって変わってきますので時期ごとに記事を書き分けています。

これまで書いてきたおすすめ記事は以下からクリックしてご覧いただけます。

【2016 年 04 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2015 年 10 月版】ワイマックスのオススメ業社