GMOとくとくBB

【ドコモ光の無料ルーター】パソコンなしで自宅 Wi-Fi 環境も簡単にできちゃいます!

ドコモ光の Wi-Fi ルーター Buffalo の WXR-1750DHP

ドコモ光についてくる Wi-Fi ルーター

ドコモ光を検討している人の中には今の時点で自宅にインターネット回線がない方もいらっしゃることでしょう。

そういった方が気になるのが Wi-Fi ルーターの設定ではないでしょうか?とくに、パソコンなしで Wi-Fi ルーターの設定ができるのか?ちゃんとスマホやタブレットで Wi-Fi が使えるようになるか?その方法は簡単なのか?

今日は、そういった疑問を解消することを目的に書いていこうと思います。答えだけ先に書いておくと、

この記事を書いている時点 (2016 年 12 月 19 日) では、正しい経路でドコモ光に申し込むと使いやすく高機能な Wi-Fi ルーター を無料で貸してもらえます。※「正しい経路」については後述。

この Wi-Fi ルーター(以降ルーターと書く)を基準にして説明をすすめていきますが、他のメーカーのルーターであっても似たようなものですから大きな心配は不要だと思います。

ドコモ光についてくるルーターはバッファローの WXR-1750DHP

今ドコモ光のキャンペーンでついてくるルーターはバッファローというメーカーの WXR-1750DHP です。この記事の一番上の画像がそれです。アマゾンで買っても一万円以上しますので安モノとは言えません。パソコンなくてもスマホで設定することができるルーターです。

バッファローと言えば、家電屋さんに行けば絶対置いてあるほどの有名なメーカーですし、13 年連続で無線 LAN 部門の No.1 (BCN アワード) を受賞しています。

だからバッファローのルーターを使ってそうそう困ることはないでしょう。これからドコモ光を申し込むかも?と検討している方が気になるであろう、もしくは知っておくべき下記の特徴をすべて持っています。

  • スマホだけで設定できる
  • 5 GHz 帯にも対応している
  • 高速な Wi-Fi である 11ac に対応している
  • Wi-Fi の電波が遠くまで届く

1つずつ説明していきますね。

【1】スマホだけで設定できる!

過去にルーターの設定がある人はパソコンが必要かどうかが気になるかもしれません。なぜならパソコンがないと設定できないルーターというものが以前はよくあったからです。

他には、QR コードを読み取れないといけないとか、CD からソフトを入れないといけないとか、技術的な知識とか、そういうのが要らないのがドコモ光についてくるルーターです。どれくらい簡単かはこちらの動画でご確認いただけます。↓

この動画に出ているルーターの機種はドコモ光についてくるものと同じものではないですが要領は一緒です。

  • ルーターのボタンを押して、
  • スマホをタップして、
  • パスワードみたいなのを入れる

これだけです。

iPhone を使った設定動画でしたので、アンドロイド版の説明動画も念のためにご紹介しておきます。

動画の中で出てきた3桁の数字 (AOSS2 キー) は、ルーターの付属品(セットアップカード)に書かれていますので、それを見れば大丈夫です。

【2】5 GHz 帯に対応している

ドコモ光についてくるルーター (WXR-1750DHP) は 2 つの Wi-Fi 電波を出しています。1つが 2.4 GHz 帯で、もう1つが 5 GHz 帯です。

2.4 GHz 帯が昔から Wi-Fi の電波として使われている周波数で、5 GHz 帯は後から登場したものです。5 GHz 帯の方が速いし通信品質も良いのでこちらを使うようにしてください。2.4 GHz 帯が使い物にならないというわけではないですが、どっちがいいかな?と思ったら 5 GHz 帯を使っておきましょう。

最近のスマホは 5 GHz 帯に対応していますので、Wi-Fi に接続する機器によってルーターから出ている電波を使い分けると良いでしょう。

WXR-1750DHP は 2.4 GHz 帯、5 GHz 帯の両方の電波を同時に接続して処理できるルーターです。だから、どっちか1つしか使えないということはありませんので安心です。

また、2つ出している電波の内、どっちが 5 GHz 帯なのか?を知りたいときには、ルーター本体に張り付いているシール等に印刷されているのでそれを見て確認して下さい。例として以下の画像を見て下さい。

Wi-Fi の電波の 2.4GHz 帯、5GHz 帯の見分け方

このようなシールがどこのメーカーのルーターにも貼られています。で、SSID というのが電波に付けられた名前です。2つあるのが確認できますよね。

SSID(a) が 5 GHz 帯の電波で、SSID(g) が 2.4 GHz 帯です。スマホを Wi-Fi に接続しようとすると、Buffalo-A-XXXX, Buffalo-G-XXXX という2つの SSID が見えるはずです。5 GHz につなぐためには Buffalo-A-XXXX をタップして下さい。パスワードを聞かれると思うのでシールに書かれている暗号化キーを入力すれば大丈夫です。

この例でいうところの Buffalo-A-XXXX がスマホ等で表示されない場合は、そのスマホが 5 GHz 帯の電波を使えないものと考えられます。こういう場合は、2.4 GHz 帯の電波を使うようにしましょう。

【3】高速な Wi-Fi である 11ac に対応している

WXR-1750DHP は 11ac という Wi-Fi の規格に対応しています。これが今の時点で速いとされている Wi-Fi の規格です。これを使うためには先程書いた 5 GHz の電波を掴む必要があります。11ac という規格自体が 5 GHz 帯を使うようになっているからです。

【4】Wi-Fi の電波が遠くまで届く

万が一 Wi-Fi の電波が弱いというときには WXR-1850DHP のてっぺんに付いているアンテナの角度を調整することができます。広いご自宅の場合にはアンテナの向きを買えられることが重宝します。

WXR-1750DHP はアンテナの向きを変えられる

特にストレスを感じない場合はアンテナの向きは気にする必要はありません。邪魔にならないようにしておけば OK です。こっちの向きにしないといけないというルールはありませんのでご安心を。

WXR-1750DHP のまとめ

以上がドコモ光についてくるルーター WXR-1750DHP の特徴です。パソコンをもっていない方でも設定することができるし、高機能なルーターですので困ることはそうそうないでしょう。

1つ注意点としては、どこで申し込むかです。

今日ご紹介した WXR-1750DHP がついてくるのは GMO とくとく BB からドコモ光を申込んだ場合のお話です。どこで申し込んでも良いわけではありません。せっかく WXR-1750DHP のことを理解していただいたのでここだけは抑えておきましょう。

GMO とくとく BB 経由でドコモ光を申し込めるのがこちら ↓ です。ちゃんとルーターが無料で使えるかどうかをチェックしてみて下さい。


家でワイファイ?ドコモユーザー向けネット回線のドコモ光が更におトクに!

ドコモ光を販売する GMO さんがが新しいキャンペーンを打ち出してきました。12 月 31 日までにドコモ光を新規で申し込んだ特典に、ドコモポイント 5,000 pt がもらえちゃうようになりました!

家にインターネット回線がなくてこれから Wi-Fi 環境を作るぞ!と思っているドコモユーザーさんには嬉しい特典ですね♪

これまでワイファイルーターを無料で貸してくれる特典がありましたが、それも残ったままですからワイファイルーターを電気屋さんに買いに行く必要もありません。お正月までにワイファイ環境を準備するための全てがこれで揃います。あ、もちろん、申込タイミングによっては正月を超えちゃうかもしれませんが、、、。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-09-24-23

ちなみに、自宅を Wi-Fi 環境にするには、

  • インターネット回線
  • ワイファイルーター

のどちらも必要なんです。どっちが欠けても Wi-Fi 環境はできません。

もう少しついでにご説明すると、「プロバイダー契約っているの?」という疑問があるかもしれません。ドコモ光の場合には、プロバイダーもセットになっているのでいわゆるプロバイダーを別途契約する必要はありません。

ですから、

  • インターネット回線 + プロバイダー = ドコモ光

という公式になっていて、ドコモ光に加入すればワイファイルーターも無料で借りられるわけですから話が早いです。

あと、ドコモ光は光って付くことからもわかるように光ファイバーを使ったインターネット回線ですので工事が必要になるわけですが、これも 12 月 31 日までは無料になっていますのでこれもありがたい!

この手の工事費用って当然工事業者さんが人を派遣してやってくれるわけなので、2万円とか普通にかかっちゃいますからね。それがゼロ円なのはとても良いことです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-09-24-11

で、ドコモ光であればどこから申し込んでも良いってわけじゃなくて、ちゃんと GMO とくとく BB さんのキャンペーンサイトから申し込むことが条件になりますので、こちら ↓ をクリックしてください。


GMO とくとく BB キャンペーンサイト

オススメなワイマックス業社 2016年10月版 [その1]

※この記事は 2016 年 10 月 02 日に書きました。

【雑感】

僕のワイマックス業社ランキングに順位変動がありました。GMO とくとく BB WiMAX (以降、GMO とくとく BB と書きます) が一気に1位に登り詰め、Broad WiMAX が2位に落ちました。

この順位変動の理由は、GMO とくとく BB のコスト的なメリットが Broad WiMAX よりも良くなったためです。

【お気をつけ下さい】

他のワイマックスのランキングを掲載しているサイトで、Broad WiMAX を GMO とくとく BB と比較しないで Broad WiMAX がコスト的に一番!などと謳っていたり、2社を比較しているが Broad WiMAX の方がコスト的にメリットがある今も書いてある場合、疑って見るようにしてください。

【ご留意事項】

時間の経過とともに、ワイマックス業社のキャンペーン内容や料金変更が発生する可能性があります。

【ランキング順位の考え方】

2016 年 10 月版のワイマックス業社のランキングです。「非キャッシュバック業社のワイマックス」が良いという考えはまだ正しいと思っていますので、引続きこれを反映したランキングになっています。

【ワイマックス業社が違っても共通していること】

  • 料金プランは「ギガ放題」で比較しています。ギガ放題以外だとワイマックスに加入するメリットが薄いです。
  • どこのワイマックス業社も2年契約が必要です。
  • どこのワイマックス業社も3日で3ギガを使ったときの速度制限があります。
  • 金額は税抜きで記載しています。

それでは、ここからランキングです。

【1】GMO とくとく BB WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):0円
  • 月額(2−3ヶ月目):2760円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3414円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:83628円

【コメント】GMO とくとく BB WiMAX はキャッシュバック額が大きい業社として有名ですが、キャッシュバックを払わない料金プランを出してきたことに気が付きました。

この料金プランに関しては、僕がこれまでよく説明してきた「非キャッシュバック型業社」に分類されることになります。

で、非キャッシュバック型業社の最右翼であった Broad WiMAX と比較したところ、GMO とくとく BB に軍配があがります。

これまで Broad WiMAX を応援してきた立場としては少々さみしい気もしますが、ちゃんとオススメできる業社を1位に持ってこないといけませんのでこのような結果となりました。

【2】Broad WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):日割り計算、最大でも2856円+300円
  • 月額(2−3ヶ月目):2856円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3541円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 初期費用:18857円 → 0円
  • 2年契約のトータルコスト:89770円

【コメント】Broad WiMAX はキャッシュバック型業社ではありません。他ワイマックス業社には見られない「初期費用」という名目が事務手数料と別にありますが、この初期費用がキャンペーン適用で0円になります。

1か月目の月額のところに「+300円」と書いていますが、これは端末安心サポートというサービスのことです。これに加入しないと初期費用18857円(税込みだと20366円)が無料になりません。いつでも解約できるものですが最初の1か月目だけは 300 円を払わないといけません。端末が届いたらすぐにこのサービスは解約しましょう。

このキャンペーンが適用されることで、もともと月額料金が安いワイマックス業社だからキャッシュバック型業社よりもコストメリットに優れるので → オススメ、という流れになります。

2年間のトータルコスト 89,770 円と記載していますが、最初の月は日割り計算になりますので、これよりも若干安くなるでしょう。

キャンペーン適応条件は、

  • WEB から申し込むこと
  • クレジットカード払いにすること
  • 端末安心サポートに加入すること
  • My Broad サポートに加入すること

の4つをすべて満たすことです。

Broad WiMAX のキャンペーン(初期費用 18857 円が無料)適用に失敗しない申し込み方は、こちら に書いておきましたのでご確認ください。

【3】So-net WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):200
  • 月額(2−3ヶ月目):2980円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3680円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:90120円

【コメント】So-net WiMAX もキャッシュバック型業社の色合いが強かったのですが、キャッシュバックを提供しない代わりに月額料金を安くしたプランを出してきました。

1ヶ月目の200円というのは、ワイマックス利用料金ではなくソネットに加入していることで発生している料金(モバイルコースと呼ばれる。基本料金みたいなもの)です。

ランキング外のワイマックス業社

有名ドコロのワイマックス業社の内、加入した時のメリットが GMO とくとく BB, Broad WiMAX, So-net WiMAX に劣るため、今回のランキングから外れた業社を箇条書きにしておきます。

  • 3WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX
  • PEPABO WiMAX
  • UQ WiMAX

以上。

また時期を改めてランキング記事を書いていきます。


ワイマックスのおすすめ業者は時期によって変わってきますので時期ごとに記事を書き分けています。

これまで書いてきたおすすめ記事は以下からクリックしてご覧いただけます。

【2016 年 07 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2016 年 04 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2015 年 10 月版】ワイマックスのオススメ業社