Broad WiMAX

ワイマックス月額料金の値下げ合戦、始まる?

GMO とくとく BB WiMAX と Broad WiMAX の2社が相次いで月額料金の値下げを発表しました。

ちょっと前まで GMO さんはキャッシュバック額を多くする販売戦略を取っていた印象が強かったのですが、ここのところキャッシュバック無しで月額料金を安くするプランを強化してきています。

月額料金の安いワイマックス業社の代名詞でもあった Broad WiMAX との月額料金の差は 2,726 円 – 2,699 円 = 27 円です。

ここで両社の料金をまとめて比較しておきたいと思います。※料金プランは両社ともギガ放題で比較

GMO とくとく BB Broad WiMAX
月額料金 2,699 円 (税別) 2,726 円 (税別)
端末代金 0 円 0 円
端末送料 0 円 0 円
事務手数料 3,000 円 (税別) 3,000 円 (税別)

こうしてみると若干ですが GMO の方が安いといえます。また、GMO は 1 ヶ月目の月額が無料ですが、Broad WiMAX は日割り計算になりますのでここでも多少差がついています。

GMO は 4ヶ月目から月額料金が 3,353 円になります。これは別の言い方をすると 2ヶ月目と3ヶ月目は 654 円の割引があるということですね。

Broad WiMAX は「安心サポートプラス=月額 550 円」と「My Broad サポート=月額 907 円」というのに申込時に加入しておく必要があります。が、これはすぐに解約できるので、端末(ワイマックスのルーター)が届いたらすぐにサポートセンターに電話をして解約したい!と伝えるのを忘れないようにして下さい。

My Broad サポートは最初の2ヶ月間は無料ですので少し時間が立ってから解約しても良いでしょう。ただし、安心サポートプラスは1ヶ月目からどうしても 550 円がかかってしまいますので、手厚いサポートが欲しいという方以外は、ルーターが届いたらすぐに解約するようにしておきましょう。

月額の安くなった GMO と Broad WiMAX のお申込みは以下 ↓ から行って頂けます。


↑ GMO とくとく BB WiMAX


↑ Broad WiMAX キャンペーンサイト

値段的に安い GMO だけご紹介しておけば良いと思われるかもしれませんが、今すでに GMO に加入している人が2年契約が切れるタイミングにある場合、引続きワイマックスを使うのであれば他業者に契約替えするのがオススメです。なぜかというと、3年目からはどのワイマックス業社も月額料金がグン!とアップしますし、ルーターも型遅れになっているので故障率が高くなってきます。

だから、契約期間が切れるタイミングで他ワイマックス業社でおトクなところ(今回の場合 Broad WiMAX ですね♪)をご紹介しております!

オススメなワイマックス業社 2016年10月版 [その1]

※この記事は 2016 年 10 月 02 日に書きました。

【雑感】

僕のワイマックス業社ランキングに順位変動がありました。GMO とくとく BB WiMAX (以降、GMO とくとく BB と書きます) が一気に1位に登り詰め、Broad WiMAX が2位に落ちました。

この順位変動の理由は、GMO とくとく BB のコスト的なメリットが Broad WiMAX よりも良くなったためです。

【お気をつけ下さい】

他のワイマックスのランキングを掲載しているサイトで、Broad WiMAX を GMO とくとく BB と比較しないで Broad WiMAX がコスト的に一番!などと謳っていたり、2社を比較しているが Broad WiMAX の方がコスト的にメリットがある今も書いてある場合、疑って見るようにしてください。

【ご留意事項】

時間の経過とともに、ワイマックス業社のキャンペーン内容や料金変更が発生する可能性があります。

【ランキング順位の考え方】

2016 年 10 月版のワイマックス業社のランキングです。「非キャッシュバック業社のワイマックス」が良いという考えはまだ正しいと思っていますので、引続きこれを反映したランキングになっています。

【ワイマックス業社が違っても共通していること】

  • 料金プランは「ギガ放題」で比較しています。ギガ放題以外だとワイマックスに加入するメリットが薄いです。
  • どこのワイマックス業社も2年契約が必要です。
  • どこのワイマックス業社も3日で3ギガを使ったときの速度制限があります。
  • 金額は税抜きで記載しています。

それでは、ここからランキングです。

【1】GMO とくとく BB WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):0円
  • 月額(2−3ヶ月目):2760円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3414円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:83628円

【コメント】GMO とくとく BB WiMAX はキャッシュバック額が大きい業社として有名ですが、キャッシュバックを払わない料金プランを出してきたことに気が付きました。

この料金プランに関しては、僕がこれまでよく説明してきた「非キャッシュバック型業社」に分類されることになります。

で、非キャッシュバック型業社の最右翼であった Broad WiMAX と比較したところ、GMO とくとく BB に軍配があがります。

これまで Broad WiMAX を応援してきた立場としては少々さみしい気もしますが、ちゃんとオススメできる業社を1位に持ってこないといけませんのでこのような結果となりました。

【2】Broad WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):日割り計算、最大でも2856円+300円
  • 月額(2−3ヶ月目):2856円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3541円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 初期費用:18857円 → 0円
  • 2年契約のトータルコスト:89770円

【コメント】Broad WiMAX はキャッシュバック型業社ではありません。他ワイマックス業社には見られない「初期費用」という名目が事務手数料と別にありますが、この初期費用がキャンペーン適用で0円になります。

1か月目の月額のところに「+300円」と書いていますが、これは端末安心サポートというサービスのことです。これに加入しないと初期費用18857円(税込みだと20366円)が無料になりません。いつでも解約できるものですが最初の1か月目だけは 300 円を払わないといけません。端末が届いたらすぐにこのサービスは解約しましょう。

このキャンペーンが適用されることで、もともと月額料金が安いワイマックス業社だからキャッシュバック型業社よりもコストメリットに優れるので → オススメ、という流れになります。

2年間のトータルコスト 89,770 円と記載していますが、最初の月は日割り計算になりますので、これよりも若干安くなるでしょう。

キャンペーン適応条件は、

  • WEB から申し込むこと
  • クレジットカード払いにすること
  • 端末安心サポートに加入すること
  • My Broad サポートに加入すること

の4つをすべて満たすことです。

Broad WiMAX のキャンペーン(初期費用 18857 円が無料)適用に失敗しない申し込み方は、こちら に書いておきましたのでご確認ください。

【3】So-net WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):200
  • 月額(2−3ヶ月目):2980円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3680円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:90120円

【コメント】So-net WiMAX もキャッシュバック型業社の色合いが強かったのですが、キャッシュバックを提供しない代わりに月額料金を安くしたプランを出してきました。

1ヶ月目の200円というのは、ワイマックス利用料金ではなくソネットに加入していることで発生している料金(モバイルコースと呼ばれる。基本料金みたいなもの)です。

ランキング外のワイマックス業社

有名ドコロのワイマックス業社の内、加入した時のメリットが GMO とくとく BB, Broad WiMAX, So-net WiMAX に劣るため、今回のランキングから外れた業社を箇条書きにしておきます。

  • 3WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX
  • PEPABO WiMAX
  • UQ WiMAX

以上。

また時期を改めてランキング記事を書いていきます。


ワイマックスのおすすめ業者は時期によって変わってきますので時期ごとに記事を書き分けています。

これまで書いてきたおすすめ記事は以下からクリックしてご覧いただけます。

【2016 年 07 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2016 年 04 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2015 年 10 月版】ワイマックスのオススメ業社

Broad WiMAX のオプション契約を解約してみた。

Broad WiMAX のオプション契約の解約方法は電話とウェブの2種類があります。今回は電話でオプションの解約をしてみました。

まず、Broad WiMAX のサポートセンターに電話します。ナビダイヤルの番号になっています。ちとセコい気もするがそこはしょうがないと割り切る。

photo-15-10-2016-13-46-01
申込内容のお知らせに書いてあったサポートセンターの電話番号

電話を掛けると自動応答が流れます。解約は1番、オプションの解約は2番(だったと思う)といった感じで進んでいきます。

担当者の人が電話に出たら、「My Broad サポートと安心サポートの2つを解約したい」と担当直入に伝えました。

解約すると、こういう場合こうなりますよといった説明をしてくれました。それでもかまわないので解約したいですと伝えました。

photo-15-10-2016-13-46-38
My Broad サポートにチェックが入っています。これを解約しました。

photo-15-10-2016-13-46-44

My Broad サポートの中に、

  • PC プレミアムサポート
  • Braod メール
  • セキュリティソフト

の3つが含まれています。

僕はこの3つが不要なので My Broad サポートを解約しました。

photo-15-10-2016-13-46-52
安心サポートにもチェックが入っていますが、そうそう壊れることもないだろうと思い、リスクがありますがこれも解約しました。

以上でオプションの解約手続きが終わりました!

よっぽど電話が混んでたら時間がかかりますが、僕は5分で終わりました。

これで My Broad サポートと安心サポートの料金が課金されることはなくなりますので一安心です。

Broad WiMAX が我が家にやってきた!中身&付属品はこんな感じです。

photo-15-10-2016-13-28-36
Broad WiMAX が送られてきた箱

ついに我が家に Broad WiMAX がやってきました!コンパクトな箱に入って佐川急便が持ってきてくれました。

幅 27 cm、奥行き 20 cm、高さ 12.5 cm 程度の箱ですから宅配ボックスにも入っちゃいそうです。

箱を開けると、

photo-15-10-2016-13-33-26
WiMAX のルーターと書類が入っていました

photo-15-10-2016-13-37-16
WiMAX ルーターの箱の中身はこんな感じ

W03 と USB ケーブル(充電に使えると思います)と SIM カードが入っていました。この SIM カードを W03 にいれて使います。

photo-15-10-2016-13-38-09
申込内容のお知らせ

photo-15-10-2016-14-21-14Broad メールお申込内容のお知らせ

Broad メールというのが自動的についてくるようです。@broad-isp.jp というドメイン名のメールアドレスも付与されています。でも僕は Gmail があるから Broad メールは使わないな。

photo-15-10-2016-13-38-30
お申込みオプションのお知らせ

これは重要です。初期費用 18857 円をゼロにするためだけに加入した「My Broad サポート」と「安心サポート」にチェックが入っています。これはいつでも解約できるものですが、電話をして解約する必要があります。

電話して解約する方法は こちら に書いておきました。

僕が目を通した書類はこれくらい。気になるものをざっとチェックしておきましょう。

ワイマックスのルーターが届いた後の設定方法は こちら に書いておきました。

Broad WiMAX 申し込み用キャンペーンサイトはこちら ↓ です。

ワイマックスに申し込んでも遅くて使えない!となったらすぐに解約できる?違約金は?←これが気になる時に読んで下さい。

ワイマックスを検討している人の中でこれが気になっている人は少なくないと思います。

で、なんとなくお察しだと思いますが、ワイマックスは2年契約が基本で途中解約しようとすると違約金が発生する、というのはどこのワイマックス業社も似たようなものです。

たとえばの話ですが、ワイマックスを自宅で使うことを想定して申し込んだ。で、自宅だけワイマックスの電波状況が悪く残念ながら使い物にならない。

こういう時って、なくなく違約金払って解約するしかない。というお話になろうかと思います。

で、いろいろ調べているとわかったのですが、僕がよくオススメしている Broad WiMAX には「ご満足保証」というものがあることがわかりました。

これは Broad WiMAX に申込んだものの満足できない場合、

  • フレッツ光
  • au 光
  • eo 光
  • ADSL
  • Broad LTE
  • ドコモ Xi (クロッシイ)

等に、Broad WiMAX の違約金を払うことなくスイッチできるというものです。

ただし、当然ではありますが Broad WiMAX を提供している会社である株式会社リンクライフ経由で上記の代替インターネット回線に加入しないといけません。

これはなかなかいいサービスだと思います。

どのみちインターネット回線に加入することを考えていて、ワイマックスが使えればそれにこしたことはないから、まずワイマックスに申し込むという場合には、リスクヘッジの効いた Broad WiMAX に加入するのは悪いアイデアではありません。

Broad WiMAX の公式サイトはこちら ↓