au

フレッツ光が遅い理由の決定版!色々やっても答えが見つからない人への処方箋

想定している読者の方

フレッツ光がどうも遅い。ネットでいろいろ調べてやってみたもののコレだ!という答えが見つからず、不満はあるものの使えているから今も使っている。今日はそんな人に向けた内容を書いていきます。

  • LAN ケーブルを交換しましょうとか、
  • とりあえず再起動できるものは再起動しましょうとか、
  • ウイルスソフトが悪いかもしれないですねとか、
  • アプリやソフトを立ち上げすぎですねとか、
  • 夜だから混み合ってしょうがないですねとか、
  • Wi-Fi ルータに原因があるとか、
  • Wi-Fi の電波が干渉しているだとか、

そんなのはもうとっくに調べて確認した!でもやっぱり遅いねん!どうやったら直るんだ!?という方のヒントになれば幸いです。

自宅のスマホやパソコンからインターネットにつながるまで

まず、この知識を知ってほしいという内容からご説明します。あれを試す、これを試す、それを試す、、、を延々とやってきたが直らない場合、あれこれ試す前に可能な限り仕組みを大雑把でも良いから理解することが僕は重要だと思っています。なるべく簡単にご説明しますので難しく考えないで読んでいただきたいです。

フレッツ光に加入している場合、プロバイダーがどこの会社のものであれ、大枠の仕組み=インターネットに接続されるまでの構成は同じです。知ってほしい知識というのはこの部分になります。

まずパソコンでインターネットを使う場合の説明をします。パソコンがインターネットに接続されるまでの間には、以下のようなものが間に存在しています。

  • ブロードバンドルータ (Wi-Fi ルータ含む)
  • ホームゲートウェイ(フレッツから提供されている機器)
  • フレッツ光のネットワーク
  • プロバイダーのネットワーク

このようになっています。

つまりパソコンがインターネットにつながるまでの間に、

  • ブロードバンドルーターを経由して
  • ホームゲートウェイを経由して、
  • フレッツ光のネットワークを経由して、
  • プロバイダーのネットワークを経由して、

これでやっとこさインターネットにつながっているわけです。

すでにケーブルを交換したり、ルーターやフレッツから提供された機器(ホームゲートウェイ)などの再起動も試した、他にもやってみた、という場合、これらの対処がすべて自宅の中での対処であることに注意いただきたいです。

「家の中に原因がある」のか、「家の外に原因がある」のか、超大雑把に言っても2つに別れるわけですから、もし家の中の機器や接続、パソコンやスマホに原因がなかったら、どうにもなりません。

もう少し具体的に言うと、インターネットへの通信は自宅の外に出てから「フレッツ光のネットワーク」と「プロバイダーのネットワーク」を経由するとご説明しました。この2つのどちらかに根本的原因があるのだとしたら、自宅の中でできる対応策をどれだけやっても改善するわけがないということになります。

じゃあ、フレッツ光やプロバイダーのネットワークの側に問題があるとしたらそれは何なんだ?どうやったら改善できるのだ?

これを今からご説明します。

答えは PPPoE である可能性が高い

だらだらと書いてきましたので結論を書いてみました。PPPoE (ピーピーピーオーイー) という単語をどこかで耳にされたことはありますでしょうか?もし、あなたが今自宅でお使いのインターネット環境において、この PPPoE が使われている場合、ここに原因があると疑ってみることは重要です。

まず、PPPoE というのは通信技術の 1 つですが、この技術は非常に複雑でパフォーマンス (通信スピード) に影響を与えます。そしてこれこそがしきりに高速インターネットだと宣伝されているフレッツ光を使っているにも関わらず、実行速度が数メガしか出ないという状況を作り出している根源である可能性が高いということです。

フレッツ光自体は世界的に見ても超優秀なネットワークである

誤解がないように 1 つ強調しておきたいのですが、フレッツ光自体は非常に優秀なネットワークです。世界的に見てもこれだけのクオリティの光インターネットが、普通の家庭で当たり前のように導入できる価格帯で提供されているのは珍しいと思います。

じゃあフレッツ光は優秀なのになんで我が家は遅いのか?

超高速なネットワークインフラであるフレッツ光ですが PPPoE がそれを駄目にしているからです。高速道路に例えてご説明しましょう。

どれだけ快適に走ることができるよくできた高速道路であっても、そこを走る車に足かせがつけられていたらその車は早く走ることができません。

これが起こっていると考えるとわかりやすいでしょうか?もちろん、ここで言う足かせが PPPoE であるわけです。

PPPoE という技術を使うために、通信設備の中でデータがあっちに行って、こっちに行って、今度はこの処理を行って、また違う処理を行って、一回もとに戻されて、ってなことをやっているから遅くなるのです。

もう 1 つ面白い例え話を読んだことがあるのでご紹介します。

クロネコヤマトに集荷を依頼して、宛先をお隣さんの住所にして配達してもらったら何が起こるでしょうか?

おそらくクロネコヤマトのドライバーさんは不思議な顔をしながら、その荷物を持って帰って律儀にもう一回その荷物を持って戻ってきてお隣さんに配達してくれるでしょう。

クロネコさんに頼まずに直接隣に渡したほうが速いじゃないか?当たり前です。でもこの当たり前を当たり前じゃなくしているのが PPPoE という技術なのです。これには NTT の過去の経緯等、技術的・歴史的関連があるためです。

ご興味がある方は、こちらのページからもう少し突っ込んだ情報をご確認ください。

PPPoE から抜け出すにはどうしたら良いのか?

ここまで読み進めていただけたなら、解決策は頭に思い浮かんでいらっしゃるかもしれません。

どこかのタイミングで PPPoE を使わないですむインターネット契約に変えるしかありません。費用がかかってしまうことからあまり前向きになれないかもしれませんが、1 つフレッツ光をお使いということの利点をご紹介しておきます。

光コラボレーションの中から選ぶと良い

光コラボと呼ばれることが多いですが、現実的な選択肢の 1 つとしてこの光コラボをおすすめします。

光コラボというのは、フレッツ光の通信設備を間借りする形で NTT 以外の業者が光回線サービスを自社ブランドで販売するというものです。詳しくは こちらのページ に書いておきました。

従来型のフレッツ光から、この光コラボに契約替えをすることは転用と呼ばれて言います。転用のメリットは回線工事が必要ないことです。工事がない以上、待たされることもありませんし、工事費用を請求されることもありません。遅いインターネットに我慢ならない場合、この光コラボへの転用をまず最初に検討することをおすすめします。

ただし!重要なのは PPPoE を使わないで済む光コラボ業者に申し込むことです。ここだけは絶対に外さないようにしましょう。じゃあ、どの光コラボ業者に契約替えすればよいのか?を僕の方で探してみましたのでご紹介します。

脱 PPPoE な光コラボならドコモ光!

GMO とくとく BB という会社が販売しているドコモ光がおすすめです。「ドコモ光」という名前から分かる通り、ドコモと関連があります。もし今スマホでドコモを使っているなら、毎月ドコモに支払うスマホ代を安くすることができるから特にオススメです。

GMO とくとく BB のドコモ光キャンペーンページ

v6 プラスで速い

などと書かれているところが、通信速度に関わるところです。

キャンペーンページには、「従来のフレッツ光接続方式は IPPoE 接続方式」でこれがボトルネックになって遅いという説明が書かれています。IPPoE は多分タイプミスで PPPoE の間違えだと思います。

v6 プラスを採用しているとも書かれていますが、これこそが PPPoE を使わない通信方式のことですから、GMO とくとく BB のドコモ光に契約替えして「速くなった」という人が多いのも納得です。

ということでドコモ光をおすすめしているというわけです。


au ユーザーなら So-net 光コラボレーション

ドコモ光がドコモユーザーにとってお財布に優しいことは間違いありませんが au ユーザーの方にとって金額的メリットが高いのが So-net 光コラボレーション (以下、ソネット光) です。

ソネット光をおすすめできる理由はドコモ光と同じです。ソネット光が、光コラボ業者の 1 つで PPPoE を使っていないため、速度が遅くなる大きな原因の 1 つを取り除いた形でネットが使えるからです。

スマホが au のユーザーにオススメなのは、au の月額料金をやすくすることができるからです。


自宅ワイファイまだのドコモユーザ必見〜6月1日以降にワイマックスが変わるよ!

今日のお題

2017 年 6 月 1 日、無線インターネットの王者である WiMAX 2+ (以降ワイマックスと書く) が変わります。今日はそれについて説明します。

ワイマックスをさらっとおさらい

ワイマックスは 2009 年のサービス開始以降、さまざまな改良を重ね続け 2016 年の第三四半期には契約数が 2,300 万件を突破しました。

ワイマックスは、持ち運びできる無線ルーター(煙草の箱が薄くなったくらいの大きさ)を使って、どこでもワイファイできる環境を作ってインターネットを楽しみます。

今回ワイマックスの何が変わったのか?

サービス開始当初のワイマックスはワイマックスの電波しか使うことができませんでした。しかし今は、ワイマックスの無線ルーターがワイマックスの電波+ au の電波(スマホの au の電波) の両方を掴んで使えるようになっています。

どうしてワイマックスなのに au の電波が使えるようになったか?についてご説明します。ワイマックスの電波はドコモや au、ソフトバンクの携帯会社の電波と比べてしまった場合、どうしても提供エリアが小さくなってしまうという問題があります。しかし通信スピードはワイマックスに軍配が上がります。

で、そもそもワイマックスは au と同じ KDDI グループの UQ WiMAX という会社が始めたものですから、au の電波も使えるようにすることでサービス提供エリアの漏れをなくそうということで始められたわけです。

それ、 ( ・∀・)イイ!!

と思っちゃいますが、au の電波も使える機能であるハイスピードプラスエリアモードは、オプションで別料金です!その額なんと毎月 1,005 円!これは高い!でも、ハイスピードエリアプラスモードを使わない月はこの 1,005 円はかかりませんのでそこは安心であります。

僕もワイマックスを使っていますが、ハイスピードプラスエリアモードは絶対に使わないようにしています。

それが今回 6 月 1 日の申し込み分から 1,005 円がかからないかたちでハイスピードプラスエリアモードが使えるようになりました!だから、ワイマックスに興味はあるけど電波の強さに不安がある人にとっての安心材料が増えることになりました。「au の電波が弱くて使えない」という人は日本全国をさがしてもそんなにいらっしゃらないと思うからです。

ただ、良いことばかりではなくて、このサービスに申し込む場合、3 年契約が前提になってしまいます。この点だけ問題なければ、自宅ワイファイを始めたいドコモユーザー(いや、ドコモユーザーに限った話じゃない気がしてきた)は、要チェックですよ!というのが今日書きたかったことです。

だって、3 年つったって月額はめちゃくちゃ安いですから。こちら ↓ の GMO とくとく BB のワイマックスなら今でさえ月額 2,699 円〜です。

余計なオプションつけないように申し込むのがオトク!余計なキャンペーンのオマケ等ももらわないのがおすすめ!というのが僕の考えです。オマケ貰ったりすると、その分月額料金がアップしますからもらわないほうが良いと僕は思ってるんです。

3 年契約つったって月額はめちゃくちゃ安いですから 1,005 円もかからない形になったので、値段的なオトク感はグーン!とアップしたと言えるでしょう。

スマホ代節約は au、ドコモ、SoftBank からの乗り換えが手っ取り早い

carriage-clock-797833_1280
なんだかんだ言ってもスマホは普段の生活の必須アイテム。でも節約できるものなら節約したい時にどうしたらいいのか?

基本的な方向性としてはまず、au、ドコモ、ソフトバンクからの契約替えが必要だと思います。最近流行りの格安 SIM というものに乗り換えるわけです。といっても格安 SIM の業者はドコモの回線を借り受けてサービス提供しているので、格安 SIM に乗り換えてもドコモの電波を使うことになります。だから電波が届かないといった問題は起こりにくいと言えるでしょう。

先日、僕がソフトバンクから格安 SIM 業者の1つであるエックスモバイル株式会社のもしもシークスに契約替えしたとお話しました。この経験からスマホ代節約に大きく寄与する方法だとすでに実感しているので自信を持って大手3社から格安 SIM 業者への乗り換えをオススメできます。

みんながみんなデータ容量無制限である必要はない

僕はスマホをかなり使うので通信するデータ容量に制限のあるプランは最初から除外して契約替えを検討し始めましたが多くの人は無制限である必要はないと思います。毎月の通信データ量が1ギガ、2ギガ、3ギガくらいに収まることがわかっているならこういった容量の制限のあるプランに加入すればさらに月額で支払うお金が減り、家計の助けになると思います。

最近はケータイに電話番号すら要らない人も増えていますが、ここでは電話番号付きの格安 SIM 業者の中からオススメをご紹介します。電話番号付きのプランをいろいろ調べていくと通信データ量が3ギガからというプラン展開をしている会社が多いようなのでこれを比較してみましょう。MNP 対応業者ばかりですから、今の電話番号をそのまま引き継いで契約替えすることができます。

ちなみに契約変更にあたって事務手数料というものがどこの業者でも発生しますが、これは綺麗に横並びで 3,240 円(税込み)ってところがほとんどです。

一番コスパが良さそうなのが楽天モバイル

大体の業者が3ギガのプランを展開している中、なぜか楽天モバイルは3.1ギガになっています。少しでも他社より良い!というのをアピールされているのかもしれません。家計の節約を考えるのであればまず楽天モバイルを検討してみましょう。僕が調べたところ、月額 1,728 円(税込み)で、電話番号を移行することができて、3.1 GB まで通信することができます。( 2015/06/13 現在。以下、同様)

特典キャンペーンで良いなと思ったのが楽天市場の買い物で、ポイントがずっと2倍になるっていうものです。楽天で良く買い物されているご家庭の場合、これは節約面で大きなメリットがあると思います。楽天モバイルの毎月の支払にもポイントが付くのかな?そうだとしたら更にプラスですね。もし、アンチ楽天であれば次の業者を検討してみてください。w


スマホ代 1/3 は全く大げさじゃない楽天トラベル

有名ドコロが安心というあなたには DMM モバイルを。

テレビ CM の露出などで一気に知名度が大きくなった DMM が展開している格安 SIM が DMM モバイルです。月額 1,836 円です。この料金で電話番号を変えなくてよくて、3 GB まで使えます。やっぱり大手が安心というあなたは DMM モバイルが良いでしょう。


奇抜な CM で人気が出てきている DMM モバイル

月額料金だけで考えれば U-mobile

DMM モバイルと同じく 3GB まで使うことができて月額が 1,706 円、携帯番号はそのままで OK です。楽天モバイルより 22 円安いのですが楽天モバイルは 3.1 ギガまで使用できるということと楽天ポイントのメリットが大きいのでこの 22 円の差はないものと考えていいと思っています。今後、注目していきたい業者さんの1つですね。


知名度は低いけどコスパ重視なら U-mobile

毎月 1,800 円程度で使えるということは、、、

3社ほどご紹介してきましたが他にも探せばいーっぱい格安 SIM 業者はあるでしょう。全部見るのは大変だから良さそうなところをピックアップしてご紹介しておきました。

楽天モバイルにしても DMM モバイルにしても U-next にしても、一言でいうと月額 1,800 円程度ということがわかると思います。この料金に、通話料が加算されるので電話でたくさん話した月はそれに応じて料金がアップしていきます。

でも逆に電話をほとんど掛けなかったら、1,800 円で済むわけですから夫婦やカップルで 3,600 円。1年で考えると、43,200 円になります。大きく削減できるようでしたら直ぐにでも契約替えを検討することをおすすめします。違約金があってもそれをすぐにカバーできるというご家庭が多いと思われます。どうしてもケータイ代は毎月の固定費なので早ければ早いほど節約効果が大きくなってきますから、すぐに電卓で計算してみてください。