プロバイダー

【フレッツ光転用の成功法則×3つ】失敗事例を抑えておけば何も難しくありません!

NTT 東、NTT 西のフレッツ光を利用しているあなたが転用を考えているのなら、これから必要な知識をお伝えします。

  • どこを選べばよいのか?
  • どれがオトクなのか?

また、転用をすすめるにあたってトラブルなく進めていくために必要なことにも触れていきます。「ネット関係のことはよくわからない」という方にわかりやすく解説していきます。

堅い話ではありませんので、暖かいコーヒーでも用意してリラックスしながら読んでいただければと思います。じっくりとご覧いただいて転用について理解できちゃえば、何も怖いことはなくスムーズにすすめられるでしょう。

そもそもフレッツ光の「転用」とは?

一番最初に転用という用語についておさらいしておきましょう。

フレッツ光をお使いのあなたは、現在 NTT 東もしくは西の「フレッツ光」+どこかの業者の「プロバイダー」の2つを契約していると思います。そして、あなたのご自宅が戸建てであれ集合住宅であれ、自宅で NTT の光ファイバーのインターネットが使える物理的環境が整っているでしょう。

転用とは、この今ある物理的環境を活かしたまま異なる業者のインターネット接続サービスに切り替えることです。

転用という言葉を使わなければ、「流用」と言うこともできるでしょうし、今ある光ファイバーを使い回すと考えていただいても良いでしょう。

フレッツ光を転用する時、どんな選択肢がある?

ここまでで、「はいはいなるほど、今の環境を流用して次のネット回線に乗り換えるわけね」とご理解いただけたと思いますが、次のような疑問が出てこないでしょうか?

  • で、次のネット回線はどんなのがあるの?どこの業者の何でも良いの?

この疑問にお答えすると、実は選択肢としては1つ(1種類)でして、それが光コラボレーション(以降、光コラボ)というものになります。

次に、

  • じゃあ、光コラボとはなんぞや?

という疑問が出てきたかもしれませんね。

光コラボとは簡単にいうと、NTT 東もしくは西からフレッツ光等の設備提供を受けた企業が独自に販売しているネット回線サービスのことです。

今使っているフレッツ光の設備を残して次に流用するわけですから、当然 NTT 東 / 西と提携している(これを「コラボ」と表現していると思われる)業者のネット回線サービスである必要があるわけです。

光コラボの代表的業者

光コラボの業者はとてもたくさんあります。軽く 100 以上はあると思いますが、ややこしくなるのでここでは代表的な光コラボ業者のサービス名を挙げておきます。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net 光
  • U-NEXT 光
  • @nifty 光
  • ビッグローブ光
  • OCN 光
  • hi-ho 光

知名度があって代表的なサービスだけでもこれくらいはあるんです。多いですよね。ここから1つ選んで申し込む(転用する)ことになるわけです。

光コラボ業者と販売会社の違いとは?

次は販売会社についてです。

ここを抑えておくことが、フレッツ光から光コラボ業者への転用を行う際にとても重要になると思います。

なぜなら、転用するにあたって実はけっこうな数のトラブルが発生していて、お役所からの行政指導を食らっている業者もいて、この種のトラブルのほとんどがいわゆる営業会社(一部の販売会社)による電話セールスがきっかけとなっているからです。

「転用すると今より安くなりますよ!」という典型的なセールストークを含んだ売り込み電話によるトラブルが後を立たないんですよね。

だから、先ほどご紹介した光コラボのサービス名(多くはインターネット系の事業を行っている会社のもの)とは別に、この光コラボの販売をしている販売会社というものがあることを抑えておいてください。

もちろん、販売会社経由の販売以外に直販(光コラボ業者自体が販売する)もありますが、違いを知っておくことは重要です。

フレッツ光転用の典型的失敗事例

次に転用するときの失敗事例についてご紹介します。

これは先ほどご説明した電話セールスを受けた時に発生することがほとんどだと思います。多くの場合、

  • 営業電話がかかってきて「安くなるって言うから」という理由で言われるがまま転用してしまった

このパターンが圧倒的に多いです。

ややこしい用語やセールストークを振りかざして、うまく契約させられてしてしまうみたいです。

でも、「言われるがまま契約してしまった」ってあり得る??と感じられるでしょうか?

僕は疑問に感じました。いくらなんでも電話でホイホイ契約するかあ??という疑問ですね。

でも、ヤフー知恵袋なんかで調べると「言われるがまま契約した」パターンが想像以上に多いことがわかりました。

だからこれについてもご説明しておかないと、と思って書くことにしました。

フレッツ光転用の成功法則×3

以上のことから、まとめとしてフレッツ光を転用するときの成功法則3つを最後に書いておきたいと思います。

  1. 光コラボ業者と販売会社の違いがあることを知る
  2. 電話で申し込まない
  3. 知名度がある大手系の光コラボ業者を選ぶ

の3つが大原則になります。

ここまででフレッツ光を転用して光コラボに申し込むことについて理解を深めていただいたことと思います。

では具体的に、「どの光コラボ業者にすればオトクなのか」がそろそろ気になってきたでしょうか。

これについてもちゃんとした考え方がありますので、別途ご紹介させていただきます。それまでの間、しばしお待ちいただけますでしょうか。

今日はここまで!長文にお付き合いいただきありがとうございました。

インターネット回線なしでWi-Fi環境を作ることには全く意味がありません。

Wi-Fiを経由したインターネット接続の図
【図1】Wi-Fi、Wi-Fi ルータ、ブロードバンド回線、プロバイダーを経由して初めてインターネットにたどり着く

当ブログをご覧頂いている方の中には、インターネット回線(ネット契約やプロバイダーも含む)なしで Wi-Fi 環境を作れないか?と考えている方がいらっしゃるようですのでそれについて説明します。

答えは、「作れる」になりますが、より正確に言うと、「作れるけど意味が無い」になろうかと思います。

次の図を見てください。

アクセス回線、プロバイダー契約なしでWi-Fi環境にした図

【図2】ネット回線、プロバイダー契約なしで Wi-Fi 環境を作るとこのようになります。

スマートフォンやタブレットがあって、Wi-Fi ルータも設置されています。Wi-Fi ルータから Wi-Fi の電波を飛ばし、スマホとタブレットがその電波を使えるように設定することができます。

そこまでで終了、の図です。

図1と比較してください。図2の状態では、何をどう頑張ってもインターネットを楽しむことができないのは明らかですよね。

だから例えば電気屋さんやアマゾンなどで Wi-Fi ルータを買ってきたとしましょう。それだけを揃えて Wi-Fi の設定を終えたとしても、インターネット回線やプロバイダーの契約がなかったら図2の環境にしかならないわけです。

図2の状態を作りたいわけではないですよね?やりたいことは、

  • Wi-Fi を使って(自宅でも)インターネットを楽しみたい

のはずだと思います。

だから、インターネット回線やプロバイダーがないまま Wi-Fi だけセットアップすることは「できる」のですが、「全く意味が無い」と考えています。

ご参考になりましたでしょうか?

参考ついでにフレッツ光を使う場合の「自宅からインターネットにつながるまで」を説明している図も掲載しておきます。

フレッツのインターネット接続のイメージ図
フレッツ光のインターネットに接続する図 ( NTT 東日本公式サイトから )

軽く説明を加えますと、

  • 自宅と NTT 東日本までアクセス回線(ブロードバンド回線)で接続されます
  • NTT 東日本とプロバイダーが接続されます
  • プロバイダーを介してインターネットに接続されます

このようになっています。