グラフ

【ワイマックス料金比較】2年契約のトータルコストをグラフで説明 2016年10月版

グラフの一番下の青い線が GMO とくとく BB の2年間のトータルコストです。一番安いことが視覚的にわかりやすくなっています。

2位が Broad WiMAX、3位に So-net WiMAX が続いています。

キャッシュバックなしの料金プランを主に比較しています。ワイマックスはキャッシュバックがないプランで、月額料金が安いものが好ましいという考えがあるためです。

最初にかかってくる事務手数料 3,000 円とユニバーサル料金(数円?)は含めていないです。

ワイマックスのオススメ業社のランキングはこちらから ↓

キラリと光る!ワイマックスのおすすめ業者ランキング(最新版)

最新版!ワイマックスのキャッシュバック額をグラフで視覚的に比較してみた!

ワイマックスのキャッシュバック型業社がいったいどれだけのキャッシュバック額を謳っているのかを見やすい棒グラフにしてみました!

※2016年9月17日作成

※2016年9月20日修正

青とか赤とか緑の棒グラフをさわってみてください。各ワイマックス業社の名前とキャッシュバック額が吹き出して表示されます。

キャッシュバック額の大きさでベスト3をランキングにしてみると、

【1位】GMO WiMAX 33,000 円



【2位】3WiMAX 28,000 円



【3位】DTI WiMAX 25,000 円




という結果になりました。

ワイマックスでキャッシュバックっていうと、やっぱり GMO とくとく BB さんが強いと思います。昔からコレは変わらないですね〜。キャッシュバックがたくさんもらえるワイマックス業社を探しておられる方は迷わず GMO とくとく BB をオススメします。

キャッシュバック額はときどき変わると思うので、また時期をおいてこのページを更新したいと思います。

このブログには、「WiMAX キャッシュバック」で検索してこられる方が多いようですので、参考情報としてグラフで見やすく作成してみました。ご参考になさってください。

※僕のおすすめワイマックス業社は こちら から。

【ワイマックス料金比較】2年契約のトータルコストをグラフで説明 2016年7月版

【このページを作った経緯】ワイマックスの比較サイトもいろいろありますが、文字でずらずら書いているサイトばかりです。それでは見難くてしょうがないので今回ちょっと頑張ってグラフにしてみました!

ワイマックスの料金比較を見やすいグラフにしました。Broad WiMAX の料金の安さが際立つ結果となりました。

Broad WiMAX と 3WiMAX は 1 ヶ月目の料金が日割り計算になりますが、このグラフでは日割り計算せず、最初の 1 か月目の料金がまるまる掛かった場合を想定してグラフにしています。

だから、Broad WiMAX を契約して使いはじめる日が、月の半ばである場合は、もう少し安くなることになります。

この折れ線グラフは、縦軸がトータルコスト(単位:円)で、横軸が時間(1ヶ月単位)を表しています。

グラフを見やすくするために最初の 19 ヶ月間のデータは非表示にしていますが、ワイマックス業社各社の料金の 25 ヶ月トータルを折れ線グラフにしています。

なぜ 25 ヶ月かというと、ワイマックスはどの業社も 2 年契約が基本ですが、最初の 1 ヶ月+ 2 年という形になっているので、実際は 2 年+ 1 ヶ月(25 ヶ月)の契約になることがほとんどです。

グラフを見ていただくと、多くの線が重なり合っている一方で、1つだけ青の線が下の方にあるのが特徴的だと思いますが、

これが Broad WiMAX です。

25 ヶ月のトータルコストが約 90,000 円弱で、圧倒的に安いことがグラフにすることで明確化されています。

ここで以下のような疑問が湧いたでしょうか?

そうはいっても、ワイマックスって申し込んだらキャッシュバックが2万円とか3万円くらいもらえるんでしょ?このグラフはそれも盛り込んで考えているのか?

答えはノーです。

キャッシュバックのことなど考える必要がないからです。もっと正直に言わせていただくと、ワイマックスのキャッシュバックのことを考えること自体が時間の無駄です。

これについては、キャッシュバック型業社、非キャッシュバック型業社があることを理解する必要があります。この点については こちら で詳しく説明していますので確認してみてください。

※僕がおすすめするワイマックス業社のランキングは こちら のページからご確認頂けます。