自宅ワイファイまだのドコモユーザ必見〜6月1日以降にワイマックスが変わるよ!

今日のお題

2017 年 6 月 1 日、無線インターネットの王者である WiMAX 2+ (以降ワイマックスと書く) が変わります。今日はそれについて説明します。

ワイマックスをさらっとおさらい

ワイマックスは 2009 年のサービス開始以降、さまざまな改良を重ね続け 2016 年の第三四半期には契約数が 2,300 万件を突破しました。

ワイマックスは、持ち運びできる無線ルーター(煙草の箱が薄くなったくらいの大きさ)を使って、どこでもワイファイできる環境を作ってインターネットを楽しみます。

今回ワイマックスの何が変わったのか?

サービス開始当初のワイマックスはワイマックスの電波しか使うことができませんでした。しかし今は、ワイマックスの無線ルーターがワイマックスの電波+ au の電波(スマホの au の電波) の両方を掴んで使えるようになっています。

どうしてワイマックスなのに au の電波が使えるようになったか?についてご説明します。ワイマックスの電波はドコモや au、ソフトバンクの携帯会社の電波と比べてしまった場合、どうしても提供エリアが小さくなってしまうという問題があります。しかし通信スピードはワイマックスに軍配が上がります。

で、そもそもワイマックスは au と同じ KDDI グループの UQ WiMAX という会社が始めたものですから、au の電波も使えるようにすることでサービス提供エリアの漏れをなくそうということで始められたわけです。

それ、 ( ・∀・)イイ!!

と思っちゃいますが、au の電波も使える機能であるハイスピードプラスエリアモードは、オプションで別料金です!その額なんと毎月 1,005 円!これは高い!でも、ハイスピードエリアプラスモードを使わない月はこの 1,005 円はかかりませんのでそこは安心であります。

僕もワイマックスを使っていますが、ハイスピードプラスエリアモードは絶対に使わないようにしています。

それが今回 6 月 1 日の申し込み分から 1,005 円がかからないかたちでハイスピードプラスエリアモードが使えるようになりました!だから、ワイマックスに興味はあるけど電波の強さに不安がある人にとっての安心材料が増えることになりました。「au の電波が弱くて使えない」という人は日本全国をさがしてもそんなにいらっしゃらないと思うからです。

ただ、良いことばかりではなくて、このサービスに申し込む場合、3 年契約が前提になってしまいます。この点だけ問題なければ、自宅ワイファイを始めたいドコモユーザー(いや、ドコモユーザーに限った話じゃない気がしてきた)は、要チェックですよ!というのが今日書きたかったことです。

だって、3 年つったって月額はめちゃくちゃ安いですから。こちら ↓ の GMO とくとく BB のワイマックスなら今でさえ月額 2,699 円〜です。

余計なオプションつけないように申し込むのがオトク!余計なキャンペーンのオマケ等ももらわないのがおすすめ!というのが僕の考えです。オマケ貰ったりすると、その分月額料金がアップしますからもらわないほうが良いと僕は思ってるんです。

3 年契約つったって月額はめちゃくちゃ安いですから 1,005 円もかからない形になったので、値段的なオトク感はグーン!とアップしたと言えるでしょう。

【au ユーザー専用】iPhone + Wi-Fi を家でさくっと始めるシンプルな方法!

今日は au の iPhone ユーザーの方専用の記事を書きます。テーマは、家で Wi-Fi を始めるシンプルな方法です。

オトクな方法であることは言わなくても当然な条件だと思いますので、これも含めた形でご紹介します。

基本となる考え方は、こちらのドコモ編の記事 と共通していますのでご一読いただければスムーズかと思います。

要は、

  • 有線インターネット回線
  • 無線インターネット回線

のどちらを選ぶのか?という選択になるわけなのですが、まずは有線インターネット回線から行きます。

au の場合、光回線の選択肢は 3 つある

au の iPhone ユーザーの方が、自宅インターネット回線とスマホ代のセット割を受けることができるのは2つあります。いきなり結論ですが、

  • NTT 系の光回線
  • KDDI 系の光回線
  • NURO 光

のどれにするか?になります。

ここは非常にややこしいので、ごゆっくりと読み進めてください。

(1) au ユーザーにオトクな NTT 系光回線

これは、So-net 光コラボレーションと呼ばれる光回線になります。NTT 東日本、もしくは NTT 西日本のフレッツ光の設備を借り受けてソニー系の会社 (ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、通称ソネット) であるソネットが販売する形態を取っています。

NTT と So-net がコラボっている光回線なので光コラボレーションなんて洒落た名前をつけていますが、要はそれだけの話です。

で、この So-net 光コラボレーションであれば、au ユーザーのスマホ代が安くなるセット割が受けられます。

(2) au ユーザーにオトクな KDDI 系の光回線

今度は KDDI 系の光回線です。So-net 光 (au ひかり) と呼ばれる光回線です。名前がややこしいですよね!だからゆっくりと読み進めてくださいとお願いをいたしました。1つ1つひもといていきましょう。

まず、au は KDDI 系の会社です。で、この KDDI が日本全国に張り巡らせた光回線のことを au ひかりと呼んでいるわけです。それで、この au ひかりをソネットが販売しているから So-net 光 (au ひかり) という名称になっています。

この So-net 光 (au ひかり) も au スマホとのセット割があります。

さっきの NTT 系の光回線と比較してみると、

  • NTT の光回線 + ソネット → So-net 光コラボレーション
  • KDDI の光回線 + ソネット → So-net 光 (auひかり)

というわけです。

(3) セット割はないものの見逃せない NURO 光

常識的に考えて、スマホ料金とのセット割料金がある光回線の方がトータルでオトクと考えられますよね。しかし、よくよく計算してみるとそうでもないことがわかりました。

それが NURO 光 (ニューロひかり) です。テレビ CM などでご覧になったことがあるかもしれません。

NURO 光もソニー系の会社 (ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社) が提供していますが、これはソニー完全オリジナルで NTT 系回線でも KDDI 系回線でもありません。

なんでスマホとのセット割じゃないのにオトクなにか?と言うと、もともとの月額が安いこと+回線工事費が割引されることの2つが合わさっているからです。

逆に言うと、NTT 系回線、KDDI 系回線は回線工事費が掛かってしまうので、スマホとのセット割が合ってもその割引が薄まってしまうという感じです。

あと NURO 光は料金プランがすごくシンプルで考えるのが楽です。以下のような感じです。

  • 1 ヶ月目: 4743 円
  • 2 – 31ヶ月目: 4742 円
  • 32 ヶ月目以降: 4743 円

これにプラスして、タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンがあります。これを書いている 2017 年 4 月 17 日時点だと、「ご利用後 4 ヶ月後に 30,000 円のキャッシュバックがゲットできる」キャンペーンをやっています。ただし 2 年以内に解約すると返金を請求される可能性があります、と謳われているのでこの点は頭に入れておいてください。

また、スマホ・タブレット・パソコンを問わず利用できるウイルス対策ソフトも付く(無理に使わなくても良いのでご安心を)のですが、それが最大で 5 台まで使用できます。これもかなり金銭的メリットが大きいと思います。

それでもって NURO 光から提供される端末 (ホームゲートウェイと呼ばれています) には最初っから Wi-Fi 機能が内蔵されていますのでいちいち Wi-Fi ルーターを電気屋さんに行ったりして買ってくる必要もありません。

ただし、NURO 光の弱点は提供エリアが関東のみで全国でない点です。

ですから、関東エリアの方で au + iPhone を使われている方はまず NURO 光に申し込めるかどうかを下記サイトからチェックする!で良いと思います。

NURO 光に申し込めない場合には、以下にご説明する NTT 系か KDDI 系の光回線を選ぶのがよいでしょう。


au ユーザーにとって NTT 系と KDDI 系の光回線のどっちが良いのか?

ぶっちゃけ僕の考えは似たり寄ったりだなあ、、、です。

So-net 光 (au ひかり) のホームずっとギガ得プランを選びます。このプランは、毎月 3,500 円という光回線の中でもかなりお値打ち料金という点が最大のおすすめポイントです。

契約期間が 3 年となってしまいますが、毎月の支払いが安いほうが良いというのが僕の考えなのでこちらをまず最初におすすめ敷いています。ただし、そもそも話になるんですが、So-net 光 (au ひかり) の提供エリアにご自宅が含まれていないと申し込めないときはあきらめないといけません。

契約期間が 2 年のものだと、ホームギガ得プランというのがありますが、こちらの月額は

家でWi-Fiを使いたいiPhoneユーザーでドコモの皆さん、初心者とか気にしなくて大丈夫!

早い話、家で Wi-Fi を使いたいんだ!

というニーズにお応えすべく今日の記事を書いてみます。ネットを使うのはもっぱらスマホ、とくに iPhone だ!という人向けの内容になります。

過去にも何度か同じような記事をこれまで書いてきましたが、基本的な知識として知っておいていただきたいのが、

  • 家で Wi-Fi を使う = インターネット回線契約が必要

という点です。

それでどんなインターネット回線が良いか?を決める1つの判断基準として、

  • 無線インターネット回線
  • 有線インターネット回線

のどちらかを使うことになるということです。

マンションにお住いの方の中には入居したときから家賃に込みでインターネット回線が使える環境があるかもしれません。もしそれがある場合は、インターネット回線を新たに契約する必要はありません。

まずワイファイルーターを買うなり貰ってくるなりして手に入れて、そのワイファイルーターをインターネット回線に接続してあげれば済みます。これ以降は、そういった環境の方は除外して説明をすすめていきます。

家で Wi-Fi が使えれば良いだけ!という方の場合

この場合、おすすめは有線インターネット回線になります。なぜ有線インターネット回線かというと、無線インターネットの場合、自宅がその無線インターネットの電波が強いか弱いかってぶっちゃけわからないんですよ。

だから、「家でワイファイを快適に使いたいだけなんだ!余計なことはいいんだ!」という気持ちが強ければ強いほど、有線インターネットを選ぶべきなんです。

有線インターネットといえば今はもう光回線と断定してしまって良いくらいですが、スマホの月額料金とセット割が効く光回線を選ぶべきでしょう。ということで、

ドコモユーザーならドコモ光!

絶対という言葉は安易に使うべきではありませんが、ドコモ光が良いと思います。



ここでひと工夫です。ドコモショップ等で契約するのではなく、インターネット業界の巨大企業の1つである GMO さんを経由してドコモ光に加入するのです。

なぜこんなことをするのかといえば、その方が特典が良いからです。w

随分以前から GMO さんのドコモ光については知っていますが、いまも Wi-Fi ルータを 0 円でレンタルで使わせてくれるサービスが続いていますし、スマホとのセット割が激得ですし、今日 (2017 年 4 月 11 日) 見ても、回線を引き込む工事費が無料になるキャンペーンも継続しちゃってます。

余計なことを考えなくて家で Wi-Fi 使えるようになるので、ドコモの iPhone ユーザーには鉄板でおすすめです。

自宅+外出先でも Wi-Fi 使えるようにしたい!という方の場合

この場合は有線インターネット回線は選択肢から外れます。自宅に引き込んだ光回線を持って運ぶことができないからです。

だから無線インターネット回線になるわけですが、これはもうワイマックスしかありません。ワイマックスは無線インターネットのチャンピオンです。他と比べるようなライバルがいないことが問題な気もしますが、、、それはさておいてワイマックスです。

ただ、ワイマックスはいろんな業者から売られているので、そこでの競争があります。だから、これもキャンペーンがお得!という視点で選べばオッケーです。

あとはどこの業者のワイマックスを選べばいいかになります。で、僕の独自視点になりますが、ワイマックスは、

  • オマケがたくさんついてくるよりも、
  • キャッシュバック金額がどれだけ大きいのよりも、
  • 月額料金が 1 円でも安いワイマックスがよい!

ので、この視点から選ぶと GMO のワイマックスになります。なぜ 1 円でも安いワイマックスが良いか?の種明かしをします。

オマケがつくにしても、キャッシュバックにもらえるにしても、普通に考えればわかることだけど、それってあとあと支払う毎月の月額料金に少しずつ乗っかってくるだけだから、別にそのオマケとかキャッシュバックいらんし、どうしても欲しかったらあとで自分で買ったらええやん!になるからです。

だから、あとあと分割払いで追加料金が乗っかってくるオマケやキャッシュバックじゃなく、月額が 1 円でも安いのを選べば良い!っていうめちゃくちゃシンプルな結論になっちゃうってことです。

光回線もワイマックスも GMO が優れている状況については、他の業者さんも頑張ってくれ〜!と心の底から願っているんですが、こういうのは公平性というか客観性が大事なので致し方ありません。

ただ価格動向は常にウオッチしているんでまた目新しい情報が見つかったら書きますね♪

グッバイ東電。coincheck でんきからの電力供給がスタートしました!

昨日、1 月 25 日から、coincheck でんきがスタートしました!イーネットワークシステムズからメールが届いていてそれで気が付きました。

これで電気代を払いながらビットコインがもらえるようになります!微々たるものだろうけど、ただほんの少し支払金額が安くなるだけよりはマシかなと思っています。

ビットコインが実際もらえるようになるのはさらに1〜2ヶ月後くらいからになるんでしょうけど、また進展がありましたらお知らせいたします。

Tシャツを自分で作ってみようと思ってひっさしぶりにプリンターを買ってみた。

以前からやろうやろうと思って後回しにしていた T シャツの自作。面白そうなアイデアが出てきたので始めてみようと思います。

T シャツを自作する方法はいろいろあるみたいですが、デザインを普通の家庭用プリンターで印刷してそれをアイロンで貼り付けるやり方を選択。アイロンプリントと言うらしい。ということでまずはお買い物。

T シャツ自作に必要なものを買い揃える

インクジェットプリンターを買う

まずはプリンターを買うことから。前回プリンターを買ったのは何年前だったか忘れてしまったがたしか HP 製だったと思う。アマゾンと価格コムで調べてみるとなんとなくキャノンが売れている印象が強い。以前はエプソンが強かったと思うんだけどなあ。

ま、そんなこんなでエプソンの TS8030 を選択。画質はキレイなのが良かったので新しいモデルにしました。色は赤で!あとは Wi-Fi に繋げられれば良いというくらいの感覚ですね。

アイロンプリントペーパーを買う

このアイロンプリントペーパーに印刷したものを T シャツにアイロンで押し付ければできあがるらしい。ということでコクヨを選択。アイロンプリントペーパーを転写紙と呼ぶこともあるようだ。

T シャツを買う

ポイントは、生地が綿であることと安くて良さそうなものというくらい。ユナイテッドアスレという会社が販売している T シャツにしてみました。適当にチョイスしました。w

以上で買い物は終わり、のはず。足らなければまた買うことにしよう。

T シャツ自作にあたって気になること

やっぱり何回洗濯したらアイロンでくっつけたのがボロボロと崩れはじめるか?ですね。これは作りながらまたご紹介していこうと思います。