【ドコモ万歳】格安SIMを使うメリット、ドコモユーザー全員がすでに持っている!

今日は、格安 SIM についてご説明するとともに、ドコモユーザーが格安 SIM を使うメリットについて紹介していきます。ソフトバンクユーザー、au ユーザーの場合、あまり参考にならないかもしれません。

「いまドコモ使ってるんだけど格安 SIM って何?」っていう方にこそ読み進めていただければと思います。

格安 SIM とは何か?

ここ数年で一気にブームになってきた格安 SIM。「格安」といっている以上、スマホの何かが安くなるという理解で大丈夫ですが、ここではこれまでのケータイ業界を一度振り返ってみましょう。

一昔前には PHS というケータイもありましたが、今はもう実質的になくなってしまいました。ウィルコムとかアステルといったブランド名でよくテレビ CM もやっていましたね。で、ケータイといえばソフトバンク、au、ドコモの3社しか選択肢がないような状況に集約されていきました。それはスマホ全盛の今も続いています。

格安 SIM はここに新たな選択肢を提供するものです。

つまり、新たなケータイ会社が生まれ、そのサービスが既存大手3社(ソフトバンク、au、ドコモ)の料金プランよりも格段に安い、だからこれを格安 SIM 業社と呼ぶようになりました。既存大手3社以外からスマホを買って良いようになったわけです。しかも格安で。

今とても多くの格安 SIM 業社が誕生しています。「格安」と聞くと品質が心配になりますが、ほとんど全ての格安 SIM 業社が、実はドコモの通信設備を借り受けてサービスを提供する形態を取っていますので、そのドコモと同等と考えて良いでしょう。基本的に大きな心配はないといえます。

これが格安 SIM が生まれてきた背景です。

ドコモユーザーが格安 SIM を使うメリットとは?

シムロックという言葉はもう皆さんお聞きになったことがあるでしょう。ドコモで買ったスマホにソフトバンクの SIM カードを挿しても使えない。これをドコモの SIM でしか使えないようにロックされている(= SIM ロックが掛かっている)と言うようになりました。

だから、ドコモから au もしくはソフトバンクに乗り換える場合、必ずと言ってよいほどスマホ自体を買い換えないといけないことになるわけです。今使っているスマホそのままで au かソフトバンクを使いたいと言ってもスマホが機械的にドコモの SIM カードでしか使えないようにロックされているからです。

【注】携帯大手3社は SIM ロック解除してくれるようになりましたが、たとえばソフトバンクでは「SIM ロック解除機能を搭載した製品」じゃないと SIM ロック解除できないなどいろいろややこしい点があります。

しかし「まだこのスマホ使えるよ」という場合に、新しいスマホを半ば強制的に購入しないといけないことになるということは、その新しいスマホを分割もしくは一括で買わないといけないわけで、余分な出費だと考える人もいるでしょう。

「格安 SIM に乗り換えてスマホ代安くしたいけどスマホ本体を新しく買わないといけないんだったら今のままドコモにする」と決めた方もいらっしゃるかもしれません。

ここです!重要なのは。

さきほど、ほぼすべての格安 SIM 業社がドコモの通信設備を借り受けてサービス提供していることをご説明しました。ドコモの通信設備を使っていますので、格安 SIM 業社が販売する SIM カードはドコモで買ったスマホがそのまま使えるというケースがほとんどなんです。

スマホ本体を買い換えなくてもいいわけです。ドコモを解約して格安 SIM 業社と契約して SIM カードだけ差し替えてオーケーという環境が整っているんです。だから、ドコモユーザー全員は今すぐ料金プランをチェックして安くなるかどうかを確認するべきです。

それで二年縛りがちょうど切れる頃であればタイミングとしてはバッチリでしょう。格安 SIM 業社の選び方としては信用できる大手企業を選んで、そこから「どれくらいのデータ通信量(注:「料」ではない)が必要か」に応じてプランを選ぶだけでスコンと安くなる人がとても多いことでしょう。

その上で、スマホが古くなってきたら「そろそろスマホ買い替えようかな〜っ」て感じでスマホだけ買い換えれば良いと思います。もちろん格安 SIM に申し込むタイミングで、

  • スマホを別途アマゾンとか家電屋さんで購入してくる
  • その格安 SIM 業社が販売しているスマホも SIM カードと同時に購入する

ということだって可能です。

※僕の場合はアップルのサイトで SIM フリーの iPhone を分割払い(手数料なしの分割回数で)で購入しています。

気になる電話番号だってそのまま引き継ぐことができるので安心です。

ソフトバンクユーザー、au ユーザーが格安 SIM に乗り換える場合には、格安 SIM がほとんどドコモの通信設備を使っていますので、ソフトバンクで買ったスマホ、au で買ったスマホがそのままでは使えないです。ソフトバンクショップ、au ショップでシムロック解除してもらえばいいんですが、さきほど説明したようにシムロック解除してもらえるスマホであるかどうかを調べる必要があります。

以上のことから、ドコモユーザーであればシムロック解除してもらえるかな?などと考えなくても、ほとんどの格安 SIM 業社の SIM カードが使えますので気楽に格安 SIM への乗り換えがやりやすい環境にあるといえます。

こちら ↓ の LINE MOBILE はドコモ系の格安 SIM 業社でいまとても注目されています。値段的にもかなりお手頃ですから一度チェックしておくと良いでしょう。

LINEモバイル

【ビットコイン購入までの手続き】2: coincheckでカード決済でビットコインが買えるようにする手続き

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを購入する時にカード決済が使えればクレジットカードのポイントが入るわけでおトクだと思います。その手続き方法をこれからご紹介します。

またこれと関わってくるのですが、coincheck はそのままだと 1 日あたり 50,000 円程度のビットコインしか購入できない仕組みになっていますが、

  • 携帯番号の登録
  • 本人確認書類の提出

この2つもあわせて行っておきましょう。これにより 50,000 円の上限を 1,000,000 円まで増やすことができるようになります。必要なものは身分証明書(僕はクルマの免許証を使いました)くらい。すべてスマホ操作で完結することができます。身分証明書はスマホのカメラで撮ってアップロードすることになります。

1:coincheck に携帯番号を登録する

coincheck のアプリで左上の三本線をタップします。

Buy with Credit Card をタップします。なぜか英語表記になっていますが、日本語だと「カードで購入」になっていると思います。

以下の画面になりますので「電話番号を登録する」をタップします。

以下の画面で携帯番号を入力して、

「SMS を送信する」をタップします。

「SMS を送信する」をタップすることで、入力した電話番号が勝手に国際電話番号に変換されました。ま、気にしないで良いと思います。すぐに SMS で 6 桁の数字(認証コード)が送られて来ると思います。

認証コードを入力して「認証する」をタップしましょう。

これでクレジットカードで購入するの画面にもどると、「電話番号認証済み」が確認できます。続けて本人確認書類の提出を行ってみます。

2: coincheck に本人確認書類を提出する

では続けて本人確認書類の提出です。といっても、住所を入力したりといった作業もあります。1つずつやっていけば大丈夫です。「本人確認書類を提出する」をタップして始めていきましょう。

本人確認書類の提出は

  • 住所等の入力
  • 本人確認書類のアップロード

2つを行っていきます。まずはどんな感じか写真でご覧ください。

本人確認書類アップロード時に入力が必要な事項

以下を1つずつ入力していきます。

  • 種別:「個人」か「法人」から選択する
  • 居住国:「日本」を選びました。
  • 氏名:漢字で名前を入力しました。
  • カナ氏名:カタカナで名前を入力しました。
  • 性別:「男性」を選びました。
  • 生年月日:西暦 (YYYY-MM-DD 形式) で入力しました。
  • 自宅住所:普通に入力しました。
  • 本人確認書類1:提出する身分証明書(僕はクルマの免許証)を手に持ち、自分の顔といっしょにスマホのカメラで撮りました。sample の写真の感じで OK です。
  • 本人確認書類2:免許証の表をスマホのカメラで撮りました。
  • 本人確認書類3:免許証の裏面をスマホのカメラで撮りました。

ここまでできたら「本人確認書類を提出する」をタップして手続き完了!早く手続き終わらないかな〜と思って待っていたら、3〜4時間くらいで終わりました!早くて嬉しい♪土日とかにやるともっと時間がかかるかもしれません。

coincheck からこんなメール ↓ が届いたら完了です!

ここまでできれば、一日に5万円までしか購入できないビットコインの上限が100万円にまでアップします。iPhone で coincheck のアプリを立ち上げてみると、

この通り。100 万円分まで購入できるようになりました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【ビットコイン購入までの手続き】1: coincheckのアカウント作成手順

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインを買うために coincheck を使うことにしました。

coincheck はスマホアプリがあるのでまずはそれをインストールしました。iPhone にインストールしました。タップして起動します。

最初に coincheck のアカウントを作成する必要があります。
  • メールアドレス
  • パスワード
を入力します。

以下のように入力したら Sign up をクリックします。

入力したメールアドレスに確認メールを送ったので、その中にあるリンクをクリックするように言われます。

僕は Gmail を使っているのですが、このメール確認の操作はパソコンで行いました。

メール本文の中のリンクをクリックすると以下の画面が立ち上がり、日本語で表示しますか?と聞いてきたので「はい」をクリックすると、

以下の画面になりました。

スマホの画面に戻ってみるとこのようになっていました。

ここまでで coincheck のアカウントが作成できました。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインマイニングをあきらめた僕がビットコインを増やすためにBitClubに登録してみた

ビットコインのマイニングを個人でやるには到底ムリということが今更ながらハッキリとわかったので、すっぱりと諦めました。

しかしビットコインは今後保有したり増やしたりしていきたいと考えていたので何か方法はないかと思っていたところ、ビットコインを自分でマイニングする代わりに、ビットコインをマイニングしている大手グループに個人として投資案件のように参加できるものがあることを知りました。

で、いろいろ自分で調べた結果、リスクもあるだろうけど取り組んでみようと思い、この投資案件のようなマイニングサービスである BitClub (ビットクラブ) に入会しました。BitClub に入会することでビットコインを手に入れ、増やしていくことができると考えたわけです。

今日は BitClub 入会の手順(BitClub のアカウント作成まで)を書いておきます。続きの手順は別記事にしてご紹介させて頂く予定です。

BitClub の入会は Web から可能でパソコンで行いました。それでは手順を1つ1つご説明します。

1:まずビットクラブ公式ページ (https://bitclubnetwork.com) ↓ にアクセスします。

2:次に、右上の言語設定を日本語(日本人と表示されているがそこは無視して大丈夫)に変更します。これ以降、ところどころ不自然な日本語が見られますが翻訳が上手くできていないだけだと思います。

3:「サインアップ」をクリックします。

4:以下の必要事項を入力します。半角文字で入力してください。

  • 名:名前(アルファベットで入力しました)
  • 姓:名字(同じくアルファベットで入力しました)
  • メール:メールアドレス(普段使っている Gmail を入力しました)
  • ユーザー名:僕の名字そのままをアルファベットで入力しました。すでに希望するユーザー名が他の人に取得されている場合は違うものを設定する必要があります。
  • パスワード:大文字小文字、特殊文字、数字混じりのしっかりとしたパスワードにしました。
  • パスワード確認:同上

ここから先の画像は、僕が入力したときの画像ですので参考になさってください。

5:必要事項を入力したら内容を再度確認してから「アカウント作成」をクリックします。

6:入力したメールアドレスが正しいことを確認して、「Send Verification Code」をクリックします。

7:認証コードを確認するためにメールをチェックして下さいといった表示が出るので、メールを確認します。

8:メールボックスを確認すると BitClub から認証コードが書かれたメールが届いていました。

9:メールで送られてきた認証コードを入力して「Verify Email」をクリックします。

10:「Email verified!」と表示されれば成功です。これで BitClub のアカウント作成が完了しました。

ここで一区切りつけることができますので、この記事はここで終わりにします。ビットクラブのマイニングサービスに参加するにはあと2つ=合計で3つの手続きが必要です。一度にやってももちろん OK ですが、時間の都合もあるかと思いますので区切りをつけられるところで一旦やめていただいて大丈夫です。

ビットクラブのアカウントを作るだけでは料金は一切発生しません。しかしもちろんビットコインのマイニングに参加することももちろんできないという状態になっています。

このあと必要な2つの手続きは別のブログ記事2つにわけてご紹介する予定です。以下が必要です。

  • ビットクラブアカウントのアップグレード
  • マイニングプランへの加入

どちらも有料になり、その支払をビットコインで行う必要があります。で、「ビットコインなんてまだ持ってないよ」とか「どうやって購入するのかなんてわからない」という方もいらっしゃると思います。だから、上記2つの手続きをやる前に、ビットコインを所有するという作業が別途必要になっています。これについても当ブログでは丁寧にご紹介していきます。

ここで一区切りつけるという考えが出てきたわけです。

更に先にご説明しておくと、ビットクラブアカウントのアップグレードには 99 ドル相当のビットコインが必要です。マイニングプランへの加入に当たっては、4つのプランがあり、

  • 500 ドル
  • 1000 ドル
  • 2000 ドル
  • 3500 ドル

というラインアップになっていますので、どのプランにするかを決めた上でビットコインを保有しておく必要があるわけです。

ちなみに僕は 3500 ドルのプランで始める予定にしています。

【仮想通貨をわかりやすく解説】ベタな例えと他の用語との対比で1回でまとめて理解しよう!

数年前から仮想通貨のことをよく見た入り聞いたりするようになってきましたよね。

しかし、イマイチよくわからない。というのが最初に抱く疑問ではないでしょうか?僕もよくわからなかったのですが、いろいろ調べて&考えて「理解できた!」と自分でと言えるレベルにまでなりました。

だから今日は、仮想通貨のことを他の類似用語と対比しながらわかりやすく説明します。最初は大雑把なところから理解していただくのが良いと思うので、ステップバイステップで説明していきます。

じっくりと読み進めていただければ、あなたも仮想通貨とそれに関連する用語について少なくとも大枠のことは理解していただけるはずです。それでは、はじめていきます。

仮想通貨とは新しいカタチのおカネのこと

「通貨」と言う以上、仮想通貨もおカネの一種です。つまり、

  • 日本の円
  • アメリカのドル
  • ヨーロッパのユーロ
  • 中国の元
  • フィリピンのペソ

と同等のものです。

ではなぜ「仮想」と言うのか?

それは、上に挙げたような既存の通貨には紙幣や硬貨といった物体(現物)があるのに対し、仮想通貨には紙幣も硬貨もありません。現物がない電子的なものなんです。

「現物がない = 現実じゃない」 → だからこれを「仮想」と呼ぶようになり、「仮想通貨」と言われるようになったのだと思います。まずは、このように大雑把に理解していただくと良いでしょう。

電子マネーとは何が違うのか?

「じゃあ電子マネーと何が違うの?」という疑問が頭に浮かんだのではないでしょうか。それについて説明します。

電子マネーも現物がないおカネ相当のものという意味で仮想通貨と同じですが、大きな違いとして1つ挙げられるのは「特定の組織が発行しているか否か」です。

電子マネーの例として、ワオンやナナコといったコンビニでの買い物で使用できるものや、イコカやスイカといった電車に乗る時の運賃として使用できるものがありますよね。

これらは、ワオンならイオングループが提供する電子マネーですし、ナナコならセブン&アイグループが提供する電子マネーです。イコカやスイカは JR 西日本・JR 東日本が提供している電子マネーになります。つまり、必ず特定の組織が発行しています。当然といえば当然です。

しかし、仮想通貨は違います。特定の会社組織が発行するものでなく、不特定の参加者がコンピューターをインターネットに接続して演算処理を行う過程で生み出されるものです。

生み出された仮想通貨は参加者に分配される仕組みになっています。ちなみにコンピューターを用意して演算を行って仮想通貨を得る行為を採掘(マイニング)と呼んでいます。

暗号通貨とは何なのか?

次が暗号通貨との違いです。これもよく耳にしますよね。

僕は以前、「仮想通貨だっけ?暗号通貨だけ?あれ、どっちも同じもの?」という疑問をよくいだいていました。これについては実質的に同じものを指しているという理解で良いと思います。

ではなぜ仮想通貨と言われる一方で暗号通貨とも言われるのか?それは、仮想通貨がコンピューターで演算することで得られることを先ほど説明しましたが、この演算が暗号関連技術の処理を行っているからです。

暗号関連技術の演算から生み出される通貨 → だから「暗号通貨」とも呼ばれている。そのように僕は理解しています。

ただ、今の段階では特に日本では「暗号通貨」と呼ばれることよりも、「仮想通貨」と呼ばれることの方が多いようです。だから当ブログでは仮想通貨という用語を当面は使っていきますが、どちらも同じものを指しているということで大丈夫だと思います。蛇足ですが英語では crypt currency と呼ばれることが多いです。

ここまでで、仮想通貨とは何なのか?電子マネーとの違いは?暗号通貨との違いは?についてご理解していただけたのではと思います。

ビットコインとは何なのか?

「仮想通貨」という言葉と同じくらいの頻度でしょっちゅう耳にするのが「ビットコイン」ではないでしょうか?何度も見聞きすると、なんだか2つで1セットのように聞こえなくもありません。

これについても整理しておきましょう。

そもそも仮想通貨にもいろいろあります。ビットコインはその中の1つです。現物の通貨をたとえにすると、

  • ドル
  • ユーロ
  • ペソ

と言った具合にいくつかの種類があります。仮想通貨も同様に

  • ビットコイン (Bitcoin)
  • イーサリウム (Ethereum)
  • リップル (Ripple)
  • ライトコイン (Litecoin)
  • モネロ (Monero)

など種類がいろいろあるんです。もうめちゃくちゃ多くの仮想通貨(おそらく 1000 種類以上?) がすでに存在しています。

じゃあ「なんでビットコインばっかり耳にするんだ?」という疑問が出てくるかもしれません。その答えは、ビットコインが一番多くの人に使われている仮想通貨だからです。2位のイーサリウムともとても大きな開きがありますので、ビットコインが圧倒的に有名な仮想通貨になっています。だから仮想通貨=ビットコイン的な紹介をされることが多いというわけです。

ビットコインの時価総額はこの記事を書いている時点(2016 年 12 月)で 14,522,700 US ドルにも達しています。日本円で約 1 兆 7000 億円です!

仮想通貨はどうやって手に入れるのか?

大きく3つの方法があります。

両替で仮想通貨を手に入れる

これまた現物の通貨を例に説明をします。たとえばアメリカドルがほしい場合、両替してドルを手に入れますよね。1 ドルが 100  円だとしたら、100 円を支払って 1 ドルを受け取ります。

仮想通貨も同じです。ビットコインがほしい場合、1 ビットコインが 100,000 円だとしたら 100,000 円を支払って 1 ビットコインを手に入れます。1 ビットコインが 100,000 円???と思われるかもしれませんが、これを書いている 12 月 23 日現在、100,000 円を突破しています。

仮想通貨はどこで両替できるんだ?とか、そもそも現物として存在しない仮想通貨を所有した(自分のものになった)と判断できる方法は?については後日あらためてご説明させていただきたいと思います。長くなっちゃいますし、今回は仮想通貨の入門、概要説明ということにさせてください。

マイニングで仮想通貨を手に入れる

自分でコンピューターを用意してソフトウェアを稼働させてマイニングすることで仮想通貨を手に入れることが可能です。可能ではありますが、現実的ではありません。というのも、個人が手に入るようなレベルのコンピューターではまったく歯がたたないからです。すでにマイニングで稼いでやろう!なんて人はゴマンといるわけで、潤沢な資金を使った専門企業がマイニングの主役になっています。

個人でもマイニングできないことはないですが実入りは少ないと思います。仮想通貨が1か月にいくらか得られるようなコンピュータを用意して自宅で稼働させた場合、普通のパソコンよりも音もうるさいですし電気代を差し引くと本当に稼ぎは少ないと思います。仮想通貨もいろいろありますが、一番人気のビットコインのマイニングは個人レベルでは絶対無理です。大きな倉庫・工場にコンピューターを何千台以上も稼働させている専門企業が競争相手です。勝てると思う人はいないでしょう。

僕も色気を出して儲けてやろうなんて考えて、ビットコイン以外のメジャーな仮想通貨でなんとかならないか?と思い、ググりまくったりユーチューブで調べましたが、「稼げなくて良い!勉強がてらやってみたい!」という動機以外ではやめておいた方が良いという結論に達しました。それなりのパソコンを 10 万円だして買ったとしてその 10 万円を回収するのに何ヶ月かは掛かるでしょう。

ほんの一時期は儲かるかもしれません。たとえばスタートしたばかりの仮想通貨でマイニングを始めて、その仮想通貨の値段が安い時にある程度マイニングで手に入って、その後大きく値上がりすれば先行者利益を取ることができると思います。期待はできると思いますが、そのスタートしたばかりの仮想通貨の値段があがることなく鳴かず飛ばずで終わってしまうリスクは小さくないと思います。

また、自分でコンピューターを用意せずクラウドサービスとしてマイニングサービスを提供している会社もありますが、これにお金を払ってはじめてみても実質的には儲からないという記事が多いですね。

あと、マイニングしている専門業者に一定額のお金(5万円程度から)を入れて、その業社がマイニングしているコンピューターを一定期間リースするようなサービスもあります。そこで採掘できた仮想通貨を分配してもらうようなサービスですね。これはちょっとした金融商品のような感じです。外貨預金の利息や投資信託の配当に近いですかね。長くなりますのでこれについては、別途マイニングについての記事を書くときにあわせてご紹介できればと思います。

買い物で仮想通貨を得る

これはまだ一般的になっていませんが、今後普及していくことが予見されています。

たとえば僕がワインショップを営んでいると仮定しましょう。お客様が来店されワインを購入される。その時、現金もしくはキャッシュカードで支払いがなされるのが今の一般的な決済手順でしょう。

これが例えば、僕のワインショップを「ビットコインで支払い OK のお店」にしていると、お客様はお客様がお持ちのビットコインを僕に支払うことでワインを手にされて帰られる。こういうことができちゃうわけです。

そう遠くない将来、こんな風に仮想通貨でお買い物する日が一般的になると思います。

ちなみに余談ですが、仮に僕がワインショップに限らず商売(特に店舗ビジネス)をやるとしたら、仮想通貨を導入する前に、「ドル使えます」とか、「ユーロ歓迎」、とか「中国元でお買い物していただけます!」ってやると思います。

せっかく海外から日本に来ていただいて自分のお店のドアを開けて入っていただけるのであれば、それくらいの利便性は提供して当たり前だと思うからです。法的にも問題ないですよね、たぶん。

これに加えてクレジットカード(中国の銀聯カードも)はもちろん、ペイパルなんかでもお買い物していただけるようにするでしょう。

仮想通貨を手に入れたら何が良いのか?

これも既存の通貨を例えに説明します。

資産分散の一環として外貨を保有するという考え方はすでに一般的なものになりました。円だけ保有するのではなく、ドルやユーロといった外貨も保有し資産を分散させましょうといった話をよく耳にしますよね。

円が強い時に米ドルを買っておいて円安になっていくと、保有しているドルの価値が上がります。逆に言うと円の価値が落ちたことになるのですが、円の価値が落ちた分をドルが高くなることで相殺できるようになります。

こういった考えから資産分散の一環として外貨も保有しましょうという動きが生まれてきました。

また金(ゴールド)についても考えてみましょう。金は当たり前ですが価値を持っていて、手に入れるためにはお金を支払う必要があります。そして金の価値自体(金の値段)が変化するものだということもみなさんご存知だと思います。

だから「今後、金が高くなる」と予測すれば今のうちに金を買っておこうという考えが生まれます。また、高くなるかどうかはわからないけど、資産分散の一環として購入しておくという考えもあるでしょう。

仮想通貨も同じように考えられます。たとえば一番人気の高い仮想通貨であるビットコインは、すでに外貨や金と同じように大きな価値を持ち、資産分散の1つとしてみなされるようになり始めています。時価総額が1兆7000億円もの規模になれば当然とも考えられます。ビットコインを手に入れるためには、お金を払って買うことができるわけですが、「今後ビットコインが高くなる」と考えるのであれば、外貨や金と同じように買っておこうという考えにつながります。

つまり、仮想通貨を手に入れると何が良いのか?というのは、外貨や金と同様に資産分散の一環として保有する、という考え方があるわけです。

それ以外にも仮想通貨を保有するメリットはありますが、これも長くなりますので「仮想通貨のメリット」をテーマにした別記事を後日書いてみたいと思います。

仮想通貨のまとめ。類似用語との比較表

仮想通貨と他の用語との違いを表にまとめておきました。これでスッキリ理解できたでしょうか?