夜になるとネットが遅い、切れる、つながりにくい!その原因を誰でも特定できる方法

前置き

夜になるとインターネットが遅く感じられる方へ、簡単にできる原因切り分けの方法を通信機器のエンジニアの知識を活かしてご説明します。

頭に入れるべきポイントは3つだけ

ネットが遅いと感じるときに3つのポイントを頭に入れておく必要があります。どこに原因があるのか?に関して大きく言うと3つしかないからです。

  • 自分側
  • 相手側
  • ネット側(回線、プロバイダー)

です。1つずつ説明していきます。

ネットが遅い原因が自分側にあるとは?

たとえばスマホの速度規制を考えてみましょう。スマホに速度規制がかかっているとき、それは昼夜問わずネットは遅いのが当然ということになります。こういった場合、ネットが遅い原因は自分側にあると言えます。

また、パソコンの場合で考えると、パソコンの調子が悪い時や何か重たい処理が動いている時、これもネットが遅くなる原因となります。この場合も、遅い原因は自分側になると考えるべきでしょう。

しかし、このように自分が使っているスマホやパソコンに原因がない場合、相手側やネット側に遅くなる原因があると考えられます。

ネットが遅い原因が相手側にあるとは?

ここでいう「相手側」というのは接続先のことです。

たとえば、あなたがヤフーを見ているその時にたまたまヤフー側でシステムトラブルが発生したとしましょう。その場合、システムトラブルが原因でヤフーがなかなか見れないといった結果になります。

このようにあなたが閲覧するページを運営している企業や団体側のシステムに原因がある場合のことを相手側に原因があると表現しています。

ネットが遅くなる原因が自分側、相手側のどちらにもない場合は、次のネット側に原因があることになります。

ネットが遅い原因がネット側にあるとは?

これはあなたが契約しているインターネット回線やプロバイダーに原因がある場合です。

一番わかりやすいのが通信設備の故障です。回線障害とも言われますがこれが発生するとネットが遅くなります。

また、加入者が急増した際に起こりやすいのが輻輳(ふくそう)と呼ばれる現象です。要は、道が混んだ時の渋滞と同じことがネット回線で起こる場合です。これも当然ネットが遅くなる原因になります。

以上のように、「ネットが遅くなる」といってもその原因はバラバラであり、これらを分けて考える必要があるということをお伝えしたかったわけです。

何でもかんでもネットが遅くなったら「回線やプロバイダーが悪い」と考えがちですが、この考え方にならないように注意が必要です。

じゃあ、どうやって原因箇所を切り分けるのか?

切り分け方法をお伝えします。

切り分け1:違うサイトを見る、違うアプリを使う

ネットが遅いと感じたら、違うサイトを見てください。楽天が遅いと感じたら、ヤフーを見てみるといった感じです。なるべく大手サイトを見て早いか遅いかを感じ取ってください。

スマホアプリを使っていて遅いと感じたなら、まったく違うアプリ(なんらかの通信を伴うアプリ)を使って違いがあるかどうかを確かめてください。

このり分け1で変化がある場合、ネットが遅くなる原因は相手側の可能性が高いです。自分側に原因がないことは明らかです。この場合、早くその遅くなっている特定の相手側が復旧させてくれるのを待つか、他のサイトを見る・他のアプリを使うくらいしかできることはありません。

切り分け1を行っても変化なしの場合には、次の「切り分け2」に進んでください。

切り分け2:違うスマホ、タブレット、パソコンを使う

スマホを使っていて遅いと感じたなら、タブレットやパソコンを使ってみてください。もしスマホを2台持っているならもう1台のスマホを使ってみても良いです。何をつかうにしても、可能なら同じサイト・同じアプリで速いか遅いかを感じ取ってください。

これで変化が見られる場合は、最初に使っていたスマホ自身に原因があることになります。故障しているのか調子が悪いのか。再起動したら治るかもしれません。

タブレットやパソコンを使っていて遅いと感じた場合も同様に、違う機器を使って体感速度に変化があるかどうかを切り分けます。変化があれば、もともとの端末に原因があるということになります。

特定の機器に原因があるわけですから、これも自分側に原因がある1パターンと言えるでしょう。先ほど書いた再起動を試してみたり、画面にエラーメッセージのようなものが出るならそれをグーグルで検索して復旧方法を調べたりといったことができるでしょう。

これでもネットが遅いのが治らない場合は、サポート契約があるならそこに電話して聞いてみるとか、スマホやパソコンショップに修理の相談をすることが解決策としてできることになります。

切り分け2の違う端末(機器)を使っても、ネットが遅いのは同じだという場合、残る可能性としてはネット側ということになります。

ネット側に原因がある場合

これはもう回線やプロバイダーを変更する、乗り換えるといったことが解決策になります。

もう1つ、回線業者やプロバイダーが設備を増強して、ネット側の原因が解消されるのを待つか、ということもできますが、あまりおすすめはできません。。。いつやってくれるかわからないわけですから。

切り分け1と切り分け2をしっかりと行った上でネット側に原因があるとわかったら、回線もしくはプロバイダーの切り替えを検討しましょう。

Wi-Fi ルータが原因の可能性もある

ネット側に原因があるとわかった場合、ご自宅で Wi-Fi ルータを使われているなら、その Wi-Fi ルータを再起動してみてください。再起動のやり方は、コンセントを抜く・抜いたコンセントを差し戻す、が簡単です。

これで治っちゃえば Wi-Fi ルータに原因があることになります。これは古い Wi-Fi ルータの場合結構原因としてあると思います。頻繁に起こる場合、Wi-Fi ルータの買い替えを検討してみるべきでしょう。この場合、ネットが遅い原因は Wi-Fi ルータにあるわけですから、回線業者やプロバイダーを変更する必要はありません。

また、Wi-Fi ルータ以外に通信機器がある場合も、それらの危機を再起動してみてください。しっかりとやりたい場合は、

  • コンセントを抜く
  • しばらく(例えば 1 分くらいとか)待つ
  • コンセントを差し戻す

を行ってから変化があるかどうかを確認してください。

ぶっちゃけ、これで治っちゃうケースは少なくないと思うのでおすすめですよ。

これでも治らない場合は、残念ですが先ほどご説明した回線業者やプロバイダーの乗り換えの検討ということになってしまうと思います。

今日は吉祥寺のカフェでワイマックスと chromebook でブログ活動

今日は吉祥寺駅前のスタバにまで出動!ワイマックスと chromebook を持ってブログ活動をしてきました。

ゴールデンウイークの土曜とあってか人が多い。どこのカフェも混んでいます。入店したのが 17:30 頃ですがそれでもどこも混んでいます。

奥の方の席に座ったせいか、ワイマックスの電波は若干不安定。アンテナが2本だったり、3本だったり、タイミングによっては1本だったり。

今日もスピードテストをやってみると、下り 14.92 Mbps でした。

ま、合格点であります。大事なのはスピードテストの結果がどうであれストレスなく使えることですからね。

僕以外にノートパソコン持参でパチパチと作業している人も何人かいましたが Mac 使いでした。カフェで Windows 使っている人はビジネスマン風の人以外は見かけることが減ったと思います。僕は chromebook +ワイマックスです。chromebook は使ってみてわかったけど快適。このスタイルはしばらく変わらないんだろうなあ。

ワイマックスと chromebook 持って東中野の上島コーヒーでブログを書いた

ゴールデンウイーク3日目、今日は東中野にある上島珈琲でブログを書きました。

到着したのが 16:30 頃、少し開いている席があったのでラッキーでした。この時間からは空いていきましたので夕方以降に行くと座りやすいようです。小腹が空いていたので BLT サンドと黒糖ミルクコーヒーを注文。これ、なかなか美味しい。

席についたら早速ワイマックスのルーターと chromebook を取り出してブログ活動を開始!その途中でワイマックスのスピードを図ったところ、ダウンロードスピードが 29.77 Mbps となかなか良い。

2時間近くブログ書いたり調べ物したりしましたがネットが遅くてストレスに感じることはなかったですよ。

東中野の上島珈琲って店の位置的にあまり電波の通りがよくなさそうなんですが、常に3本くらい立ってましたからワイマックスの電波状況は悪くないです。

これから時々来ることになりそうです。

東中野駅直結のアトレにあるカフェ「デリフランス」でワイマックスのスピードテストを実施

今日はゴールデンウイーク2日目です。夕方 18:00 頃から東中野駅のカフェ「デリフランス」までやってきました。この時間だとゴールデンウイークであっても空いていて快適です。完全分煙で煙の匂いすらしないですから、そういったカフェを東中野で探している方は一度寄ってみては?

しかし、東中野ってロクなカフェがないんですよね。もうカフェ文化ゼロな街ですね。オサレなカフェがもっとできてくれないかなあ。個人的にはエクセルシオールとかが好きなんですが。

で、カフェで紅茶をいただきながら、chromebook とワイマックスのルーターを持参してブログを書いています。これです、これ。

やっぱり家の中だけでブログを書き続けるのって結構苦痛だったりするので、こういう息抜き+カフェブロガーは気分転換になってもバッチリです。

ワイマックスのスピードテストを実施すると、立っている電波が2〜3本ながらダウンロードスピードは 34.2 Mbps でした。

このスピードは悪くないんじゃないかと思います。SpeedSpot ってアプリを iPhone にインストールして使いました。どれくらい正確か知らないんですが、体感的にストレスのないインターネット環境をワイマックス君は提供してくれました。

会社帰りにもカフェによって、よくブログ書いています。chromebook はとても軽くてバッテリーの持ちが非常に良いから非常に重宝しています。個人的には MacBook Air よりも chromebook の方が外で使うのには便利なノートパソコンです。

自宅では MacBook Air を主に使っていますが早く新しいの買いたいです。いまだと MacBook Pro が欲しいです。

ワイマックス+chromebook は、カフェブロガーにとって最強な組み合わせの1つなのかもしれません。


【ドコモが高いと思う人専用】電波はドコモが良いから料金だけ見直して安くする方法とは?

ドコモに限らず、スマホ料金を見直したいと考えている人は少なくありません。

やっぱり毎月料金を支払いますから少しの値段の差が1年計算すると大きな金額に感じられるわけで、ちょっとでもオトクに使いたいと考えるのは自然なことです。

ドコモが高いといっても、電波的にソフトバンクや au では我が家は使えないといったこともあるでしょう。だからドコモのまま料金の見直しをしたいというニーズがあります。

そこで今日は、ドコモの電波が良いけど料金を見直したい、次スマホを買い換えるタイミングでオトクなプランに乗り換えたいという方を中心に僕のおすすめを書いてみます。

ドコモ、au、ソフトバンクの3者寡占が続いている

現在、日本のスマホ事情の問題点は競争が少なくなっていることです。もともとスマホが登場する前はドコモ1強に対し、au、ソフトバンク(古くは J-Phone やボーダフォン)が残りを占めるという状態でした。

しかし iPhone の登場以降、ソフトバンクが一気にシェアを増やし、割賦販売という手法で料金的なメリットを強く打ち出して競争が巻き起こりました。その後遅れながら au も iPhone を売り出して息を吹き替えし、でドコモが一番最後に「今頃遅いよ感」丸出しで iPhone を売り始めました。

この結果、ドコモ1強が崩れたことは良かったのですが、3社ともに特徴がなくなってしまい、寡占体制のもと競争も以前ほどはなくなっちゃったと思います。

そこで登場してきた新たな流れが、格安 SIM です。

格安 SIM とは?

ドコモ、au、ソフトバンクの3社しか実質的な選択肢がなかったところに現れたのが格安 SIM。あらたな選択肢です。

簡単に言うと、月額料金をガクン!と下げた形で売り出されている SIM カード(携帯サービス)です。

格安 SIM 業者は非常にたくさんあって、雨後の筍と言わんばかりに競争が巻き起こっています。賢い消費者となるべく、この競争を歓迎し、賢く利用していきましょう。

格安 SIM 業者は、自前で通信設備を持たなくて良いので多くの企業が参入しました。通信設備はドコモや au から借り受けて自社ブランドで格安 SIM を販売しています。

といっても、ほとんどの格安 SIM 業者はドコモの通信設備を借り受けています。つまり、電波はドコモと一緒ということなんです。だから、電波はドコモじゃないとダメー!という人ほど、格安 SIM を選択するべきだと思います。

僕はどんなプランを使っているのか?

僕はスマホは iPhone をずーーーっと、3GS の時代から使い続けています。で、最近はアップルのサイトからシムフリーの iPhone を分割払いで買っています。

SIM カード(通信サービスの契約)は、格安 SIM 業者の1つであるビッグローブさんを使っています。

iPhone を安く買うことは困難ですが、これはしょうがないと受け止めています。スマホは iPhone じゃなきゃやだー!という人も多いと思いますが、であればこそ SIM カードは安く使いたいですよね。

そういう考えで、ドコモ、au、ソフトバンクの既存大手3社はもう使っていませんし使うこともないかと思います。格安 SIM で良いところがあればそこを使う。これに限ります。

格安 SIM はどこの業者が良いのか?

僕は LINE モバイルが良いと思います。今はビッグローブを使っていますが、タイミングを見計らって LINE モバイルに替えようと思っています。

なぜなら、LINE モバイルなら僕がよく使っている Facebook と LINE を使うときの通信データ量は無制限だから(カウントされない)です。ついでに言うとツイッターとインスタグラムで使用したデータ量もカウントされないので、データ通信容量が少ない料金プランでも速度制限なしで使える → 月額を抑えて使うことができる。これにつながってくるんです。

よくわからない格安 SIM 業者は避けるのが鉄則

先程雨後の筍のごとく格安 SIM 業者が競争を繰り広げていると書きましたが、これから弱いところは淘汰されることが予想できます。

通信サービスというのは、電気やガスと同じで普段の生活になくてはならないインフラ、ライフラインです。そしてこのインフラ産業というのは大きな資本を持った企業でないと運営がままなりません。

電気会社、ガス会社をイメージしてください。どこも大企業ですよね。小さな会社がやっているなんてことはありません。ひとことでいって「体力勝負」な業界だからです。

だから、格安 SIM 業者においても、大手とか有名企業じゃないと生き残れないと考えたほうが無難です。

同じドコモの通信設備を借り受けて提供している格安 SIM 業者であっても、通信スピードが速い・遅い、といったことが起こりえます。たとえば、格安 SIM 業者が利益を増やしたいと考えたとき、簡単にイメージできる解決策は、以下のようなものです。

  1. ドコモから借り受ける通信設備を少なくする
  2. なるべく多くのユーザーを収容する

この結果何が起こるか?

1のドコモから借り受ける通信設備を小さくすればするほど、収容できるユーザーの数は少なくなります。道路に例えるなら、広い道路ではなく細い道路になるとイメージしてください。

2の多くのユーザーを収容するというのは、一箇所に多くの人を集めることを意味します。

よって、細い道に多くの人が集まったら何が起こるか?混雑します。だから通信スピードが遅くなるという現象が起こります。あけおめ、ことよろのメッセージがなかなか届かないのと同じことが起こるわけです。非常にシンプルです。

大手ではない格安 SIM 業者が、体力勝負についていけなくなったとき、これをやる可能性が高いです。それで損を被るのは、その格安 SIM を契約してしまったユーザーです。僕は一度この被害に遭遇しました。だから、なるべく大手で有名な企業の格安 SIM を選ぶべきだと考えています。LINE モバイルは言うまでもなくこの条件を満たしています。

  • どれくらい料金が安くなるのか?
  • 1年後、2年後はどうなのか?
  • スマホ本体の代金と足して計算するとどうなのか?

このあたりのことを LINE モバイルのサイト  から電卓でも用意して検討してみてください。

LINEモバイル

計算するまでもないほど安くなっちゃう。しかも電波は今までと同じドコモの電波が使える。そういう人は少なくないと思います。