coincheck でんきを申し込んだあと、1日でイーネットワークシステムズから登録完了メールが来た。

coincheck でんきに申し込んでから1日で次のメールが届きました。案外早いなという印象。もっと時間がかかると思っていたが。こんなメールが届きました。↓

coincheck でんきというサービス名ではありますが、実際に電気を我が家に販売してくれるのは小売電気事業者である株式会社イーネットワークシステムズさんというわけです。

電力自由化が日本で始まったのが 2016 年 4 月かららしいので 9 ヶ月を経てついに東京電力さんから離れることになりました。はやく電力供給開始になってビットコインが付与されるのを見てみたい!

coincheck でんきのビットコイン付与プランに申し込んだ手順

coincheck でんきについておさらい

  • ビットコイン付与プラン
  • ビットコイン決済プラン

の2つがありますが、「ビットコイン付与プラン」に申し込むことにします。

ビットコイン付与プランは「これだけ安くなった」という電気代分のビットコインを貰えるサービスです。電気代は金額的には安くならないですが、安くできた分のビットコインをもらうという内容です。

coincheck でんきの申し込みにあたって準備するもの

  • 現在使っている電力会社の検針票

東京電力の検針票
東京電力の検針票

「供給地点特定番号」というのも必要ですが、これは検針票にかかれています(上記の写真のピンク枠の箇所、地点番号というのが該当します)ので検針票があれば大丈夫です。この写真は東京電力のものですがどこの電力会社も似たようなもんじゃないかと思います。

coincheck でんきに申し込むためには、

  • coincheck のアカウント登録
  • 本人確認書類の提出

も必要ですがそれは終わっていることを前提にして進めていきます。

あと注意点として、coincheck といま使っている電力契約の名義が一致している必要があることと、支払いはクレジットカード払いオンリーです。

パソコンで coincheck でんきに申し込む

パソコンで自宅から行いました。スマホからでもできるんでしょうけどパソコンから行いました。ではここから具体的な申込方法を書いていきます。

coincheck に申し込んだ方法

coincheck でんきの申し込みページ にアクセスします。ログインが必要ならログインします。以下のページが開きますので内容を確認しつつ、一番下のボタンをクリックして手続きを進めていきます。

ENS というのはイーネットワークシステムズという会社名で、ここと coincheck が協業して実現しているのが coincheck でんきなんだと思います。

coincheck でんきの申し込み:入力事項いろいろ

たくさん入力事項がありました。w ビル名を全角で入力しろとかけっこう融通の効かないポンコツ入力システムです。以下のような感じで入力しました。

入力と検針票画像のアップロードが完了したら「入力内容を確認する」をクリックします。

ここから申込内容の確認が表示されます。修正の必要がなければ「この内容で送信する」をクリックします。

次にクレジットカードの決済画面が出てきます。「クレジット決済画面へ」をクリックします。

クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力したら「次へ」をクリックします。

クレジットカード情報の確認画面です。「登録」をクリックします。

以下の画面が表示されたら「トップページに戻る」をクリックして終了です。

申し込みを受け付けましたよー的なメールがすぐに届きました。今後の進展を待つとしましょう!

ビットコインで購入するための資金をローソンから入金(デポジット)する方法

ビットコインを購入するための方法の1つとして、コンビニを使う方法があります。

  • コンビニからビットコインの取引所に送金し
  • 送金したお金でビットコインを取引所アプリを使って買う

わけですが、今日はローソンから入金するやりかたを写真付きでご紹介します。

ローソンからビットコイン取引所に送金する前提条件

  • ビットコイン取引所でアカウントを作成しておく必要があります
  • 今回使用する取引所アプリは coincheck です

では、順番にご説明します。

1: coincheck アプリで入金の準備

coincheck のアプリを起動します。写真は iPhone を使っています。この作業はどこで行っても大丈夫ですが、この手続き終了後 30 分以内にローソンのレジで支払いを済ませる必要があるので、そのあたりの時間を考えて行いましょう。仮に 30 分が過ぎてしまったとしてもこの手順をやりなおせば良いだけですから心配する必要はありません。

次に左上の三本線をタップします。

Deposit Yen をタップします。なぜか僕の iPhone では英語表記になっています。

以下の画面に切り替わりますので「コンビニ入金」をタップします。

氏名・電話番号・メールアドレスを入力して、画面を下にスクロールさせると、

入金額を入力する場所があるので入金したい額(最初は少額、たとえば 3000 円とかで試しても良いでしょう)を入れてて、手数料を確認し、「決済申請」をタップします。

次の画面でローソンを選んで「次へ」をタップします。

ここまでで coincheck の操作は終了です。以下の画面が表示されたら、支払う金額の再確認と受付番号を持って、ローソンのロッピーまで行きましょう。

2: ロッピーの操作

ロッピーの画面で「各種番号をお持ちの方」をタッチします。

さっきスマホ (coincheck のアプリ) に表示された受付番号を入力して「次へ」をタッチする。

オレオレ詐欺に注意してください的な画面が表示されます。確認したら「閉じる」をタッチしましょう。

次が電話番号です。入力できたら「次へ」をタッチします。

確認画面です。金額とかが確認できたら右下の「了解」をタッチします。現金払いだけみたいですね。

こんな画面 ↓ が表示されて、

こんな申込券 ↓ が印刷されて出てくるのでレジに持っていって支払いを済ませます。

3: ローソンのレジで支払う

支払いを済ませると、以下を受け取ります。収入印紙まで貼っちゃってくれます。

4: coincheck で入金されたことを確認する

100,000 円プラスされて合計 200,000 円が coincheck に入りました。

coincheck に登録してあるメール宛てにも入金のお知らせが届きます。

ビットコインとは何か?を理解するためのよくある疑問一覧

ビットコインのことを理解しようと思った時、誰だってさまざまな疑問が出てきます。そういった「よくある疑問」を最初に抑えておけば理解が早まると考えてこのページを作りました。

主に僕が疑問に感じたことを書いていきますので参考になさってください。

取引所

ビットコインが購入できるところ。今のところ、インターネット上で営業している取引所がメインだと思う。

アドレス

ビットコインを送信・受信するためにしようする文字列のこと。一回使うと同じものは使えなくなるのが主流。

ウォレット

大きく言って2つのウォレットがある。1つが取引所にあるウォレット、もう1つが自分のスマホやパソコン上に作成するウォレット。どちらも自分用のウォレットです。

取引所で買ったビットコインを取引所で保管する・保管してもらうためのウォレットが「取引所にあるウォレット」である。それに対し、自分のスマホやパソコン上に作るウォレットは自分で管理するためのウォレットです。取引所にあるウォレットに保管し続けるのはセキュリティ上好ましくないという考えがあるため、ビットコインを取引所で買ったら早めにスマホやパソコン上のウォレットに送信するようにしよう。

取引所は「ビットコインを買う場所」と捉え、ビットコインを保管するのは自分のスマホ・パソコン上で、と覚えておけば良いでしょう。

単位

ビットコインは 0.00001 BTC という感じで 1 BTC より小さい額でも使用できる。円に例えると昔使われていた1銭2銭といった単位はもちろんそれよりも小さい単位も使えるってこと。

取引所とウォレットの違いがややこしい

coincheck という取引所があります。Copay というスマホアプリ型ウォレットがあります。coincheck にもスマホアプリがあって、このスマホアプリでビットコインを買うことが多いです。取引所もウォレットも両方共スマホアプリのため、今自分が「どっちを操作している」のか、また「何をしようとしている」のかを把握しながら使う必要がある。

自分のウォレットにビットコインを入れるまでの流れの一例

コンビニから取引所に入金 → 取引所でビットコイン購入 → ウォレットにビットコインを送信

BitClub (ビットクラブ) のアカウント作成後、マイニングをスタートさせる方法

前提

  • ビットクラブのアカウント作成自体は終わっていること

ビットクラブのマイニングに参加するときに準備するもの

  • パソコン
  • スマホ

の両方があるとやりやすいです。

パソコンでビットクラブのマイニング参加手続きを行いつつ、その途中でビットコインの送信をするときにスマホを使うという使いわけです。これ以降の説明でも、パソコンとスマホを使って開設していきます。

ビットクラブのマイニングに参加する手順

まずパソコンで、ビットクラブのホーム画面でログインして、ビットクラブの利用可能マイニングプールを選択する画面にアクセスします。

以下の写真にあるように、4つあるマイニングプールの中から希望するものをクリックします。プールというのはチーム、もしくはグループと捉えましょう。マイニングプールは一緒にマイニングするグループです。多くの人が出資してそれぞれのプールに加入しています。

ビットクラブについて少し解説

話が少しそれますが、ビットクラブについて少し説明をしておきます。

ビットクラブは、世界中の多くの人がお金を出して参加しているマイニングクラブです。参加者が増えていくことでそこから入ってくるお金をマイニング用コンピューター購入にあてたり、またはコンピューターそのものを開発したりといったことを繰り返しながらマイニングを行っています。このことが、ビットコイン獲得の優位性になっています。

マイニング用コンピューターはけっこうな電力を消費しますので、ビットクラブはアイスランドに大きなデータセンターを用意してそこでマイニングを行っています。こういうことからも個人でマイニングやったって勝てるわけがないという理解につながるわけです。

マイニングプールには 500 ドルから参加できますが、金額が高いものほどマイニングで得られるビットコインのリターンが大きい仕組みになっています。僕は 3500 ドルの創立者プールに参加することにしました。※ビットクラブの何が良いのか?については別途詳しくご紹介する予定です。

ここから、マイニングに参加する手順の続きになります。

どのプールであっても上記「今すぐ購入」の箇所をクリックすると、以下のようにビットコインで支払いをしてくださいという画面に変わります。

10 分以内にビットコインの送信を済ませる必要がありますので事前にビットコインを所有しておく必要があります。

ビットコインで支払いのところには QR コードが以下のように作成されるので、これをスマホのウォレットアプリに読み込ませるのが、ビットコインを簡単に送信する方法です。具体的にやってみましょう。

まず、僕がいつも使っているウォレットアプリ Copay を立ち上げます。

まず

Copay が立ち上がったら、右下にある「送信」をタップします。

次に QR コードを読み込むためにカメラを起動します。右上にある照射マークのようなアイコンをタップします。タップするとカメラが起動するので QR コードを読み込むように合わせていきます。

簡単に QR コードが読み込まれて、宛先(ビットコインアドレス)と金額がセットされます。以下の画面に切り替わったら内容を確認します。確認したら「送信」をタップします。

確認画面が表示されます。再度確認したら「確認」をタップします。

そうすると、送金済みを知らせてくれる画面が表示されます。OK をタップします。

ビットコインの送信が完了すると、ビットクラブの画面(パソコンの画面)が以下のように変わります。

今日は以上です。

ビットクラブのマイニングプールへの参加手続きが完了です。あとは、マイニングされたビットコインが自分に分配されるのを楽しみに待つことにしましょう。どれくらいのペースでビットコインが分配されるのか?について別途当ブログでお知らせしていこうと思います。

※無料メルマガ登録で仮想通貨、ビットコインについてどなたでも学んで頂けるイーラーニング(主に動画)をお届けします。登録は無料でこちらから手続きしていただけます。↓