ケノン利用者は「どのように毛が伸びるスピードがゆっくりになった」と感じているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

kenon_sozai_4
まず髭ではないのですが、ケノンを使って手の甲の脱毛・抑毛をされた人の感想をご紹介しながら説明します。この方は接客業ですので腕や手の毛深さが気になっていました。まだケノンの使用回数が少ないにもかかわらず、毛を摘んで抜いてみるとするりと抜けるようになったことを実感。その結果、生えてくるのが遅くなったと感じたそうです。

これを髭に当てはめて考えると、ケノンを照射する方法は同じなんですが、髭は毛が太い分時間が掛かると考えたほうが良いでしょう。時間がかかるとしても「毛がするりと抜ける」ようになることが毛の伸びるスピードが遅くなったことの1つのサインです。「毛がまばらに残るようになった」というのもよく聞かれる感想の1つです。

■ヒゲの伸びるスピードを遅くするためのケノンの効果的な使い方

髭にケノンを照射するときは、付属のサングラスを掛けて目を閉じて行います。1つ注意が必要なのが、当てる場所をちゃんと冷やしてから照射することです。そうしないとパチっとゴムで弾かれたような痛みが感じられることがあるからです。またケノンを当てた後もすぐに冷やすようにしましょう。

特に早く効果を出したいと考えている方は、ケノンの出力レベルを高めにして照射することになると思いますが、この時に冷やしが足らないと痛いかもしれないので最初は慎重に行いましょう。ポイントは、「冷やす程度」と「出力レベル」と「照射する回数・頻度」の3つをバランスを自分のヒゲにあわせて調整していくことです。照射した後にヒゲが焦げたような匂いがしたら一定の効果があったと考えてよいでしょう。じっくりと取り組んでいきましょう。

ヒゲと一言で言っても、あごとか頬とか喉元とかいろいろ細かいパーツがありますが、効果が出やすいのが鼻の下のヒゲのようですのでまずここから効果を確認していきながら、他のところを継続して当てていくといいと思います。効果が感じられるとテンションが上がってきますよ〜。

■ケノンの効果について事前にしておいてほしいこと

頬のヒゲを初めて照射する前にしっておいて欲しいのがどろぼうひげっぽくなってしまう可能性があることです。

どういうことかというと、ケノンを当てることでヒゲが弱ってくるわけですが、剛毛がやわらかくなることでヒゲが丸まりやすくなりますよね。そしてこれがどろぼうひげっぽく見えちゃうことがあるんです。

それは困る!という方は最初は軽めのスタートから始めていきましょう。^^ そうすれば効果を出しつつどろぼうひげを回避。そしてその間にさっきの3つのバランスを見極めていけばオーケーです。

不安な場合は最初は腕や足、ワキから行っていっても良いでしょう。おへそ周りとかもむだ毛が気になるパーツですので最初はヒゲ以外の箇所をやるというのも賢い選択だと思います。

あとは、ケノンを当てたあと2〜3日は肌がブツブツした感じがする人もいるのでお休み前の日に計画的に照射するというのも賢い方法だということを頭に入れておきましょう。

■青ヒゲの人にとってケノンは大チャンス!

よく青ヒゲなんて言ったりしますが、肌の白い人はケノンのフラッシュが肌の色が濃い人よりも届きやすいようで効果も早く感じられると思いますので青ヒゲでお悩みの方は逆にヒゲをやっつけるチャンスにしていきましょう。

「想像以上の効果だった」と話す人が多いケノンのパワーを感じてみてください。毛を引っ張ってするっと抜けるのは快感ですし面白いですよ。

■利用者に学ぶ、他にも嬉しいケノンのメリット

エステや美容外科に行かなくて良い便利さは多くの方にとって嬉しいようです。自宅でできるわけですから照射頻度も自分でコントロールしながら脱毛できるわけで、早く効果を出しやすいといえるでしょう。しかも効果は他の家庭用脱毛器とくらべて別格。ケノンはエステなどよりも効果があるという報告が多いので金額的には高い買い物になっちゃうかもしれませんが安心です。

あとカミソリ負け、ヒゲソリ負けしなくなるというのはとてもいいですよ。ヒゲを剃って顔に傷をつけるってほんとうに避けたいことですよね。急いでいる時にそうなると余計にイライラしてしまいますしね。

▼ケノン公式サイトはこちらをクリック▼
脱毛器ケノン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*