WiMAX

フレッツ光解約後のネット回線、どうする?あなたにピッタリな回線を賢く選ぶための3つの質問

フレッツ光を解約した後のネット回線の選択肢を図にしています
フレッツ光解約後のネット回線の選択肢を図にしたもの

フレッツ光を何らかの事情で解約することになった場合、次のネット回線をどうやって選べばよいのかと迷ってしまう方が少なくないのではないだろうか。

もし自分で時間もかけずおトクな回線をさっさと選べるのならとても素晴らしい。でも多くの人は「よくわからないし、時間もかかって面倒くさいなあ」と考えているかもしれない。

そこで、ネットワークエンジニアである僕が仮にフレッツ光を解約する状況だったとしたら、次のネット回線をどうやって選ぶだろうか?をステップバイステップでひもといてみました。自分用のインターネット回線であればパパパッと調べて選んで終了、になりますが、これを図と文章にまとめました。

この記事の最初の図を頭において読み進めて頂ければ、ネットが苦手という人も「損しないかな?」などという漠然とした不安など感じることなく、フレッツ解約後のネット回線を選んで頂けるのではと思う。

お役立ていただけるとサイコーに嬉しい。

質問1:フレッツ解約後も自宅に回線が必要か?

最初は根本的な質問です。

スマホが急速に普及したことによって、自宅のパソコンを立ち上げなくなったという方もけっこういらっしゃると思うんです。そういう方はひょっとしたらもう自宅にネット回線は必要ないのかもしれません。

スマホとデータ通信の契約で十分やっていける。自宅に Wi-Fi がなくてもスマホの速度規制されるようなこともない場合、もう自宅にネット回線は不要という判断もありだと思います。ネット回線なしの生活をしばらく続けてみてどうなるかをチェックするのも一案でしょう。

この場合、ここで読むのをストップしていただければと思います。

質問2:有線インターネット回線が良いか?それとも無線インターネット回線が良いか?

次はフレッツ光解約後もインターネット回線が必要という場合に確認すべき最初の質問です。

無線インターネット回線がどんどん進化してきたことによって、自宅も無線インターネット回線でバッチリ、有線インターネット回線が不要という動きが出てきています。

とくに単身赴任のサラリーマンや下宿している大学生、一人暮らしをしているビジネスパーソンにフィットすることが多いです。

一人暮らしをしている場合、普通はそれほど大きな部屋を借りないはずです。ということは、なるべく部屋に置くものはコンパクトなものが好ましいです。

フレッツ光を使っていて、モデムやルーターといった機器が邪魔だと思ったことはないでしょうか?

もし「邪魔だと感じたことがあった」という場合には無線インターネット回線を検討すべきです。

なぜなら無線インターネット回線であればルーターを使用しますが、胸ポケットにすっぽり入ってしまうほど小型化されているからです。

もちろん小型化されていますから軽いですし、充電する時以外にはコンセントは不要です。

無線インターネット回線で大丈夫そうだ!と思える場合、ここで読むのをストップしていただいて大丈夫です。

無線インターネット回線としておすすめは、図にも書いているワイマックスになります。これは キラリと光る!ワイマックスのおすすめ業社ランキング(最新版) で説明しておきましたので、ココからワイマックス業社を選ぶと良いです。

質問3:とにかく安いもの、圧倒的に早いもの、安くて速いもの、のどれが良いか?

ここまでの2つの質問で

  • 今後もネット回線が必要
  • 次のネット回線は有線インターネット回線が良い

という状態になっていると思います。

3つ目の質問は、「有線インターネットのどれを選べば良いのか?」を明確化するため内容になっています。

とにかく安いものが良い場合

この場合は、図の緑色の箇所にある Yahoo! BB ADSL がオススメです。ただし、スマホがソフトバンクじゃない方はあまりメリットが出ないと思いますのでソフトバンクを使っている想定でご説明します。

一番コスト的にメリットがあるのが、

  • スマホはソフトバンクを使っている
  • 家族もソフトバンクを使っている
  • 固定電話が自宅にある

以上の3つがある場合です。

一番安いプランが NTT 東日本の場合ですが月額 1,265 円からになります。これにはインターネット回線代とプロバイダー代の両方が入っています。

ここから、ソフトバンクに毎月払っているスマホ料金が安くなります。Yahoo! BB ADSL はソフトバンクグループであるヤフー株式会社が提供しているのでこういう割引が可能になっています。

圧倒的に早いものが良い場合

この場合は、NURO 光になります。テレビ CM でご覧になったことがあるかもしれませんね。

超圧倒的な速さが特徴の個人向けインターネット回線サービスで、この記事を書いている 2016 年 12 月 15 日時点で世界最速の 10 Gbps サービス(地域がかなり限定されています。今後に期待)まであります。

家族みんながスマホ、タブレット、パソコンを自宅で使うという場合に適しています。

多くの方が 10 Gbps ではなく 2 Gbps のサービスに申し込んでいますが、一般家庭において同時に何台使っていただいても回線スピードが遅くなるとは考えにくいです。だからスピードの速い回線をご希望の場合でご自宅が対応エリアになっている場合は NURO 光をおすすめします。

またちょっと嬉しいサービスとして、最大で5台まで KASPESKY というセキュリティソフト(パソコン、スマホ、タブレット用)を無料で使うことができますので、NURO 光にすればセキュリティソフト代を払わなくて良くなります。

めちゃくちゃ早いインターネット回線ですが、料金はフレッツ光+プロバイダー料金と比べると同じ、もしくは安くなると思います。

NURO 光は回線工事費が 40,000 円になっていますが、これをキャンペーンで相殺(チャラ)してくれる時に申し込むのが良いです。いつでもそうなっていると嬉しいんですけどね。

月額料金としては、

  • NURO 光 G2V : 4,743 円
  • NURO 光 for マンション : 1,900 円〜 2,500 円

となっています。

NURO 光 G2V は一戸建て住宅、もしくは5階建て以下の集合住宅向けのプランです。NURO 光 for マンションは文字通りマンション向けのプランですが、すでにお住いのマンションに NURO 光が導入されていることが必要です。

どちらのプランも回線工事費がキャンペーン適用で相殺される場合、毎月の月額料金から 40,000 円を分割して割引してくれる形になります。

安くて速いものが良い場合

とにかく安い回線にしたいでもなく、とにかく速い回線でなくても良い、という場合は図にある光コラボから選ぶのがオススメです。

安くて速いとは具体的には、

  • フレッツ光+プロバイダーの料金よりも安い
  • Yahoo! BB ADSL よりも速い

ことを意味しています。

光コラボはフレッツ光の回線設備を使ったサービスになりますので、フレッツ光と同等、もしくはそれ以上回線スピードが期待できます。

光コラボの詳細については、そもそも光コラボとは?いろいろ調べてちゃんと理解したからシンプル&わかりやすく説明します! に詳しく書いておきましたのでご確認ください。

「フレッツ光+プロバイダーの料金」よりも安いと書きましたが、もう1つ見逃せないおトクなメリットがあるのが光コラボです。

簡単に言いますと、お使いのスマホ料金も安くすることができます。具体的には、

  • ドコモユーザーは「ドコモ光」
  • au ユーザーは「So-net 光」
  • ソフトバンクユーザーは「ソフトバンク光」

に加入することで、スマホの月額料金を安くすることができます。

だから特に大きなこだわりがない限り、今使っているスマホに合わせて光コラボ業社を選ぶのが鉄則になります。

また、さっき「光コラボはフレッツ光の回線設備を使ったサービス」と書きましたが、申し込みにあたっては新規に回線を引っ張ってきたりせずフレッツ光の回線をそのまま流用(これを転用と呼んでいます)しますので、ややこしい工事がありません。

多くの場合、光コラボが使えるようになるまでの時間もゼロから引くよりも短いでしょう。だからフレッツ光を解約して光コラボの回線に申し込むというのは、このことから考えても実は賢い選択肢です。

光コラボ自体が、フレッツ光を解約する人向けのサービスとして作られたのではないか?と思えるほどよくできた仕組みです。w

So-net 光がなぜ au ユーザーにとって安くなるのか?は少し疑問があるかもしれませんが、au とソニーネットワークコミュニケーションズ (So-net 光を提供している会社) の間でそういう提携があるからだと思います。au セット割が適用されます。

au ひかりは?と思った方もいらっしゃるかもしれません。au ひかりという光回線もモチロンあります。これに申し込んでも au のスマホ料金を毎月安くしていくことは可能です。しかし、au ひかりは光コラボではないのでフレッツ光を転用することができません。つまり別途イチから光回線を引き込む工事が必要になります。

これはちょっと面倒ではないでしょうか?So-net 光で au のスマホが安くなるんですから、フレッツ光 → So-net 光へ転用することで、別途回線を引き込むようなことをしないほうが手っ取り早いと思います。

以下に、光コラボ業社のお得ページへのリンクを張っておきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

ワイマックス月額料金の値下げ合戦、始まる?

GMO とくとく BB WiMAX と Broad WiMAX の2社が相次いで月額料金の値下げを発表しました。

ちょっと前まで GMO さんはキャッシュバック額を多くする販売戦略を取っていた印象が強かったのですが、ここのところキャッシュバック無しで月額料金を安くするプランを強化してきています。

月額料金の安いワイマックス業社の代名詞でもあった Broad WiMAX との月額料金の差は 2,726 円 – 2,699 円 = 27 円です。

ここで両社の料金をまとめて比較しておきたいと思います。※料金プランは両社ともギガ放題で比較

GMO とくとく BB Broad WiMAX
月額料金 2,699 円 (税別) 2,726 円 (税別)
端末代金 0 円 0 円
端末送料 0 円 0 円
事務手数料 3,000 円 (税別) 3,000 円 (税別)

こうしてみると若干ですが GMO の方が安いといえます。また、GMO は 1 ヶ月目の月額が無料ですが、Broad WiMAX は日割り計算になりますのでここでも多少差がついています。

GMO は 4ヶ月目から月額料金が 3,353 円になります。これは別の言い方をすると 2ヶ月目と3ヶ月目は 654 円の割引があるということですね。

Broad WiMAX は「安心サポートプラス=月額 550 円」と「My Broad サポート=月額 907 円」というのに申込時に加入しておく必要があります。が、これはすぐに解約できるので、端末(ワイマックスのルーター)が届いたらすぐにサポートセンターに電話をして解約したい!と伝えるのを忘れないようにして下さい。

My Broad サポートは最初の2ヶ月間は無料ですので少し時間が立ってから解約しても良いでしょう。ただし、安心サポートプラスは1ヶ月目からどうしても 550 円がかかってしまいますので、手厚いサポートが欲しいという方以外は、ルーターが届いたらすぐに解約するようにしておきましょう。

月額の安くなった GMO と Broad WiMAX のお申込みは以下 ↓ から行って頂けます。


↑ GMO とくとく BB WiMAX


↑ Broad WiMAX キャンペーンサイト

値段的に安い GMO だけご紹介しておけば良いと思われるかもしれませんが、今すでに GMO に加入している人が2年契約が切れるタイミングにある場合、引続きワイマックスを使うのであれば他業者に契約替えするのがオススメです。なぜかというと、3年目からはどのワイマックス業社も月額料金がグン!とアップしますし、ルーターも型遅れになっているので故障率が高くなってきます。

だから、契約期間が切れるタイミングで他ワイマックス業社でおトクなところ(今回の場合 Broad WiMAX ですね♪)をご紹介しております!

引越し?すぐ使えるようになるネット回線が必要?今日17:00までに申し込んで明日から使えるようになるコレが買いだ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-09-37-15

ワイマックスも即日発送してもらえる時代になりました。どうしてもすぐにネットが使えるようにしたい人に朗報です!

とくとく BB WiMAX に今日の 17:00 までに申し込んで下さい。土日祝の場合は 14:00 までに!この期限までに申し込めばその日中に発送されますから最短明日から使えるようになります!

引越しするんだけどネットの切り替え忘れていたという人にもピッタリ!新居の宛先に送ってもらうようにしておきましょう。

とくとく BB WiMAX は無線インターネット回線ですから自宅に回線を引き込むような工事は不要!

で、

胸ポケットにスポッと入っちゃうほどの軽くてコンパクトなルーターが送られてきますから、これをスイッチ ON にすることですぐにネットが使えるようになるよー。

今なら無難に最新の WX03 ってルーターにしておきましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-01-17-19-13
WX03 はこれ。ホワイトゴールドって色もあるよ。

だから、すぐにネット使えるようにしたい!って人はこれが買いです。「ご好評に付き混み合っておりますので発送が遅れる状況となりました」なんて言われる前に GO! ですよ。

今日 17:00 (土日祝は 14:00) までに申し込んで即日配送してもらえる「とくとく BB WiMAX」はこちらから ↓

上記のプランは月額料金を抑えたものになりますが、キャッシュバックをたくさんもらいたい方は → こちら から。同じく 17:00 (土日祝は 14:00) までなら即日配送してもらえちゃいますよ。

今すぐ自宅にWi-Fiが欲しい人必見!ワイマックスはルーターが届いたら簡単に使えるのかやってみた!

photo-22-10-2016-11-24-06
ワイマックスで Wi-Fi が使えるよう設定した後のルーター

僕が Broad WiMAX に加入したことは先日書きましたが、本当にすぐに使えるようになるか検証してみました。

結論としては、YES です。スムーズにやれば3分もあれば自宅で Wi-Fi が使えるようになると思います。

すぐに使えるようになる方法(手順は3つだけ)と注意事項を今日は書いておきます。説明書を読むのが苦手な人にもすぐ始められるように書いてみました。

ワイマックスのルーター W03 の設定方法

用意するものは下記3つです。すべて Broad WiMAX から送られてきます。

photo-22-10-2016-11-10-10
W03 (ルーター)

photo-22-10-2016-11-15-08
SIM カード

photo-22-10-2016-11-21-44
SSID と Wi-Fi のパスワード

【手順1】SIM カードをルーターに差し込みます

photo-22-10-2016-11-14-59
ツメで引っ掛けるようにすれば簡単に開きます

photo-22-10-2016-11-15-46
SIM カードは指で簡単に外れました。説明書には手袋してから外すようなことを書いてましたがそんなの無視です。

photo-22-10-2016-11-16-13
SIM カードはこの向きで入れます。

photo-22-10-2016-11-16-47
SIM カードを半分くらい入れたところ

photo-22-10-2016-11-17-23
クチュっと押し込むように指先を使ってこのくらいまで入れます。このあと元通りに蓋をします。

【手順2】ルーターの電源を入れます

photo-22-10-2016-11-17-36
電源ボタンを長押しします。

photo-22-10-2016-11-18-19
こんな風にルーターが起動し始めます。

photo-22-10-2016-11-18-41
このルーター (W03) はタッチパネルなので、スマホみたいに画面を指で触って設定します。真ん中に右向き矢印がありますよね。これに触って、右の方にある鍵マークまでなぞります。

photo-22-10-2016-11-18-59
初期設定の画面が出てきました。「次へ」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-17
「手動設定」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-30
画面を下スクロールさせます。

photo-22-10-2016-11-19-42
ここまで下がってきたら「次へ」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-49
「OK」をタップします。

photo-22-10-2016-11-19-59
以上。これだけです。この画面(ホーム画面)になれば設定完了!画面の下の方に 0GB と表示されているのは通信量です。まだ使っていないので 0 ギガバイトというわけです。

【手順3】iPhone を Wi-Fi に接続してみる

iPhone に限らずスマホやパソコン、タブレットを Wi-Fi に接続するのに必要な情報は SSID とパスワードの2つです。SSID っていうのは簡単に言うと電波に紐付いている名前のことです。

iPhone の設定から Wi-Fi をタップすると W03_A47174697D3F という電波が見えます。これが僕のワイマックスのルーター (W03) から出ている Wi-Fi の電波です。

同じ W03 でもこの SSID は違う名前になっていると思いますが、Wi-Fi のパスワードが書いてある紙 ↓

photo-22-10-2016-11-21-44

これをみれば接続すべき Wi-Fi の電波 (SSID) が書いてありますので簡単にわかります。SSID1 と SSID2 とありますのでどっちを使うのかだけ把握しておきましょう。パスワード (写真では Key と書いてある) がそれぞれ違うからです。

photo-22-10-2016-11-20-52
W03_A47174697D3F がお目当ての Wi-Fi の電波です。これをタップします。

photo-22-10-2016-11-20-56
そうするとパスワードを聞いてきますので入力してあげましょう。パスワードも同梱物の中に入っていた紙に書いてあります。

photo-22-10-2016-11-21-36
パスワードが入力できたら Join をタップします。

photo-22-10-2016-11-22-19
iPhone がワイマックスのルーターから出ている Wi-Fi の電波につながりました!

photo-22-10-2016-13-31-11
あれこれ iPhone でネットを閲覧するとこの写真のように通信量が増えたこと (写真では 0.13 ギガになっている) がわかります。

ワイマックスの通信モードの注意事項

必要がない限りハイスピードプラスエリアモードを使わないようにしておきましょう。

手順を書いておきます。

photo-22-10-2016-11-19-59
ホーム画面(W03 の最初の画面)で「通信モード設定」をタップします。

photo-22-10-2016-11-20-25
「ハイスピードモード」が選択されていることを確認して ☓ をタップします。

オススメなワイマックス業社 2016年10月版 [その1]

※この記事は 2016 年 10 月 02 日に書きました。

【雑感】

僕のワイマックス業社ランキングに順位変動がありました。GMO とくとく BB WiMAX (以降、GMO とくとく BB と書きます) が一気に1位に登り詰め、Broad WiMAX が2位に落ちました。

この順位変動の理由は、GMO とくとく BB のコスト的なメリットが Broad WiMAX よりも良くなったためです。

【お気をつけ下さい】

他のワイマックスのランキングを掲載しているサイトで、Broad WiMAX を GMO とくとく BB と比較しないで Broad WiMAX がコスト的に一番!などと謳っていたり、2社を比較しているが Broad WiMAX の方がコスト的にメリットがある今も書いてある場合、疑って見るようにしてください。

【ご留意事項】

時間の経過とともに、ワイマックス業社のキャンペーン内容や料金変更が発生する可能性があります。

【ランキング順位の考え方】

2016 年 10 月版のワイマックス業社のランキングです。「非キャッシュバック業社のワイマックス」が良いという考えはまだ正しいと思っていますので、引続きこれを反映したランキングになっています。

【ワイマックス業社が違っても共通していること】

  • 料金プランは「ギガ放題」で比較しています。ギガ放題以外だとワイマックスに加入するメリットが薄いです。
  • どこのワイマックス業社も2年契約が必要です。
  • どこのワイマックス業社も3日で3ギガを使ったときの速度制限があります。
  • 金額は税抜きで記載しています。

それでは、ここからランキングです。

【1】GMO とくとく BB WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):0円
  • 月額(2−3ヶ月目):2760円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3414円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:83628円

【コメント】GMO とくとく BB WiMAX はキャッシュバック額が大きい業社として有名ですが、キャッシュバックを払わない料金プランを出してきたことに気が付きました。

この料金プランに関しては、僕がこれまでよく説明してきた「非キャッシュバック型業社」に分類されることになります。

で、非キャッシュバック型業社の最右翼であった Broad WiMAX と比較したところ、GMO とくとく BB に軍配があがります。

これまで Broad WiMAX を応援してきた立場としては少々さみしい気もしますが、ちゃんとオススメできる業社を1位に持ってこないといけませんのでこのような結果となりました。

【2】Broad WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):日割り計算、最大でも2856円+300円
  • 月額(2−3ヶ月目):2856円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3541円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 初期費用:18857円 → 0円
  • 2年契約のトータルコスト:89770円

【コメント】Broad WiMAX はキャッシュバック型業社ではありません。他ワイマックス業社には見られない「初期費用」という名目が事務手数料と別にありますが、この初期費用がキャンペーン適用で0円になります。

1か月目の月額のところに「+300円」と書いていますが、これは端末安心サポートというサービスのことです。これに加入しないと初期費用18857円(税込みだと20366円)が無料になりません。いつでも解約できるものですが最初の1か月目だけは 300 円を払わないといけません。端末が届いたらすぐにこのサービスは解約しましょう。

このキャンペーンが適用されることで、もともと月額料金が安いワイマックス業社だからキャッシュバック型業社よりもコストメリットに優れるので → オススメ、という流れになります。

2年間のトータルコスト 89,770 円と記載していますが、最初の月は日割り計算になりますので、これよりも若干安くなるでしょう。

キャンペーン適応条件は、

  • WEB から申し込むこと
  • クレジットカード払いにすること
  • 端末安心サポートに加入すること
  • My Broad サポートに加入すること

の4つをすべて満たすことです。

Broad WiMAX のキャンペーン(初期費用 18857 円が無料)適用に失敗しない申し込み方は、こちら に書いておきましたのでご確認ください。

【3】So-net WiMAX

  • 月額(1ヶ月目):200
  • 月額(2−3ヶ月目):2980円
  • 月額(4ヶ月目-25ヶ月目):3680円
  • 端末代金:0円
  • 端末送料:0円
  • 事務手数料:3000円
  • 2年契約のトータルコスト:90120円

【コメント】So-net WiMAX もキャッシュバック型業社の色合いが強かったのですが、キャッシュバックを提供しない代わりに月額料金を安くしたプランを出してきました。

1ヶ月目の200円というのは、ワイマックス利用料金ではなくソネットに加入していることで発生している料金(モバイルコースと呼ばれる。基本料金みたいなもの)です。

ランキング外のワイマックス業社

有名ドコロのワイマックス業社の内、加入した時のメリットが GMO とくとく BB, Broad WiMAX, So-net WiMAX に劣るため、今回のランキングから外れた業社を箇条書きにしておきます。

  • 3WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX
  • PEPABO WiMAX
  • UQ WiMAX

以上。

また時期を改めてランキング記事を書いていきます。


ワイマックスのおすすめ業者は時期によって変わってきますので時期ごとに記事を書き分けています。

これまで書いてきたおすすめ記事は以下からクリックしてご覧いただけます。

【2016 年 07 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2016 年 04 月版】ワイマックスのオススメ業社

【2015 年 10 月版】ワイマックスのオススメ業社