LINEモバイル

【ドコモが高いと思う人専用】電波はドコモが良いから料金だけ見直して安くする方法とは?

ドコモに限らず、スマホ料金を見直したいと考えている人は少なくありません。

やっぱり毎月料金を支払いますから少しの値段の差が1年計算すると大きな金額に感じられるわけで、ちょっとでもオトクに使いたいと考えるのは自然なことです。

ドコモが高いといっても、電波的にソフトバンクや au では我が家は使えないといったこともあるでしょう。だからドコモのまま料金の見直しをしたいというニーズがあります。

そこで今日は、ドコモの電波が良いけど料金を見直したい、次スマホを買い換えるタイミングでオトクなプランに乗り換えたいという方を中心に僕のおすすめを書いてみます。

ドコモ、au、ソフトバンクの3者寡占が続いている

現在、日本のスマホ事情の問題点は競争が少なくなっていることです。もともとスマホが登場する前はドコモ1強に対し、au、ソフトバンク(古くは J-Phone やボーダフォン)が残りを占めるという状態でした。

しかし iPhone の登場以降、ソフトバンクが一気にシェアを増やし、割賦販売という手法で料金的なメリットを強く打ち出して競争が巻き起こりました。その後遅れながら au も iPhone を売り出して息を吹き替えし、でドコモが一番最後に「今頃遅いよ感」丸出しで iPhone を売り始めました。

この結果、ドコモ1強が崩れたことは良かったのですが、3社ともに特徴がなくなってしまい、寡占体制のもと競争も以前ほどはなくなっちゃったと思います。

そこで登場してきた新たな流れが、格安 SIM です。

格安 SIM とは?

ドコモ、au、ソフトバンクの3社しか実質的な選択肢がなかったところに現れたのが格安 SIM。あらたな選択肢です。

簡単に言うと、月額料金をガクン!と下げた形で売り出されている SIM カード(携帯サービス)です。

格安 SIM 業者は非常にたくさんあって、雨後の筍と言わんばかりに競争が巻き起こっています。賢い消費者となるべく、この競争を歓迎し、賢く利用していきましょう。

格安 SIM 業者は、自前で通信設備を持たなくて良いので多くの企業が参入しました。通信設備はドコモや au から借り受けて自社ブランドで格安 SIM を販売しています。

といっても、ほとんどの格安 SIM 業者はドコモの通信設備を借り受けています。つまり、電波はドコモと一緒ということなんです。だから、電波はドコモじゃないとダメー!という人ほど、格安 SIM を選択するべきだと思います。

僕はどんなプランを使っているのか?

僕はスマホは iPhone をずーーーっと、3GS の時代から使い続けています。で、最近はアップルのサイトからシムフリーの iPhone を分割払いで買っています。

SIM カード(通信サービスの契約)は、格安 SIM 業者の1つであるビッグローブさんを使っています。

iPhone を安く買うことは困難ですが、これはしょうがないと受け止めています。スマホは iPhone じゃなきゃやだー!という人も多いと思いますが、であればこそ SIM カードは安く使いたいですよね。

そういう考えで、ドコモ、au、ソフトバンクの既存大手3社はもう使っていませんし使うこともないかと思います。格安 SIM で良いところがあればそこを使う。これに限ります。

格安 SIM はどこの業者が良いのか?

僕は LINE モバイルが良いと思います。今はビッグローブを使っていますが、タイミングを見計らって LINE モバイルに替えようと思っています。

なぜなら、LINE モバイルなら僕がよく使っている Facebook と LINE を使うときの通信データ量は無制限だから(カウントされない)です。ついでに言うとツイッターとインスタグラムで使用したデータ量もカウントされないので、データ通信容量が少ない料金プランでも速度制限なしで使える → 月額を抑えて使うことができる。これにつながってくるんです。

よくわからない格安 SIM 業者は避けるのが鉄則

先程雨後の筍のごとく格安 SIM 業者が競争を繰り広げていると書きましたが、これから弱いところは淘汰されることが予想できます。

通信サービスというのは、電気やガスと同じで普段の生活になくてはならないインフラ、ライフラインです。そしてこのインフラ産業というのは大きな資本を持った企業でないと運営がままなりません。

電気会社、ガス会社をイメージしてください。どこも大企業ですよね。小さな会社がやっているなんてことはありません。ひとことでいって「体力勝負」な業界だからです。

だから、格安 SIM 業者においても、大手とか有名企業じゃないと生き残れないと考えたほうが無難です。

同じドコモの通信設備を借り受けて提供している格安 SIM 業者であっても、通信スピードが速い・遅い、といったことが起こりえます。たとえば、格安 SIM 業者が利益を増やしたいと考えたとき、簡単にイメージできる解決策は、以下のようなものです。

  1. ドコモから借り受ける通信設備を少なくする
  2. なるべく多くのユーザーを収容する

この結果何が起こるか?

1のドコモから借り受ける通信設備を小さくすればするほど、収容できるユーザーの数は少なくなります。道路に例えるなら、広い道路ではなく細い道路になるとイメージしてください。

2の多くのユーザーを収容するというのは、一箇所に多くの人を集めることを意味します。

よって、細い道に多くの人が集まったら何が起こるか?混雑します。だから通信スピードが遅くなるという現象が起こります。あけおめ、ことよろのメッセージがなかなか届かないのと同じことが起こるわけです。非常にシンプルです。

大手ではない格安 SIM 業者が、体力勝負についていけなくなったとき、これをやる可能性が高いです。それで損を被るのは、その格安 SIM を契約してしまったユーザーです。僕は一度この被害に遭遇しました。だから、なるべく大手で有名な企業の格安 SIM を選ぶべきだと考えています。LINE モバイルは言うまでもなくこの条件を満たしています。

  • どれくらい料金が安くなるのか?
  • 1年後、2年後はどうなのか?
  • スマホ本体の代金と足して計算するとどうなのか?

このあたりのことを LINE モバイルのサイト  から電卓でも用意して検討してみてください。

LINEモバイル

計算するまでもないほど安くなっちゃう。しかも電波は今までと同じドコモの電波が使える。そういう人は少なくないと思います。

【ドコモユーザー専用】高いスマホの料金を安くするシンプルな方法とその手順

ドコモの料金を安くしたい場合に一番手っ取り早いのは、ドコモのままで今の料金プランを変更して月額の支払額が少なくできるかどうかを確認することです。

しかし、「それができていればとっくにやっている」という人がほとんどではないでしょうか。

だから今日は、ドコモを解約すること+格安 SIM を契約することを前提に、「どうやったらドコモの料金を安くすることができるか?」について具体的にご紹介していきます。格安 SIM 業者の例として今大人気の LINE モバイル(LINE が販売している格安 SIM)を引き合いに出して説明していきますね。

今後どういう風にスマホを使っていきたいか(一番典型的なのは電話番号が必要か否か)は、人それぞれ違ってくるところですが、考えられる選択肢をなるべく多く網羅し、一人でも多くの人が料金を簡単に下げることができるようになればと思います。

それでは、ドコモの料金を安くしていく方法(取るべきアクション)を、

  • スマホを買い換えない場合
  • スマホを買い換える場合
  • スマホを買い足す場合

の以上の3パターンにわけて説明していきます。

1:今のスマホを買い換えない場合

今のスマホの機能で満足していてすぐに買い替えなくても良い場合、

  • ドコモの解約
  • 格安 SIM を新たに契約する

の2つだけでも毎月の支払いが楽になると思います。

なぜなら、格安 SIM の料金体系はドコモ、ソフトバンク、au の同等プランと比較して安いからです。だからこそ「格安 SIM」という名前(通称)がついています。具体的に考えてみましょう。

たとえば、普段使っている通信データ量が少ない場合、もしくはスマホをめちゃくちゃ使うけど Wi-Fi 経由が多い場合、LINE モバイルの1ギガ500円/月を選ぶことで一気に安くなる!という人もいらっしゃるでしょう。ただ安ければ良いというわけではありませんが、ドコモに支払っている金額と比べてみると大きな差があるのが直感的に感じられるでしょうか。

あと格安 SIM 業者選びのポイントとして、なるべく著名な会社や大手がやっているところから選んでください。そうでないと「安かろう悪かろう」になる可能性があります。ちゃんとした会社であれば、お客さんからのクレームが出ないように通信品質を常に高めるように努力します。会社のサービスレベルの評価や、企業のブランドイメージを傷つけたくないからです。

1−1:通話機能が必要か、必要でないか

通話機能(090 や 080 から始まる電話番号と言っても良い)が必要な場合は、格安 SIM を購入するときに通話機能も付加しましょう。格安 SIM 業者によって料金は多少違いますが、LINE モバイルだと月額に200円プラスすることで通話機能をつけることができます。

まあ LINE モバイルの場合は、カウントフリーと言って LINE の音声通話もデータ量にカウントされないので LINE のアプリで通話するってことも可能ですね。

1−2:電話番号が同じである必要があるか、ないか

通話機能が必要な場合、今と同じ電話番号じゃないと困る!ということもあるでしょう。その際は MNP (携帯電話番号ポータビリティ) の制度を利用することで今の電話番号を継続して使うことができます。LINE モバイルも MNP 可能です。

1−3:挿せば使える

格安 SIM を契約すると、その SIM 業者の SIM カードがついてきます。これをドコモ時代からのスマホに差し込んで、その SIM を使えるように設定すると使えるようになります。この設定のことを APN 設定と呼び、スマホを操作 して設定します。

SIM カードの大きさは3種類あります (標準 SIM、マイクロ SIM、ナノ SIM) ので、自分のスマホと合ったサイズのものかどうか念の為確認してから格安 SIM を契約しましょう。単純に大きさの話ですから、サイズが合わないと入らないといったレベルのことです。あまり難しく考えないようにしましょう。

スマホを買い換えない場合の注意事項

ほとんどの格安 SIM はドコモ系ですが、少しだけ au 系 & ソフトバンク系の格安 SIM もあります。注意しないといけないのが、ドコモ系の格安 SIM から選ぶことです。そうしないと特殊な改造(脱獄などと呼ばれる難易度が高い、普通の人はやらないマニアックな内容です)をしないかぎりドコモ時代のスマホを使うことができません。

ここで「ドコモ系」とは何かについて軽く説明しておきます。これは格安 SIM についての豆知識でもあります。そもそも格安 SIM 業者は、大手通信3社 (ドコモ、ソフトバンク、au) の通信設備を間借りして自社ブランドの名称 ( LINE なら LINE モバイル) でサービス展開をしています。

いま使っているスマホがドコモで購入したものであれば、ドコモ系の格安 SIM 業者の SIM カードがそのまま使えます。そしてドコモの通信設備を間借りしているわけですから、ドコモ系の格安 SIM が使えるエリアはドコモと同じになります。

注意が必要なのが、ソフトバンク系と au 系の格安 SIM です。この場合、ドコモで買ったスマホでは使えません。SIM フリーのスマホ、もしくはソフトバンクか au で売っている(売っていた)スマホを手に入れる必要があります。

格安 SIM 業者はほとんどがドコモ系ですが、ここを万が一間違えると、「失敗した!」となってしまいますので説明しておきました。

スマホを買い換えない場合のまとめ

  • ドコモ系の格安 SIM から選ぶ
  • 電波が届くエリアはドコモと同じ
  • データ通信の月額料金は 500 円くらいからある
  • 電話番号が必要なら月額に + 200 円程度で大丈夫
  • 同じ電話番号が必要なら MNP を利用する

少なめの通信料のプランに変更した場合はあまり使い過ぎないように注意していきましょう。

2:今のスマホを買い換える場合

スマホを新しくする場合には、次はどのスマホにするか?を決める必要があります。

  • SIM フリーのスマホ
  • もともとドコモだった中古のスマホ

のどちらかを購入する必要があります。

どこで購入するか?については、

  • 格安 SIM を契約するときにその業者から一緒に買う
  • 自分で探して買う

の2パターンがあります。

格安 SIM 業者があなたが買いたいスマホを取り扱っていれば、そこから買うのが話が早いです。SIM カードの契約と同時にスマホ本体を買うことで割引があることもありますし、期間限定で安く買えちゃうこともあります。

たとえば LINE モバイルではこのように ↑ 2016 年 12 月 12 日〜 2017 年 1 月 10 日まで人気のスマホを 5,000 円引きで購入できますのでこういう時がチャンスですね。

先ほど説明したようなインパクトのある月額料金の SIM を契約するのに合わせてスマホを購入することができます。

ちなみに LINE モバイルで 5,000 円引きで変えるスマホは、

  • ZenFone Go
  • arrows M02
  • arrows M03

の3機種です。

自分で探して買う場合は新品ならアマゾン、中古ならヤフオクやメルカリで購入するという方法がオススメです。アマゾンだとたいてい最安値もしくは最安値に近い値段で購入できます。

中古スマホの場合はどこで買うにしても信頼性に掛けることがあるので注意が必要です。

iPhone が新品でほしい場合にはアップルの公式サイトから分割払いで買うのはいかがでしょうか?たとえば今 (2016 年 12 月 16 日) アップルの公式サイトを見ると iPhone 7 が 24 回の分割払いでも金利 0 % になっています。

2年くらい使う想定で 24 回の分割払い+金利無しで買えるので嬉しいです。

ちなみに僕は iPhone を 3GS 時代から使っていますが、新しい iPhone を買うときはアップル公式サイトで 12 回払いくらい(金利支払いがない分割)で買うことが多いですね。

3:スマホを買い足す場合

スマホを買い足すなんて選択肢があるのか?と思われるでしょうか。たとえばこういうケースが考えられます。

まずドコモを解約して、新しくスマホを買う。その時、格安 SIM も契約する。すると、ドコモ時代に使っていたスマホを家族にあげちゃうとか、自宅の Wi-Fi 環境だけで使うようにするとかができます。

メインで使っている新しいスマホは今充電中、って時にセカンドスマホがあればちょっとした調べ物くらい(クックパッドで料理のレシピを調べるとか、メルカリで日用品を買うとか、グーグルカレンダーで明日の予定を確認するとか)すぐにできますよね。

Wi-Fi 環境だけで使うスマホ= SIM カードの契約がないスマホ、になりますのでセカンドスマホに毎月支払うコストはかかりません。ちょっとした用事で十分使えるレベルであれば、スマホ買い増し案はそれほど悪く無いと思います。もし要らなくなればヤフオクやメルカリで売るのも簡単ですからね。

今はスマホ2台持ちの人は普通に見かけますので、しばらく2台持ちをやってみるのもいいかも。あとは、ここまで書いてきた内容と重複しますので割愛させていただきますね。

ドコモを解約するタイミングによっては違約金が発生する可能性がありますので、ここだけ注意していただいて自分に合ったタイミングでスマホ料金の削減にチャレンジしてみてください!

LINEモバイル