速度制限

速度制限で動画が見れない?Wi-FiなくてもスマホでYouTubeを見放題にする超経済的な方法!

YouTube 大好きな方に朗報です。Wi-Fi がなくても YouTube が見放題にできる方法をご紹介します。

超遅い通信スピードに速度規制しておきながら、通信容量は無制限です!

なんていう大手携帯キャリアの説明にあるような意味のない方法ではありません。

具体的な方法としては、今スマホでお使いの SIM カードを BIGLOBE さんに変更してエンタメフリーオプションに加入することです。

YouTube が大好きで毎日見たいけど速度制限が気になったりするようでしたら、ぜひ「ビッグローブさんの SIM +エンタメフリーオプション」を検討して下さい。

僕は以前から iPhone でビッグローブさんの SIM を使っていたんですが、エンタメフリーオプションはつい先日知ったばかりです。だから、近々エンタメフリーオプション (月額 480 円)に加入しようと思っています。

このエンタメフリーオプションとは何かと言うと、YouTube を見る限りにおいてはデータ通信量(注:「料」ではない)にカウントされないので YouTube の見すぎで速度規制が発生しないということになります!

細かく言いますと、YouTube 以外にも

  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AmebaTV

もデータ通信量にカウントされません。

だから、Google Play Music や Apple Music、AmebaTV のヘビーユーザーである方にもエンタメフリーオプションはとても良いサービスだと思います。月額 480 円払う必要はありますが、YouTube ラバーな人にとっては、通信規制がなくなるわけですから十分に満足のいくサービスだと僕は考えています。だからこそ僕自信も加入することにしています。

さらに期待感が湧いてくるのが、このエンタメフリーオプションに対応するサービスが今後も増えていくことがビッグローブさんの公式ページに書かれていることです。ニコニコ動画と Vimeo が追加されてほしいな〜と思ってます♪

だから今格安 SIM を検討している人で YouTube をいつも見るような人はビッグローブの SIM カードにすることは良いアイデアだと思います。YouTube 見すぎで速度規制されることがないわけですから自宅に Wi-Fi がなくても問題ありません。というか、それだったら自宅に Wi-Fi つける必要ないな〜っていう人、少なくない気がしますね。

iPhone であってもアンドロイドであってもエンタメフリーオプションに加入できるので詳細は下記ビッグローブ公式ページ ↓ で今すぐ確認して下さい。


エンタメフリーオプションで YouTube 見放題に!

通信機器のエンジニアがスマホの速度制限についてわかりやすく解説します!

スマホを快適に使うためには、速度制限を受けないことが重要です。

なぜなら、もう理解されている方も多いと思いますが、速度制限を受けてしまうとそれが解除されるまでの間、スマホが使い物にならないくらい不便になるからです。

ではどうすればいいのか?難しく感じちゃう人もいるかもしれませんが、実は速度制限をかけられないようにするためにできる対策は大きく言っちゃうとたった2つしかありません。

今日は、これについてご紹介しますので参考にして頂けると幸いです。

そもそもなんで速度制限されるのか?

まず「なぜ速度制限を受けるのか?」についておさらいしておきましょう。

お使いのスマホが、ソフトバンクであっても au であってもドコモであっても速度制限は存在します。でもなぜこのように大手通信キャリアは速度制限をユーザーに強いるのでしょうか?A 社が通信制限しているのなら B 社はしないというのがあっても良いのでは?なぜどこの会社も横並びなのでしょうか?

これは、携帯電話の歴史と関わってきます。

アップルが iPhone を発表してから携帯電話という言葉は影を潜め、その代わりにスマートフォンが一気に主流になりました。ガラケーからスマホへの買い替えがどんどんと起こり始めたわけです。

ガラケーとスマホの決定的な違いの1つは、通信するデータの量がぜんぜん違うということです。

スマホユーザーが増えれば増えるほど、通信キャリアは快適に使ってもらえるように通信設備を増強していかないとダメなんです。そうしないとスマホのデータがスムーズに流れてくれないからです。

毎年大晦日の夜、元日になった瞬間に「あけおめ〜」「ことよろ~」なんてメッセージをみんな送りますよね?一度に多くの人が送り合うもんだから、それが遅延してなかなか届かないといったことが起こりますよね?あれが恒常的に起こりかねないのがスマホの通信容量の多さなんです。

だから、スマホを買った人全員がなにも気にせずにガラケー時代と同じようにじゃんじゃん使っちゃうと通信設備がもたないんです。だから、多く使う人には速度を遅くするという罰則がスマホ登場以降作られるようになったわけです。

速度を遅くされるのはデータ容量が限度を超えたから!

そういう背景から、速度制限されちゃうのは通信するデータ容量が多いためで、具体的には限度を超えるからです。

この限度は契約内容に盛り込まれていますが、1 ヶ月に何ギガまでというものです。月が変わるまえにその規定を使っちゃうと、速度が次の月になるまで最大 128 kbps にまで落とされるというわけです。

では、どうすれば良いのか?

速度制限の対策はたった2つ

できる対策は2つですが、共通する考え方は、契約しているプラン内容で規定されているデータ容量を超えないようにすることです。

1つ目の対策では「容量を減らすこと」を目的とし、2つ目の対策は「通信できる容量を増やすこと」を目的としています。

速度制限対策その1: Wi-Fi を使う!

速度制限される理由が、「たくさんのデータ容量を使ってしまうから」と説明しましたが、厳密には、

  • 通信キャリアの設備経由で、規定量を超えて通信してしまう

からです。

通信キャリアの設備経由というのは、携帯電話の電波を使って通信することです。3G とか 4G とか LTE なんて言ってますよね?あれは携帯電話の電波のこと=通信キャリアの電波のことです。

で、この通信キャリアの電波を使って通信していると、そのデータ容量がカウントされ、規定を超えると規制がかかるという仕組みになっています。

だから Wi-Fi 経由で通信すると、通信キャリアの電波を使わない状態になるのでデータ容量としてカウントされなくなります。

だから Wi-Fi を使いましょうという話になるわけです。

通信制限対策その2:料金プランを見直す!

もし毎月毎月速度規制がかかってしまうのなら、料金プランを変更することが回避できる可能性が高まります。

たとえば、毎月3ギガ通信できるプランから5ギガ通信できるプランへ変更すると、2ギガ増えた分だけ余分に使えます。このように通信できるデータ容量を増やしたことで規定を超えないようになれば、通信制限が課されるということもなくなります。

ただし、容量を増やすためのプラン変更は当然毎月支払う月額料金がアップすることになりますので、自分の利用状況に応じたプランを選択することが重要になります。

いかがでしたでしょうか?

速度制限がかかっちゃう理由がスッキリと理解できたでしょうか?