青汁

朝、お腹がすかないから朝食抜き。でも太る or 痩せない。そんなときはコレだ!


ぶっちゃけ僕もそうなんですが、朝ごはん欲しくないってことが多いです。でも朝食抜きにしたからといって、痩せるわけじゃないんですよね〜。

ちょっとでも朝は食べたほうが良いとかよく聞きますが、そんなに食べたくない・・・なんてずっと思ってたんですが、面白いのを見つけました。

「すっきりフルーツ青汁」っていう青汁です。なんだか今すごくネットでバカ売れなんだとか。

で、すっきりフルーツ青汁の何が面白いのかというと、これって置き換えダイエットにいいみたいなんです。

普通、置き換えダイエットって言うと、

  • ラーメンを◯◯に置き換え

とか、

  • ハンバーグ弁当を◯◯に置き換え

とか、

  • とんかつを◯◯に置き換え

とか、

そんなのが多くないですか?

要は、「ガツンと食べるもの」を「ちょっとだけ何か食べる」的な簡単に言うと食べる量を減らすってやつですね。ここでは「大から小への置き換え」としておきましょう。これがよくある置き換えダイエットだと思います。

で、僕が今日提唱したいのは、ジャジャ〜〜ん♪

大から小への置き換えではなくて、ゼロから小への置き換えです!

朝ごはんを食べない=ゼロですから、そうじゃなくって、この青汁を飲むことにする。これが僕の言うゼロから小への置き換えです。

青汁くらいだったら朝お腹が減ってなくても飲めますよね。で、ついでに野菜不足も解消できるなら一石二鳥じゃないですか?

すっきりフルーツ青汁には、大麦若葉・明日葉・フルーツ・野菜エキスなんかがたっぷりと入っているそうです。

ま、青汁なんて腐るほどあるから、別にすっきりフルーツ青汁じゃなくてもいいんですけどね。

でも僕がおおー!!!って思ったのは、

すっきりフルーツ青汁君には青汁のくせになぜか酵素が入っていて(しかも80種類も。そんなにいらんのちゃう?と正直思う)、体を活性化してくれるんだそうです。

要は痩せ体質になりやすくなるんですかね。そういうのだったら飲む価値あるんじゃないかなと思いました。

いま朝食を抜いていても太ってしまっていたり、痩せにくかったりするのであれば、青汁を飲んだところで更に太ったりするとは考えにくいので、一度試してみたらどうでしょうか?

630 円で試せる♪ってことなんで、まあ、ほんとお試し的ですけど、でもたっぷり一ヶ月分試せる( 1 日 20 円?安すぎてちょっと不安もある・・・)から、その頃には効果のあるないが感じられてると思うので、体重計に乗るのと合わせてひとつやってみても良いでしょう。


すっきりフルーツ青汁なら毎日ガブ飲みしても大丈夫だ!

一日の野菜の摂取が気になったらどうする?この青汁飲んだら野菜が73g補えてしかもマズくないって噂は本当か?

16

30 代にもなると健康診断の結果やメタボなどが気になってくる年頃です。生まれてはじめて健康を意識し始めるタイミングと言っても良いでしょう。

そんなときに頭をよぎるのが「野菜の摂取」ではないでしょうか?

しかし、野菜を毎日しっかり摂るのは簡単じゃない。だから野菜ジュースや青汁が選択肢に挙がってきますが、今日は青汁について書いておこうと思います。

まず率直に言って、青汁=マズイってイメージが定着していませんかね?いや、僕なんかモロそれでして、自分から進んで青汁を飲もうとなんて思うわけがありません。

鼻をつまんで飲むとかって、罰ゲームじゃあるまいし。あ、そーいえば、昔何かのテレビ番組で罰ゲームで青汁飲むのがあったような記憶が。

ま、それはいいとして、青汁なんてマズイものって解釈が脳にインプットされると、それが無意識レベルにまで到達しちゃって、マズくない青汁があるって言われたら、「そんなん、嘘でしょ〜」ってシステマチックに思っちゃいます。

そんなときにたまたま見つけたのがサンスターから発売されている青汁です。「おいしい青汁」って言うベタベタなネーミングで、ページ開いてみたら「りんご青汁」って商品名に思えてしょうがない。w

ま、それもいいんだけど、ビビビッと来たのが野菜を補える説明のところです。

そもそも一日あたり平均で約 73g の野菜の摂取が不足しているのが現代人らしいです。で、その摂取分をさらっと補っちゃおうっていうサントリーの青汁ちゃんです。

青汁の嫌なイメージってあの緑色のパウダーみたいな粉が原因だと思うんですけど、おいしい青汁ちゃんは最初から缶に入ったジュースだからあの緑の粉を見なくていいんです。

心理的ハードルがさがっていると言えるかもしれません。

てことでサンスターの青汁ちゃんを買ってみて、飲んでまたレポートしたいと思いますのでそれまで、チャオ!

サントリーのおいしい青汁。「りんご青汁」に思えませんか?

国が野菜を一日350g摂取と定めているがこれって一体どれくらい?

スクリーンショット 2015-06-08 01.34.12 この350gってどれくらいかってなかなか検討がつかないと思います。農林水産省によるとこれの目安として以下のような計算方法を提案しています。

小鉢もしくは小皿の野菜料理 1 皿を約 70g とし、大皿の野菜料理 1 人分を 2 皿分と数えて、1 日に 5 皿分以上 (70 g × 5 皿 = 350g) と数える方法です。

う〜ん、わかるようなわからないような。w でもこの 350g を細かく見ていくと、「一日あたりの野菜摂取量の平均値 350g」となっているので、毎日の平均として 350g が目標ってことらしいです。だから多少上下してもいいのかな?って気になりますね。

いずれにしても、もう少し違った説明はないのかなと思っていろいろ調べていたら、「現代人は平均的に 1 日これくらい野菜摂取が不足している」というデータが見つかりました!ということは、その足らない部分を補う方法を考えていくことで、あなたも一日 350g 摂取がクリアできるかもしれません!

厚生労働省によると、一日平均で約 67 g の野菜不足ということらしい

今度は厚生労働省のデータです。厚労省の「平成 25 年 国民健康・栄養調査」の表9「食品群別摂取量」によると、20 歳以上が一日あたりに摂取している野菜の摂取量は 283g だそうです。この数字とさっきの 350g を使って、350g – 283g = 67g のマイナスという計算になるということです。

67g ってことはほとんど 70g なので小皿の野菜料理を1つ増やしていけば達成できることになりますね。

もう少しデータをしっかり把握しておきたいあなたのために、年代別の野菜摂取の不足量を紹介しておきますね。同じく厚労省の「平成 25 年 国民健康・栄養調査」の表9「食品群別摂取量」から引っ張ってきたものです。

成人一人一日あたりの野菜摂取の不足量の平均値
  • 20-29 歳 117.4g の不足 (計算式: 350g-232.6g)
  • 30-39 歳 101.2g の不足 (計算式: 350g-248.8g)
  • 40-49 歳 100.1g の不足 (計算式: 350g-249.9g)
  • 50-59 歳  63.6g の不足 (計算式: 350g-286.4g)
  • 60-69 歳  29.7g の不足 (計算式: 350g-320.3g)
  • 70-xx 歳  45.9g の不足 (計算式: 350g-304.1g)

このようにして見ると、どの年代の平均も目標である 350g には届いていないことになります。

ご参考までに成人以下の年代についてのデータもご紹介しておきます。こちらは摂取量の平均値にしておきます。350g の目標自体が成人を対象にしているからです。

成人以下の一人一日あたりの野菜摂取量の平均値
  • 01-06 歳 144.6g
  • 07-14 歳 237.3g
  • 15-19 歳 247.0g

毎日野菜をしっっかり摂取するには?

一日 350g が難しいにしても少しでも多く野菜は摂取しておきたいのが現代人の健康志向というものだと思います。そんな人におすすめしたいのがサンスターの「おいしい青汁」です。

なんとこの商品、成人の1日あたりの野菜摂取不足量を補うように作られています。ここまで来るとさすがですね。。。ちゃんと世の中のニーズにマッチした商品を開発されています。こんな風に書いてます。↓

スクリーンショット 2015-06-08 01.43.23

青汁で野菜不足が補えるか?という意見もありますが、僕はけっこう肯定的(楽観的かも)に捉えています。単純に何事も進歩するものだと思うからです。車、スマホ、電動アシスト付き自転車、なんでもどんどん進化しています。青汁メーカーも「野菜不足を補うことができる」ように日夜研究して開発しているに違いありません。でないと、世の中って進歩がないじゃないですか。

ということで、僕も早速買って飲んでみようと思っています。

▼サントリーのおいしい青汁のサイト▼