Wi-Fi

家でWi-Fiを使いたいiPhoneユーザー@ドコモの皆さん、初心者とか気にしなくて大丈夫!

早い話、家で Wi-Fi を使いたいんだ!

というニーズにお応えすべく今日の記事を書いてみます。ネットを使うのはもっぱらスマホ、とくに iPhone だ!という人向けの内容になります。

過去にも何度か同じような記事をこれまで書いてきましたが、基本的な知識として知っておいていただきたいのが、

  • 家で Wi-Fi を使う = インターネット回線契約が必要

という点です。

それでどんなインターネット回線が良いか?を決める1つの判断基準として、

  • 無線インターネット回線
  • 有線インターネット回線

のどちらかを使うことになるということです。

マンションにお住いの方の中には入居したときから家賃に込みでインターネット回線が使える環境があるかもしれません。もしそれがある場合は、インターネット回線を新たに契約する必要はありません。

まずワイファイルーターを買うなり貰ってくるなりして手に入れて、そのワイファイルーターをインターネット回線に接続してあげれば済みます。これ以降は、そういった環境の方は除外して説明をすすめていきます。

家で Wi-Fi が使えれば良いだけ!という方の場合

この場合、おすすめは有線インターネット回線になります。なぜ有線インターネット回線かというと、無線インターネットの場合、自宅がその無線インターネットの電波が強いか弱いかってぶっちゃけわからないんですよ。

だから、「家でワイファイを快適に使いたいだけなんだ!余計なことはいいんだ!」という気持ちが強ければ強いほど、有線インターネットを選ぶべきなんです。

有線インターネットといえば今はもう光回線と断定してしまって良いくらいですが、スマホの月額料金とセット割が効く光回線を選ぶべきでしょう。ということで、

ドコモユーザーならドコモ光!

絶対という言葉は安易に使うべきではありませんが、ドコモ光が良いと思います。



ここでひと工夫です。ドコモショップ等で契約するのではなく、インターネット業界の巨大企業の1つである GMO さんを経由してドコモ光に加入するのです。

なぜこんなことをするのかといえば、その方が特典が良いからです。w

随分以前から GMO さんのドコモ光については知っていますが、いまも Wi-Fi ルータを 0 円でレンタルで使わせてくれるサービスが続いていますし、スマホとのセット割が激得ですし、今日 (2017 年 4 月 11 日) 見ても、回線を引き込む工事費が無料になるキャンペーンも継続しちゃってます。

余計なことを考えなくて家で Wi-Fi 使えるようになるので、ドコモの iPhone ユーザーには鉄板でおすすめです。

自宅+外出先でも Wi-Fi 使えるようにしたい!という方の場合

この場合は有線インターネット回線は選択肢から外れます。自宅に引き込んだ光回線を持って運ぶことができないからです。

だから無線インターネット回線になるわけですが、これはもうワイマックスしかありません。ワイマックスは無線インターネットのチャンピオンです。他と比べるようなライバルがいないことが問題な気もしますが、、、それはさておいてワイマックスです。

ただ、ワイマックスはいろんな業者から売られているので、そこでの競争があります。だから、これもキャンペーンがお得!という視点で選べばオッケーです。

あとはどこの業者のワイマックスを選べばいいかになります。で、僕の独自視点になりますが、ワイマックスは、

  • オマケがたくさんついてくるよりも、
  • キャッシュバック金額がどれだけ大きいのよりも、
  • 月額料金が 1 円でも安いワイマックスがよい!

ので、この視点から選ぶと GMO のワイマックスになります。なぜ 1 円でも安いワイマックスが良いか?の種明かしをします。

オマケがつくにしても、キャッシュバックにもらえるにしても、普通に考えればわかることだけど、それってあとあと支払う毎月の月額料金に少しずつ乗っかってくるだけだから、別にそのオマケとかキャッシュバックいらんし、どうしても欲しかったらあとで自分で買ったらええやん!になるからです。

だから、あとあと分割払いで追加料金が乗っかってくるオマケやキャッシュバックじゃなく、月額が 1 円でも安いのを選べば良い!っていうめちゃくちゃシンプルな結論になっちゃうってことです。

光回線もワイマックスも GMO が優れている状況については、他の業者さんも頑張ってくれ〜!と心の底から願っているんですが、こういうのは公平性というか客観性が大事なので致し方ありません。

ただ価格動向は常にウオッチしているんでまた目新しい情報が見つかったら書きますね♪

【ドコモ光の無料ルーター】パソコンなしで自宅 Wi-Fi 環境も簡単にできちゃいます!

ドコモ光の Wi-Fi ルーター Buffalo の WXR-1750DHP

ドコモ光についてくる Wi-Fi ルーター

ドコモ光を検討している人の中には今の時点で自宅にインターネット回線がない方もいらっしゃることでしょう。

そういった方が気になるのが Wi-Fi ルーターの設定ではないでしょうか?とくに、パソコンなしで Wi-Fi ルーターの設定ができるのか?ちゃんとスマホやタブレットで Wi-Fi が使えるようになるか?その方法は簡単なのか?

今日は、そういった疑問を解消することを目的に書いていこうと思います。答えだけ先に書いておくと、

この記事を書いている時点 (2016 年 12 月 19 日) では、正しい経路でドコモ光に申し込むと使いやすく高機能な Wi-Fi ルーター を無料で貸してもらえます。※「正しい経路」については後述。

この Wi-Fi ルーター(以降ルーターと書く)を基準にして説明をすすめていきますが、他のメーカーのルーターであっても似たようなものですから大きな心配は不要だと思います。

ドコモ光についてくるルーターはバッファローの WXR-1750DHP

今ドコモ光のキャンペーンでついてくるルーターはバッファローというメーカーの WXR-1750DHP です。この記事の一番上の画像がそれです。アマゾンで買っても一万円以上しますので安モノとは言えません。パソコンなくてもスマホで設定することができるルーターです。

バッファローと言えば、家電屋さんに行けば絶対置いてあるほどの有名なメーカーですし、13 年連続で無線 LAN 部門の No.1 (BCN アワード) を受賞しています。

だからバッファローのルーターを使ってそうそう困ることはないでしょう。これからドコモ光を申し込むかも?と検討している方が気になるであろう、もしくは知っておくべき下記の特徴をすべて持っています。

  • スマホだけで設定できる
  • 5 GHz 帯にも対応している
  • 高速な Wi-Fi である 11ac に対応している
  • Wi-Fi の電波が遠くまで届く

1つずつ説明していきますね。

【1】スマホだけで設定できる!

過去にルーターの設定がある人はパソコンが必要かどうかが気になるかもしれません。なぜならパソコンがないと設定できないルーターというものが以前はよくあったからです。

他には、QR コードを読み取れないといけないとか、CD からソフトを入れないといけないとか、技術的な知識とか、そういうのが要らないのがドコモ光についてくるルーターです。どれくらい簡単かはこちらの動画でご確認いただけます。↓

この動画に出ているルーターの機種はドコモ光についてくるものと同じものではないですが要領は一緒です。

  • ルーターのボタンを押して、
  • スマホをタップして、
  • パスワードみたいなのを入れる

これだけです。

iPhone を使った設定動画でしたので、アンドロイド版の説明動画も念のためにご紹介しておきます。

動画の中で出てきた3桁の数字 (AOSS2 キー) は、ルーターの付属品(セットアップカード)に書かれていますので、それを見れば大丈夫です。

【2】5 GHz 帯に対応している

ドコモ光についてくるルーター (WXR-1750DHP) は 2 つの Wi-Fi 電波を出しています。1つが 2.4 GHz 帯で、もう1つが 5 GHz 帯です。

2.4 GHz 帯が昔から Wi-Fi の電波として使われている周波数で、5 GHz 帯は後から登場したものです。5 GHz 帯の方が速いし通信品質も良いのでこちらを使うようにしてください。2.4 GHz 帯が使い物にならないというわけではないですが、どっちがいいかな?と思ったら 5 GHz 帯を使っておきましょう。

最近のスマホは 5 GHz 帯に対応していますので、Wi-Fi に接続する機器によってルーターから出ている電波を使い分けると良いでしょう。

WXR-1750DHP は 2.4 GHz 帯、5 GHz 帯の両方の電波を同時に接続して処理できるルーターです。だから、どっちか1つしか使えないということはありませんので安心です。

また、2つ出している電波の内、どっちが 5 GHz 帯なのか?を知りたいときには、ルーター本体に張り付いているシール等に印刷されているのでそれを見て確認して下さい。例として以下の画像を見て下さい。

Wi-Fi の電波の 2.4GHz 帯、5GHz 帯の見分け方

このようなシールがどこのメーカーのルーターにも貼られています。で、SSID というのが電波に付けられた名前です。2つあるのが確認できますよね。

SSID(a) が 5 GHz 帯の電波で、SSID(g) が 2.4 GHz 帯です。スマホを Wi-Fi に接続しようとすると、Buffalo-A-XXXX, Buffalo-G-XXXX という2つの SSID が見えるはずです。5 GHz につなぐためには Buffalo-A-XXXX をタップして下さい。パスワードを聞かれると思うのでシールに書かれている暗号化キーを入力すれば大丈夫です。

この例でいうところの Buffalo-A-XXXX がスマホ等で表示されない場合は、そのスマホが 5 GHz 帯の電波を使えないものと考えられます。こういう場合は、2.4 GHz 帯の電波を使うようにしましょう。

【3】高速な Wi-Fi である 11ac に対応している

WXR-1750DHP は 11ac という Wi-Fi の規格に対応しています。これが今の時点で速いとされている Wi-Fi の規格です。これを使うためには先程書いた 5 GHz の電波を掴む必要があります。11ac という規格自体が 5 GHz 帯を使うようになっているからです。

【4】Wi-Fi の電波が遠くまで届く

万が一 Wi-Fi の電波が弱いというときには WXR-1850DHP のてっぺんに付いているアンテナの角度を調整することができます。広いご自宅の場合にはアンテナの向きを買えられることが重宝します。

WXR-1750DHP はアンテナの向きを変えられる

特にストレスを感じない場合はアンテナの向きは気にする必要はありません。邪魔にならないようにしておけば OK です。こっちの向きにしないといけないというルールはありませんのでご安心を。

WXR-1750DHP のまとめ

以上がドコモ光についてくるルーター WXR-1750DHP の特徴です。パソコンをもっていない方でも設定することができるし、高機能なルーターですので困ることはそうそうないでしょう。

1つ注意点としては、どこで申し込むかです。

今日ご紹介した WXR-1750DHP がついてくるのは GMO とくとく BB からドコモ光を申込んだ場合のお話です。どこで申し込んでも良いわけではありません。せっかく WXR-1750DHP のことを理解していただいたのでここだけは抑えておきましょう。

GMO とくとく BB 経由でドコモ光を申し込めるのがこちら ↓ です。ちゃんとルーターが無料で使えるかどうかをチェックしてみて下さい。


新幹線でパソコンをWi-Fiにつないでネットを使いたい場合の解決策

新幹線の中でパソコンを Wi-Fi につないでインターネット接続する解決策について今日は触れてみようと思います。

必要なことは新幹線の中でパソコンでネットができるようにすることだとすると、Wi-Fi 以外の解決策もあります。それらを含めると大きく3つあると思います。

  • スマホでテザリングする
  • 新幹線内の Wi-Fi サービスを利用する(東海道新幹線のみ)
  • ワイマックスを使う

くらいでしょうか。

解決策1:テザリング

新幹線の中でパソコンをネットに接続したいと考えている人は、おそらく全員スマートフォンをお持ちでしょう。一番手っ取り早いのがパソコンをスマホ経由でネットに接続(=テザリング)することでしょう。

僕がときどきやるのは、まず新幹線の窓際席を予約してパソコンに AC アダプターを接続して起動します。そして USB ケーブルをパソコンとスマホで接続してから、スマホのテザリング機能を ON にします。

なぜスマホをパソコンとつなぐかというと、テザリングはけっこうバッテリーを消費しますので、常にパソコンから充電しながらテザリング機能を使うというのがオススメです。

新幹線内でパソコンをメインになにかの作業をしたい場合、このやり方が良いと思いますが、スマホの通信容量が問題になることを忘れないようにしましょう。

解決策2:新幹線内の Wi-Fi サービスを利用する

次は新幹線社内の Wi-Fi を使う案です。東海道新幹線に限られてしまうのでそれ以外で使えないというのがありますが、、、と書いてて思ったのですが、そもそも何で東海道新幹線だけなんだ??とっとと全部の新幹線に導入すればいいだけなはずなんですが何なんでしょうね。

話がそれましたが、東海道新幹線で使える Wi-Fi サービスは以下のとおりです。

  • NTT ドコモ
  • ソフトバンクテレコム
  • UQ コミュニケーションズ
  • NTT 東日本
  • NTT 西日本

どのサービスも基本的に有料です。

スマホでドコモかソフトバンクを使っていれば、上記「NTT ドコモ」もしくは「ソフトバンクテレコム」の Wi-Fi サービスに無料でパソコンを繋げられるのでは?と思いたくなりますが、調べたところ無料では無理なようです。

今お使いのスマホをこれらの Wi-Fi サービスに接続することは許可するが、それ以外の機器は別途契約が必要というスタンスのようです。残念です。

解決策3:ワイマックスを使う

3つ目はワイマックスを使う案です。

ワイマックスのルーターから Wi-Fi の電波が出ますので、パソコンでその Wi-Fi に接続すればあとはワイマックスのルーターがインターネットと接続してくれます。

ワイマックスを使うには月額料金が必要なんですが、家にネット回線がまだない方には家でも使えるのでちょうどいいかもしれません。

ワイマックスだと何が良いかというと、東海道新幹線以外の新幹線でもパソコンをネットに接続できるようになることです。トンネルの中とかは厳しいみたいですが、まあ駅で待っている間とかはバッチリ使えるところが多いので一考に値すると思います。まあぶっちゃけ別に新幹線に限った話じゃなくてワイマックスの電波さえ飛んでいる場所であれば日本全国どこでも OK です。

ていうか、トンネルの中も繋がるようにしろよ、、、いつになったらトンネルの中でもつながるんだ?という文句も言いたくなる。ここは今後に期待ですね。

新幹線内でパソコンでネットしたい場合のワイマックス業社でおすすめは?

僕のワイマックスおすすめ業社は こちらのページ でご報告していますが、今日は「新幹線(特に東海道新幹線)のヘビーユーザーの方が、新幹線の中でパソコンをネットに繋ぎたい」というニーズにピッタリのワイマックス業社をご紹介します。

それは、UQ WiMAX です。

UQ WiMAX は値段だけを考えた場合のおトク度だとあまりオススメできないのですが、他のワイマックス業社にはない特徴があります。

それが、さきほど解決策2のところで書いた「UQ コミュニケーションズ」の Wi-Fi サービスを接続できることです。UQ WiMAX は UQ コミュニケーションズという会社が展開しているサービスですので当然といえば当然です。

で、UQ WiMAX のユーザーであれば UQ コミュニケーションズの Wi-Fi サービスにパソコンを接続することができます。しかしパソコン+スマホの両方を使うといった使い方はできなかったと思います。しかし、スマホ以外のパソコン、タブレットといった機器を1つであれば接続できます。

他のワイマックス業社(特にコスパが良くて人気の高い業社)にはこの手の Wi-Fi サービス(公衆無線 LAN サービスなどと呼ばれることもあり)がないところが多く、あったとしても新幹線内で使える Wi-Fi でなかったります。だから、新幹線内での柔軟なネットの利用を考えると UQ WiMAX のメリットが大きくなります。

スマホは誰しもお使いだと思います。もしあなたが

  • スマホ2台(1台は SIM なしを想定)+ノートパソコン
  • スマホ+タブレット+ノートパソコン

を新幹線にいつも持ち込んでいるようであれば、

  • スマホ:既存の SIM 契約でネットに繋ぐ
  • 2台目スマホ or タブレット:UQ コミュニケーションズの新幹線社内 Wi-Fi でネットに繋ぐ
  • ノートパソコン:UQ WiMAX のルーターから出ている Wi-Fi でネットに繋ぐ

なんてこともできるようになります。

と、考えていくと UQ WiMAX さん、なかなか悪くないんです。上記のようなネットライフを満喫したいという方は以下 ↓ の UQ WiMAX キャンペーンページを要チェックですよ。

インターネット回線なしでWi-Fi環境を作ることには全く意味がありません。

Wi-Fiを経由したインターネット接続の図
【図1】Wi-Fi、Wi-Fi ルータ、ブロードバンド回線、プロバイダーを経由して初めてインターネットにたどり着く

当ブログをご覧頂いている方の中には、インターネット回線(ネット契約やプロバイダーも含む)なしで Wi-Fi 環境を作れないか?と考えている方がいらっしゃるようですのでそれについて説明します。

答えは、「作れる」になりますが、より正確に言うと、「作れるけど意味が無い」になろうかと思います。

次の図を見てください。

アクセス回線、プロバイダー契約なしでWi-Fi環境にした図

【図2】ネット回線、プロバイダー契約なしで Wi-Fi 環境を作るとこのようになります。

スマートフォンやタブレットがあって、Wi-Fi ルータも設置されています。Wi-Fi ルータから Wi-Fi の電波を飛ばし、スマホとタブレットがその電波を使えるように設定することができます。

そこまでで終了、の図です。

図1と比較してください。図2の状態では、何をどう頑張ってもインターネットを楽しむことができないのは明らかですよね。

だから例えば電気屋さんやアマゾンなどで Wi-Fi ルータを買ってきたとしましょう。それだけを揃えて Wi-Fi の設定を終えたとしても、インターネット回線やプロバイダーの契約がなかったら図2の環境にしかならないわけです。

図2の状態を作りたいわけではないですよね?やりたいことは、

  • Wi-Fi を使って(自宅でも)インターネットを楽しみたい

のはずだと思います。

だから、インターネット回線やプロバイダーがないまま Wi-Fi だけセットアップすることは「できる」のですが、「全く意味が無い」と考えています。

ご参考になりましたでしょうか?

参考ついでにフレッツ光を使う場合の「自宅からインターネットにつながるまで」を説明している図も掲載しておきます。

フレッツのインターネット接続のイメージ図
フレッツ光のインターネットに接続する図 ( NTT 東日本公式サイトから )

軽く説明を加えますと、

  • 自宅と NTT 東日本までアクセス回線(ブロードバンド回線)で接続されます
  • NTT 東日本とプロバイダーが接続されます
  • プロバイダーを介してインターネットに接続されます

このようになっています。

家でワイファイ?ドコモユーザー向けネット回線のドコモ光が更におトクに!

ドコモ光を販売する GMO さんがが新しいキャンペーンを打ち出してきました。12 月 31 日までにドコモ光を新規で申し込んだ特典に、ドコモポイント 5,000 pt がもらえちゃうようになりました!

家にインターネット回線がなくてこれから Wi-Fi 環境を作るぞ!と思っているドコモユーザーさんには嬉しい特典ですね♪

これまでワイファイルーターを無料で貸してくれる特典がありましたが、それも残ったままですからワイファイルーターを電気屋さんに買いに行く必要もありません。お正月までにワイファイ環境を準備するための全てがこれで揃います。あ、もちろん、申込タイミングによっては正月を超えちゃうかもしれませんが、、、。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-09-24-23

ちなみに、自宅を Wi-Fi 環境にするには、

  • インターネット回線
  • ワイファイルーター

のどちらも必要なんです。どっちが欠けても Wi-Fi 環境はできません。

もう少しついでにご説明すると、「プロバイダー契約っているの?」という疑問があるかもしれません。ドコモ光の場合には、プロバイダーもセットになっているのでいわゆるプロバイダーを別途契約する必要はありません。

ですから、

  • インターネット回線 + プロバイダー = ドコモ光

という公式になっていて、ドコモ光に加入すればワイファイルーターも無料で借りられるわけですから話が早いです。

あと、ドコモ光は光って付くことからもわかるように光ファイバーを使ったインターネット回線ですので工事が必要になるわけですが、これも 12 月 31 日までは無料になっていますのでこれもありがたい!

この手の工事費用って当然工事業者さんが人を派遣してやってくれるわけなので、2万円とか普通にかかっちゃいますからね。それがゼロ円なのはとても良いことです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-09-24-11

で、ドコモ光であればどこから申し込んでも良いってわけじゃなくて、ちゃんと GMO とくとく BB さんのキャンペーンサイトから申し込むことが条件になりますので、こちら ↓ をクリックしてください。


GMO とくとく BB キャンペーンサイト