スマートフォン

【ドコモ万歳】格安SIMを使うメリット、ドコモユーザー全員がすでに持っている!

今日は、格安 SIM についてご説明するとともに、ドコモユーザーが格安 SIM を使うメリットについて紹介していきます。ソフトバンクユーザー、au ユーザーの場合、あまり参考にならないかもしれません。

「いまドコモ使ってるんだけど格安 SIM って何?」っていう方にこそ読み進めていただければと思います。

格安 SIM とは何か?

ここ数年で一気にブームになってきた格安 SIM。「格安」といっている以上、スマホの何かが安くなるという理解で大丈夫ですが、ここではこれまでのケータイ業界を一度振り返ってみましょう。

一昔前には PHS というケータイもありましたが、今はもう実質的になくなってしまいました。ウィルコムとかアステルといったブランド名でよくテレビ CM もやっていましたね。で、ケータイといえばソフトバンク、au、ドコモの3社しか選択肢がないような状況に集約されていきました。それはスマホ全盛の今も続いています。

格安 SIM はここに新たな選択肢を提供するものです。

つまり、新たなケータイ会社が生まれ、そのサービスが既存大手3社(ソフトバンク、au、ドコモ)の料金プランよりも格段に安い、だからこれを格安 SIM 業社と呼ぶようになりました。既存大手3社以外からスマホを買って良いようになったわけです。しかも格安で。

今とても多くの格安 SIM 業社が誕生しています。「格安」と聞くと品質が心配になりますが、ほとんど全ての格安 SIM 業社が、実はドコモの通信設備を借り受けてサービスを提供する形態を取っていますので、そのドコモと同等と考えて良いでしょう。基本的に大きな心配はないといえます。

これが格安 SIM が生まれてきた背景です。

ドコモユーザーが格安 SIM を使うメリットとは?

シムロックという言葉はもう皆さんお聞きになったことがあるでしょう。ドコモで買ったスマホにソフトバンクの SIM カードを挿しても使えない。これをドコモの SIM でしか使えないようにロックされている(= SIM ロックが掛かっている)と言うようになりました。

だから、ドコモから au もしくはソフトバンクに乗り換える場合、必ずと言ってよいほどスマホ自体を買い換えないといけないことになるわけです。今使っているスマホそのままで au かソフトバンクを使いたいと言ってもスマホが機械的にドコモの SIM カードでしか使えないようにロックされているからです。

【注】携帯大手3社は SIM ロック解除してくれるようになりましたが、たとえばソフトバンクでは「SIM ロック解除機能を搭載した製品」じゃないと SIM ロック解除できないなどいろいろややこしい点があります。

しかし「まだこのスマホ使えるよ」という場合に、新しいスマホを半ば強制的に購入しないといけないことになるということは、その新しいスマホを分割もしくは一括で買わないといけないわけで、余分な出費だと考える人もいるでしょう。

「格安 SIM に乗り換えてスマホ代安くしたいけどスマホ本体を新しく買わないといけないんだったら今のままドコモにする」と決めた方もいらっしゃるかもしれません。

ここです!重要なのは。

さきほど、ほぼすべての格安 SIM 業社がドコモの通信設備を借り受けてサービス提供していることをご説明しました。ドコモの通信設備を使っていますので、格安 SIM 業社が販売する SIM カードはドコモで買ったスマホがそのまま使えるというケースがほとんどなんです。

スマホ本体を買い換えなくてもいいわけです。ドコモを解約して格安 SIM 業社と契約して SIM カードだけ差し替えてオーケーという環境が整っているんです。だから、ドコモユーザー全員は今すぐ料金プランをチェックして安くなるかどうかを確認するべきです。

それで二年縛りがちょうど切れる頃であればタイミングとしてはバッチリでしょう。格安 SIM 業社の選び方としては信用できる大手企業を選んで、そこから「どれくらいのデータ通信量(注:「料」ではない)が必要か」に応じてプランを選ぶだけでスコンと安くなる人がとても多いことでしょう。

その上で、スマホが古くなってきたら「そろそろスマホ買い替えようかな〜っ」て感じでスマホだけ買い換えれば良いと思います。もちろん格安 SIM に申し込むタイミングで、

  • スマホを別途アマゾンとか家電屋さんで購入してくる
  • その格安 SIM 業社が販売しているスマホも SIM カードと同時に購入する

ということだって可能です。

※僕の場合はアップルのサイトで SIM フリーの iPhone を分割払い(手数料なしの分割回数で)で購入しています。

気になる電話番号だってそのまま引き継ぐことができるので安心です。

ソフトバンクユーザー、au ユーザーが格安 SIM に乗り換える場合には、格安 SIM がほとんどドコモの通信設備を使っていますので、ソフトバンクで買ったスマホ、au で買ったスマホがそのままでは使えないです。ソフトバンクショップ、au ショップでシムロック解除してもらえばいいんですが、さきほど説明したようにシムロック解除してもらえるスマホであるかどうかを調べる必要があります。

以上のことから、ドコモユーザーであればシムロック解除してもらえるかな?などと考えなくても、ほとんどの格安 SIM 業社の SIM カードが使えますので気楽に格安 SIM への乗り換えがやりやすい環境にあるといえます。

こちら ↓ の LINE MOBILE はドコモ系の格安 SIM 業社でいまとても注目されています。値段的にもかなりお手頃ですから一度チェックしておくと良いでしょう。

LINEモバイル

【ドコモユーザー専用】高いスマホの料金を安くするシンプルな方法とその手順

ドコモの料金を安くしたい場合に一番手っ取り早いのは、ドコモのままで今の料金プランを変更して月額の支払額が少なくできるかどうかを確認することです。

しかし、「それができていればとっくにやっている」という人がほとんどではないでしょうか。

だから今日は、ドコモを解約すること+格安 SIM を契約することを前提に、「どうやったらドコモの料金を安くすることができるか?」について具体的にご紹介していきます。格安 SIM 業者の例として今大人気の LINE モバイル(LINE が販売している格安 SIM)を引き合いに出して説明していきますね。

今後どういう風にスマホを使っていきたいか(一番典型的なのは電話番号が必要か否か)は、人それぞれ違ってくるところですが、考えられる選択肢をなるべく多く網羅し、一人でも多くの人が料金を簡単に下げることができるようになればと思います。

それでは、ドコモの料金を安くしていく方法(取るべきアクション)を、

  • スマホを買い換えない場合
  • スマホを買い換える場合
  • スマホを買い足す場合

の以上の3パターンにわけて説明していきます。

1:今のスマホを買い換えない場合

今のスマホの機能で満足していてすぐに買い替えなくても良い場合、

  • ドコモの解約
  • 格安 SIM を新たに契約する

の2つだけでも毎月の支払いが楽になると思います。

なぜなら、格安 SIM の料金体系はドコモ、ソフトバンク、au の同等プランと比較して安いからです。だからこそ「格安 SIM」という名前(通称)がついています。具体的に考えてみましょう。

たとえば、普段使っている通信データ量が少ない場合、もしくはスマホをめちゃくちゃ使うけど Wi-Fi 経由が多い場合、LINE モバイルの1ギガ500円/月を選ぶことで一気に安くなる!という人もいらっしゃるでしょう。ただ安ければ良いというわけではありませんが、ドコモに支払っている金額と比べてみると大きな差があるのが直感的に感じられるでしょうか。

あと格安 SIM 業者選びのポイントとして、なるべく著名な会社や大手がやっているところから選んでください。そうでないと「安かろう悪かろう」になる可能性があります。ちゃんとした会社であれば、お客さんからのクレームが出ないように通信品質を常に高めるように努力します。会社のサービスレベルの評価や、企業のブランドイメージを傷つけたくないからです。

1−1:通話機能が必要か、必要でないか

通話機能(090 や 080 から始まる電話番号と言っても良い)が必要な場合は、格安 SIM を購入するときに通話機能も付加しましょう。格安 SIM 業者によって料金は多少違いますが、LINE モバイルだと月額に200円プラスすることで通話機能をつけることができます。

まあ LINE モバイルの場合は、カウントフリーと言って LINE の音声通話もデータ量にカウントされないので LINE のアプリで通話するってことも可能ですね。

1−2:電話番号が同じである必要があるか、ないか

通話機能が必要な場合、今と同じ電話番号じゃないと困る!ということもあるでしょう。その際は MNP (携帯電話番号ポータビリティ) の制度を利用することで今の電話番号を継続して使うことができます。LINE モバイルも MNP 可能です。

1−3:挿せば使える

格安 SIM を契約すると、その SIM 業者の SIM カードがついてきます。これをドコモ時代からのスマホに差し込んで、その SIM を使えるように設定すると使えるようになります。この設定のことを APN 設定と呼び、スマホを操作 して設定します。

SIM カードの大きさは3種類あります (標準 SIM、マイクロ SIM、ナノ SIM) ので、自分のスマホと合ったサイズのものかどうか念の為確認してから格安 SIM を契約しましょう。単純に大きさの話ですから、サイズが合わないと入らないといったレベルのことです。あまり難しく考えないようにしましょう。

スマホを買い換えない場合の注意事項

ほとんどの格安 SIM はドコモ系ですが、少しだけ au 系 & ソフトバンク系の格安 SIM もあります。注意しないといけないのが、ドコモ系の格安 SIM から選ぶことです。そうしないと特殊な改造(脱獄などと呼ばれる難易度が高い、普通の人はやらないマニアックな内容です)をしないかぎりドコモ時代のスマホを使うことができません。

ここで「ドコモ系」とは何かについて軽く説明しておきます。これは格安 SIM についての豆知識でもあります。そもそも格安 SIM 業者は、大手通信3社 (ドコモ、ソフトバンク、au) の通信設備を間借りして自社ブランドの名称 ( LINE なら LINE モバイル) でサービス展開をしています。

いま使っているスマホがドコモで購入したものであれば、ドコモ系の格安 SIM 業者の SIM カードがそのまま使えます。そしてドコモの通信設備を間借りしているわけですから、ドコモ系の格安 SIM が使えるエリアはドコモと同じになります。

注意が必要なのが、ソフトバンク系と au 系の格安 SIM です。この場合、ドコモで買ったスマホでは使えません。SIM フリーのスマホ、もしくはソフトバンクか au で売っている(売っていた)スマホを手に入れる必要があります。

格安 SIM 業者はほとんどがドコモ系ですが、ここを万が一間違えると、「失敗した!」となってしまいますので説明しておきました。

スマホを買い換えない場合のまとめ

  • ドコモ系の格安 SIM から選ぶ
  • 電波が届くエリアはドコモと同じ
  • データ通信の月額料金は 500 円くらいからある
  • 電話番号が必要なら月額に + 200 円程度で大丈夫
  • 同じ電話番号が必要なら MNP を利用する

少なめの通信料のプランに変更した場合はあまり使い過ぎないように注意していきましょう。

2:今のスマホを買い換える場合

スマホを新しくする場合には、次はどのスマホにするか?を決める必要があります。

  • SIM フリーのスマホ
  • もともとドコモだった中古のスマホ

のどちらかを購入する必要があります。

どこで購入するか?については、

  • 格安 SIM を契約するときにその業者から一緒に買う
  • 自分で探して買う

の2パターンがあります。

格安 SIM 業者があなたが買いたいスマホを取り扱っていれば、そこから買うのが話が早いです。SIM カードの契約と同時にスマホ本体を買うことで割引があることもありますし、期間限定で安く買えちゃうこともあります。

たとえば LINE モバイルではこのように ↑ 2016 年 12 月 12 日〜 2017 年 1 月 10 日まで人気のスマホを 5,000 円引きで購入できますのでこういう時がチャンスですね。

先ほど説明したようなインパクトのある月額料金の SIM を契約するのに合わせてスマホを購入することができます。

ちなみに LINE モバイルで 5,000 円引きで変えるスマホは、

  • ZenFone Go
  • arrows M02
  • arrows M03

の3機種です。

自分で探して買う場合は新品ならアマゾン、中古ならヤフオクやメルカリで購入するという方法がオススメです。アマゾンだとたいてい最安値もしくは最安値に近い値段で購入できます。

中古スマホの場合はどこで買うにしても信頼性に掛けることがあるので注意が必要です。

iPhone が新品でほしい場合にはアップルの公式サイトから分割払いで買うのはいかがでしょうか?たとえば今 (2016 年 12 月 16 日) アップルの公式サイトを見ると iPhone 7 が 24 回の分割払いでも金利 0 % になっています。

2年くらい使う想定で 24 回の分割払い+金利無しで買えるので嬉しいです。

ちなみに僕は iPhone を 3GS 時代から使っていますが、新しい iPhone を買うときはアップル公式サイトで 12 回払いくらい(金利支払いがない分割)で買うことが多いですね。

3:スマホを買い足す場合

スマホを買い足すなんて選択肢があるのか?と思われるでしょうか。たとえばこういうケースが考えられます。

まずドコモを解約して、新しくスマホを買う。その時、格安 SIM も契約する。すると、ドコモ時代に使っていたスマホを家族にあげちゃうとか、自宅の Wi-Fi 環境だけで使うようにするとかができます。

メインで使っている新しいスマホは今充電中、って時にセカンドスマホがあればちょっとした調べ物くらい(クックパッドで料理のレシピを調べるとか、メルカリで日用品を買うとか、グーグルカレンダーで明日の予定を確認するとか)すぐにできますよね。

Wi-Fi 環境だけで使うスマホ= SIM カードの契約がないスマホ、になりますのでセカンドスマホに毎月支払うコストはかかりません。ちょっとした用事で十分使えるレベルであれば、スマホ買い増し案はそれほど悪く無いと思います。もし要らなくなればヤフオクやメルカリで売るのも簡単ですからね。

今はスマホ2台持ちの人は普通に見かけますので、しばらく2台持ちをやってみるのもいいかも。あとは、ここまで書いてきた内容と重複しますので割愛させていただきますね。

ドコモを解約するタイミングによっては違約金が発生する可能性がありますので、ここだけ注意していただいて自分に合ったタイミングでスマホ料金の削減にチャレンジしてみてください!

LINEモバイル

【DMMモバイルユーザー専用】料金を安くしたい?そろそろ自宅にWi-Fi欲しい人にピッタリのインターネット回線はこれ!

DMM モバイルを使っている方で自宅にまだ Wi-Fi がないという方にビッグニュースです!しかも、月額 440 円のライトプラン、月額 480 円の 1GB プランをお使いの方には見逃さないでいただきたいです。

DMM 光というサービスがありまして、これは光回線とプロバイダ契約をひとまとめにしたサービスで、光コラボレーション(光コラボ)の一種です。なぜこれが良いかというと、

  • スマホも DMM
  • 自宅のネット回線も DMM

とすることで毎月支払う月額料金が安くなるからです。

その額なんと毎月 500 円です!年間で考えると 6,000 円も安くなります!

と聞くとなんだか小さい話のように思われますか?

さきほど月額 440 円の方に見逃さないでいただきたいといったのはこのことで、毎月 500 円やすくなるんだったらスマホ代の 440 円がただになるということか?という疑問が湧くと思います。

「ということ」なんです。

しかも!毎月の支払いの 440 円だけ割引になるのではなくて、

  • DMM 光の月額料金
  • DMM モバイルの月額料金

の合算から毎月毎月 500 円がチャリーンと割引されますので 500 円フルフルに割引されることになります。

毎月払っているスマホ代がタダになるんだったら嬉しくないですか?

今 440 円のプランをお使いだとあまりたくさん通信できないプランだと思いますが、DMM 光に申し込んでワイファイルーターを自宅に設置すれば、今お使いのスマホでじゃんじゃん Wi-Fi を使ってデータ通信できるようになります。

そう考えると、現状のスマホのプランを今よりも安いものに変更してその上で DMM 光に申し込むというのもアリだと思います。今 DMM モバイルを使っていないのだとしたら DMM モバイルの SIM カードに契約を変更して DMM 光に申し込むというのも悪くないと思います。


DMM 光の公式サイトはこちら ↑

ZenFone 3 Laser の価格|アマゾンが一番安いと思ったが Nifmo で買う方がおトク?と思った件

ZenFone 3 を Nifmo で買うとお得と聞いて調べてみたところ、本当におトクかもしれないと思ったのでシェアします。

まず僕はスマホ(アンドロイドのスマホ)は格安 SIM 業社から SIM カードとセットで買うより、アマゾンから買ったほうが安いと信じていたのですが、この ZenFone 3 Laser に限っては Nifmo の方が安くて驚きました。

アマゾンで ZenFone 3 Laser を買って DMM モバイルの SIM カードを買って使う場合と、Nifmo で ZenFone 3 Laser と SIM カードを買う場合を比較してみます。データ容量は 3GB / 月で比較。

Amazon + DMM Nifmo
スマホ本体 30,980 円 (一括) 26,688 円 (1,112 円 x 24 回払い)
データ通信料 850 円 (月額) 900 円 (月額)
通話機能 650 円 (月額) 700 円 (月額)
月額費用の 2 年トータル 36,000 円 38,400 円
スマホ本体合わせたトータル料金 66,980 円 65,080 円

↑ 指で左右にスライドして頂けます♪

厳密には、赤字の箇所は税別料金なので Nifmo のスマホ本体代金を税込みにすると 28,823 円となりますので Nifmo のコミコミ2年トータルは 26,668 + 38400 = 67,223 円となります。

Amazon + DMM 連合との差額は 67,223 – 66980 = 243 円となります。

つまり、Amazon + DMM 連合よりも 243 円だけ高いのが Nifmo なんですがこの結果に僕はちょっと驚きました。アマゾンの値段が今後変わるかもしれませんが、今の時点ではアマゾンのほうが断然安い!とまでは言えないですね。

なぜかというと、Amazon で ZenFone 3 Laser を買うとなると一括で 30,980 円を支払わないといけないわけです。これはちょっと大きな出費だな・・・と僕なんかは考えてしまいます。

それに対して Nifmo の場合はスマホ本体は 24 回の分割払いでオッケーなので、最初に大きな金額を用意しなくても ZenFone 3 Laser を使えるようになります。

で、先程の2年経ったらどれだけの差があるのか?を確認するとたったの 243 円なんです。

これだったら、Nifmo の方がいいなっと僕なら考えます。

というわけで僕と同じように感じる方で ZenFone 3 Laser を買おうと思っている方は下記 Nifmo のキャンペーンサイト ↓ を今すぐご覧ください!

端末+音声+データ(3GB )

僕がBIGLOBEのエンタメフリー・オプションに加入しようと思ってたけどやめた理由

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-01-13-42
↑ ビッグローブの SIM の料金プラン

いま僕は iPhone 6 Plus をビッグローブの SIM で使っているのですが、先日エンタメフリー・オプションというのがあることを知り、さっそくそれに加入しようと思っていたのですが、エンタメフリーオプションに入るには

  • ライト S プラン (6 GB)
  • 12 ギガプラン (12 GB)

のどちらかのプランでビッグローブの SIM を使っている必要があります。

僕はライト S プランを使っているのでエンタメフリー・オプション加入に問題はないのですが、僕がやりたかったのは

  1. ライト S プランからエントリープランへの変更
  2. その上でエンタメフリー・オプションへの加入

です。

料金的に考えると、

  • エントリープラン + エンタメフリー・オプション = 900 円 + 480 円 = 1380 円

をやりたかったわけです。

しかし、エントリープランではエンタメフリー・オプションには加入できないことになっています。今僕が使っているライト S プランのままエンタメフリー・オプションに入ると、

  • ライト S プラン + エンタメフリー・オプション = 1450 円 + 480 円 = 1930 円

になります。

ここまではやろうとは思わないわけです。

なぜなら、今ですら 6 GB のプランで速度制限が掛かるほど通信していないのにプラス 480 円払ってまでエンタメフリー・オプションに加入するメリットはないと考えたからです。

というわけで、僕の場合はコスパが良くないのでエンタメフリー・オプションに入るのはやめました、というお話でした。